コロ助

コロ助

YAMAPマイスター
ゴールド
736 いいね!で次のランク
1,264 いいね!

ユーザーID: 394170

  • 愛知, 岐阜, 長野で活動
  • 愛知にお住い
  • 男性
  • 初心者
  • (10年以上)
東海や甲信越などの山々を、週末ハイクメインで、たまにテン泊もしたりして楽しんでいます。 どちらかと言うと人の多くない静かな山やルートを歩くのが好きです。 最近の一番のお気に入りは、夕暮れ時のテン場で、ワンオクのBe the lightを聴きながら暮れ行く山並みを眺めること! 綺麗な高山植物には全く疎いのですが、自宅でオカメインコと暮らしていることもあり、野鳥観察は好きなほうです。 山で一番好きな場所は、飯豊連峰の草月平♪ YAMAPの記録は、あくまで初心者目線ではありますが、自身がヒヤッとしたり、危険だと感じた箇所、失敗談を極力載せるようにしています。山に行く際はSNS上の情報はあくまで参考程度に、身の丈に見合ったレベルで、が基本と考えていますが、自身の記録が少しでも他の方々のお役に立てればなと思っています。 “One day you’ll leave this world behind. So live a life you will remember.” (Avicii) ”植村直己さんがこういっている。「高い山に登ったからすごいとか、偉いとかいう考え方にはなれない。山登りを優劣でみてはいけないと思う。要は、どんな小さなハイキング的な山であっても、登る人自身が登り終えた後も深く心に残る登山が本当だと思う。」 このつぶやきの中にこそ、冒険家・植村直己の本音がある。高い山に登るのが一流で低い山が三流か。そうではあるまい。高い山を登るのにも一流の登り方があり、三流の登り方がある。低い山でも、同じだ。要は「深く心に残る」登山を すること、それが植村流の登山哲学なのだろう” (昭和58年2月28日 天声人語)