日の出を見に鬼ヶ鼻岩へ

2017.12.09(土) 日帰り

活動データ

タイム

01:51

距離

3.5km

上り

259m

下り

259m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
1 時間 51
休憩時間
56
距離
3.5 km
上り / 下り
259 / 259 m
25
22

活動詳細

もっと見る

今日は休みだけど用事があって朝の内しか動けない。 そこで今日は…私ん中で元旦の「初日の出」候補の場所の一つの鬼ヶ鼻岩へ下見に行ってみた。 ルートは縦走路南側「林道金山背振線」に車を止めて、林道を椎原峠(西)まで林道を上がり、 縦走路を経て鬼ヶ鼻岩へと行く楽ちん最短コース。 新しく買ったヘッドライトの威力も検証も兼ねての登りとなる。 三瀬を越え目的地へと車を走らせるも、途中で道を間違えて予定よりも遅れて到着。 登りの準備なんかしてたら、辺りは明るくなってきて、 結局、新しいヘッドライトは使わなくても登れたよ。 予定よりも遅れてるので、日の出の時間に間に合うか…焦る。 …が、鬼ヶ鼻岩についてみると… 「雲があるじゃん!」 たぶん、あの辺の雲の中にあるのかも。 雲の間から太陽が見えることを期待しつつ、朝ご飯を食べながら暫し待つ。 するとしばらくして雲と雲の間から太陽が顔を出してくれた。 眩しい~ でも、この後すぐまた雲の中に隠れてしまった。 お日様見れたのでこのまま他のとこへとは寄らず下山する。

脊振山・金山 林道に車を止めてスタート。
写真では真っ暗。でも、ヘッドライトはいらない。
林道に車を止めてスタート。 写真では真っ暗。でも、ヘッドライトはいらない。
脊振山・金山 下山後、明るくなってから撮影。
ここから上がって行きます。
下山後、明るくなってから撮影。 ここから上がって行きます。
脊振山・金山 ん、工事中。これって?
登山者は通れますが…
ん、工事中。これって? 登山者は通れますが…
脊振山・金山 今年春に来た時には、普通車では通れないくらい凹凸があった道。
それがコンクリで舗装されてます。
今年春に来た時には、普通車では通れないくらい凹凸があった道。 それがコンクリで舗装されてます。
脊振山・金山 この舗装された道は椎原峠(西)まで続いてます。
車で縦走路まで入れるじゃん。
この舗装された道は椎原峠(西)まで続いてます。 車で縦走路まで入れるじゃん。
脊振山・金山 でも、この舗装された道…
今朝は凍結して滑ります。下りが怖~い!
でも、この舗装された道… 今朝は凍結して滑ります。下りが怖~い!
脊振山・金山 椎原峠(西)に取付く
椎原峠(西)に取付く
脊振山・金山 ここから縦走路を西へ
ここから縦走路を西へ
脊振山・金山 雪が思ったよりも多い。
でも、凍結はしてませんのでアイゼンはいりません。
雪が思ったよりも多い。 でも、凍結はしてませんのでアイゼンはいりません。
脊振山・金山 日の出時間まで間に合うか?
日の出時間まで間に合うか?
脊振山・金山 鬼ヶ鼻岩に到着。
鬼ヶ鼻岩に到着。
脊振山・金山 曇ってる~
お日様は?日の出は?何処じゃ~
曇ってる~ お日様は?日の出は?何処じゃ~
脊振山・金山 薄っすら雪化粧の背振山頂
薄っすら雪化粧の背振山頂
脊振山・金山 西の縦走路
西の縦走路
脊振山・金山 下界はまだ明かりが見えます。
下界はまだ明かりが見えます。
脊振山・金山 背振山の右側は空が赤い!綺麗!
これは何処の山かな。
背振山の右側は空が赤い!綺麗! これは何処の山かな。
脊振山・金山 雲仙もくっきり!
雲仙もくっきり!
脊振山・金山 月も
月も
脊振山・金山 暫し待つこと40~50分。
背振山のやや右側、雲の上から顔を出しました。
暫し待つこと40~50分。 背振山のやや右側、雲の上から顔を出しました。
脊振山・金山 太陽が上がる上には雲がまたあり、ほんの一時のことでした。
太陽が上がる上には雲がまたあり、ほんの一時のことでした。
脊振山・金山 今日の朝ご飯はひつまぶし・もどき。
勿論、うなぎは使っておらず、代わりに考えたのが…
今日の朝ご飯はひつまぶし・もどき。 勿論、うなぎは使っておらず、代わりに考えたのが…
脊振山・金山 珍味のかわはぎ。
珍味のかわはぎ。
脊振山・金山 醤油や酒、うなぎのたれなどミックスしたもので入れて煮る。
かわはぎは、味も付き、柔らかくなった。
醤油や酒、うなぎのたれなどミックスしたもので入れて煮る。 かわはぎは、味も付き、柔らかくなった。
脊振山・金山 あとはだし汁を入れ、薬味も入れ出来上がり。
まぁ、食える。
でも、カワハギの珍味の匂いが少々強い。
缶詰のサラダチキンを使った方が良かったかな。
あとはだし汁を入れ、薬味も入れ出来上がり。 まぁ、食える。 でも、カワハギの珍味の匂いが少々強い。 缶詰のサラダチキンを使った方が良かったかな。
脊振山・金山 下山。帰りの縦走路。
下山。帰りの縦走路。
脊振山・金山 やっぱりコンクリの舗装路は滑る。
でも、アイゼン付けると中途半端はこの道では傷つきます。
やっぱりコンクリの舗装路は滑る。 でも、アイゼン付けると中途半端はこの道では傷つきます。
脊振山・金山 道を避けて下りました。
道を避けて下りました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。