岐阜市

出典: Wikipedia

岐阜市(ぎふし)は、岐阜県の中南部に位置する都市で、岐阜県の県庁所在地である。旧稲葉郡・山県郡・本巣郡・羽島郡。国から中核市に指定されている。 戦国時代には金華山の麓の旧岐阜町が斎藤道三や織田信長の城下町として栄え、江戸時代には南部の旧加納町が中山道加納宿の宿場町、加納藩の城下町として栄えた。 【地形】 岐阜県の南部に位置し、濃尾平野の北端に当たる。北部には山林を有し、南部には市街地が広がっている。また市内を横切るように、北東から南西にかけて長良川が流れており、市の大部分は長良川と支流の扇状地と自然堤防地帯にあたる。この長良川は日本三大清流の一つと言われ、中流域が1985年(昭和60年)に「名水百選」に、また1998年(平成10年)に「日本の水浴場55選」に、2001年(平成13年)に「日本の水浴場88選」に選定されている。一方、扇状地の長良川は典型的な天井川で、市の中心部より川の水面の方が常に高く、大雨の際には洪水の危険が伴う。

このエリアについて

掲載されている山

岐阜市

  • 体力度
    2

    権現山(ごんげんやま)は岐阜県岐阜市にある標高370mの山である。岐阜市最高峰の百々ヶ峰(どどがみね)と一緒に登られることが多い。登山口にある、ながら川ふれあいの森には駐車場やキャンプ場、遊歩道が整備されている。山頂からの展望は無い。詳細は百々ヶ峰を参照。 https://yamap.com/landmarks/12285

  • 各務原権現山

    標高:317 m

    体力度
    3

    各務原権現山(かかみがはらごんげんやま)は岐阜県各務原(かかみがはら)市と岐阜市の境にある標高317mの山。各務原台地の北端に位置し、東西に伸びる標高350 m級の丘陵地帯は、関市側からは「関南(せきみなみ)アルプス」、各務原市側からは「各務原アルプス」と呼ばれており、全長10kmに及ぶハイキングコースが整備されている。伊吹の滝駐車場からのコースは1時間弱で山頂まで登れるため、初心者にオススメ。山頂には東屋があり、天気が良ければ乗鞍岳、御嶽山、濃尾平野の景色を望むことができる。春先にヤマツツジ、ショウジョウバカマ、スミレなどの花々を見ることができる。

  • 体力度
    3

  • 体力度
    3

    三方山(さんぽうざん)は岐阜県大垣市と養老郡養老町の境にある標高723mの山である。養老山地の北側に位置し、養老山と共に登られることが多い。養老の滝に駐車場があり、ここの登山口を起点とするのが一般的。山頂からは濃尾平野が見渡せ、天気が良ければ御嶽山、恵那山やJR名古屋駅のビル群まで見ることができる。詳細は養老山のページを参照。 https://yamap.com/mountains/2749

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す