Photo by ladybug

坊ヶ峰・石巻山・神石山・葦毛湿原

出典: Wikipedia

愛知県と静岡県の県境に連なる弓張山地の南部である湖西連峰から西側に派生する尾根でかつての八名郡南部に位置する。山頂は石灰岩の巨岩で構成されており、周辺の「石巻山石灰岩地植物群落」は国の天然記念物に指定されていて、マルバシモツケやクモノスシダなどの石灰岩土壌に生える植物が見られる。 かつては石巻山それ自体が信仰の対象とされ、中腹には式内社の石巻神社が祭られているほか、石巻温泉の旅館や自然科学資料館がある。また、南北朝時代、南朝方の高井主膳正の石巻山城が有った。ハイキングコースは豊橋自然歩道として整備されていて、石灰岩の山頂からは360度の展望が開けている。以前は東海地方のロッククライミングにおいて重要な位置を占めていたが、クライマーのマナーの問題などから2006年に登攀禁止となっている。

このエリアについて

掲載されている山

坊ヶ峰・石巻山・神石山・葦毛湿原, 嵩山, 五葉山, 湖西連峰

  • 座談山

    標高:310 m

    体力度
    5

    座談山(ざだんやま)は愛知県豊橋市にある標高309mの山。愛知県と静岡県の県境に横たわる弓張山地(湖西連峰(こさいれんぽう))の南部に位置する。登山口のある麓の葦毛湿原(いもうしつげん)は山麓の斜面に広がっており「東海のミニ尾瀬」とも呼ばれ、春にはショウジョウバカマ、ハルリンドウ、ミカワバイケイソウ等が見られ、愛知県の天然記念物に指定されている。山頂からは南アルプス、富士山、浜松市街、豊橋市街や太平洋を見渡すことができ、低山の割には秀逸な眺望を楽しむことができる。詳細は神石山を参照 https://yamap.com/landmarks/63591

  • 体力度
    5

    雲谷山(うのやさん)は愛知県豊橋市に位置する標高306mの山。浜名湖の西岸にあり、南北に連なる「弓張山地(湖西連峰(こさいれんぽう))」の一座。湖西連峰は300m〜400m級の低山が連なる山脈だが、見晴らしは良い。山頂には二川TV中継局があり、豊橋中継局からの電波が届きにくい東部地区をカバーしている。湖西連峰の中心にある神石山については下記リンクを参照。 https://yamap.com/landmarks/63591

  • 体力度
    5

    船形山(ふながたやま)は愛知県豊橋市に位置する標高276mの山。名の由来は、山頂と船形山城址を結ぶ稜線の形が船の底の形に似ているためと言われている。浜名湖の西岸にあり、南北に連なる「弓張山地(湖西連峰(こさいれんぽう))」の南側に位置する。湖西連峰は300m〜400m級の低山が連なる山脈だが、見晴らしは良い。麓の普門寺から豊橋自然歩道を約40分登ったところに船形山城址がある。船形山城の築城年は戦国期の明応(1492~1501)の初め頃とされている。三河と遠江の境にある船形山は戦略上の重要拠点となり、駿河の今川氏はこの山の頂に山城を築いて、西へ進軍する足がかりとした。山頂の展望は無いが、城址から尾根づたいに南西に進む道は、浜名湖、太平洋、三河湾、豊橋市が一望できる。湖西連峰の中心にある神石山については下記リンクを参照。 https://yamap.com/landmarks/63591

  • 体力度
    5

    東山(ひがしやま)は愛知県豊橋市に位置する標高250mの山。別名を松明峠(たいまつとうげ)と言う。松明峠の名の由来は、山賊が街道を通る旅人を見張っていて、山の上から狼煙を上げて仲間に知らせたことからと伝わっている。浜名湖の西岸にあり、南北に連なる「弓張山地(湖西連峰(こさいれんぽう))」の末峰である。湖西連峰は300m〜400m級の低山が連なる山脈だが、見晴らしは良い。東山への登山道として豊橋自然歩道、東山自然歩道が整備されている。麓には伊寶石神社(いぼいしじんじゃ)があり、少彦名命(スクナヒコナノミコト)が病難排除、医薬の神として祀られている。山頂の展望は開けており、豊橋市街や太平洋を眼下に見下ろすことができる。湖西連峰の中心にある神石山については下記リンクを参照。 https://yamap.com/landmarks/63591

  • 体力度
    5

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す