山頂を断念 伊吹山

2018.02.17(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 6
休憩時間
18
距離
8.7 km
上り / 下り
1186 / 1175 m
58
2 35
20
36

活動詳細

すべて見る

悪天候は覚悟しての入山、一合目からシール登高ができてまずまずのスタート、登りながら、滑降コースをチェック ブシュが出ているが、滑り降り来る事が出来そう、気温は思っていたよりも高かく、堅いシャーベット。 風雪で視界は良くなく、登山者は数人、三合目、六合非難小屋では見かけないなった。 数回きているので、コースは判るはずと、風雪視界の効かない中を登った、上から単独者が降りて来た。山頂まで登って来た。 と、風雪が非常に強く立って居られないと聞きました。 1時間も有れば登り切る事が出来ると思って頑張った。しかし、風雪で眼鏡、オーバーグラス、サングラスが凍って 全く見えない、gpsの画面も見ずらい、進路を決めて進むが風雪に負けて、方向が狂う。クトーでも行けそうな硬さで有ったが、アイゼンに変えた、時間的、高度的に山頂は遠くないと思ったが、山頂を踏んで、下降点を間違えたらと思うと、この辺りで 諦め方が懸命と思い、山頂を諦めた。 方向が全く定まらないので、壺足で下った。一瞬六合非難小屋が見えたので、滑降にした。今降っいる新雪で割と滑り易かった。2人の登山者と擦れ違い、六合非難小屋付近で2-3人の登山者がいた。 視界は良くないが風は上と思うと弱いので何とか滑れてた。三合目に団体さん登頂を諦めてが下っている所でした。 ブシュが出ていたが、新雪のお陰で何とか一合目まで滑り降り来る事が出来ました。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。