何故だかウチに「燃料用アルコール」の新品のボトルがあったので、アルコールストーブでも買おうと思ったのだが... この間「貧乏山」に登ったおかげで貧乏になってしまったので自作することに...(泣) ネットで調べたらいろいろな作り方があるみたいなのだが、一番簡単だったのは、100均のコスメ売り場で売っているアルミ製の「クリームケース」に同じく100均で売っている「スチールウールたわし」を詰めただけのもの... これはこれで、なかなか調子が良かったのだが、熱いウチに蓋を閉めてしまったせいか何なのか、密着してしまい開かなくなってしまった...(泣) このまま捨てるのも忍びないので、乏しい知識を元に改造... ドライバーセットの中にあった「きり」のような工具で写真のように穴あけ... 中心の穴は、燃料補給用...周りの穴は「バーナー 口」... 試行錯誤の上、こんな形に... 給油時、燃料が流れ込みやすいように中心を指で押して全体的に少しへこませてある... 下に敷くためと、消火用のためのステンレスの蓋も用意... これも100均で売っていた「麺を茹でる時の吹きこぼれ防止の便利グッズ」... 使い方... 燃料補給後、気化したガスが逃げないように給油口を塞ぐ... ワシは、どこかの外国のコインを使用...アルミホイルで作ってもOK... そのままライターで火をつけても点かなかったので、大きめの穴を4つ開け、ちょっと面倒だが、ティッシュで作った「こより」を穴に挿入... 注意点は、内側に曲げること... 途中で消火したい時、こよりが外に出ていると、蓋をした時に、ステンレスの重み程度だと、こよりで隙間ができ、酸素を遮断できず、消えていないことがある... いざ点火!! 最初は「アルコールランプ」程度の頼りない燃え方だったが、ケースが熱くなり、燃料が気化するにつれて、青白い炎が出現... シューっと、ガスを噴き出すような音もしている... 一応、成功?? 折角なので、お湯を沸かして、チキンラーメンを作ってみた... 温かくて美味ちい...(泣) いろいろ試して、安全が担保されそうなら山に持って行っても良いが、取りあえず、使いみちの無かった「燃アル」消費用で使ってみよ... 今回、中に「スチールウール」が入ってしまっているが、この構造なら、クリームケースだけでも大丈夫そうな気も... 明日また「100均」行ってこよ... 場違いなオジさんが、「コスメ売り場」をウロチョロしていても温かく見守ってやって下さいませ...(^^;; facebook https://www.facebook.com/hotstandby/

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。