"徒長" うっかり多肉の寄せ植えを"徒長"させてしまいました…😥 これは明らかに日光不足! (水のあげすぎでもなることも) 光を求めてひょろひょろと…(1枚目) 一見、育ってるように見えますが、 根の張り具合に比べて長すぎ、栄養もすみずみまで行き届きません… あえて徒長の雰囲気を寄せ植えに使うって高等技術もありますが、 そんな技術はないのでこうなったらカットして、 『仕立て直します』 解体して使えそうな部分は剪定して挿し穂として再利用(2枚目) (寄せ植えに使えない葉っぱは挿し芽にし無駄にはしません!) 去年の秋に挿しておいた葉っぱからできた苗から(3枚目) 良さそうなのを収穫(4枚目) この収穫が楽しい😄 解体してできた挿し穂と新たな苗を使って寄せ植えていきますが、ピンセットあると寄せ植えがかなりラクに行えます☝️ 奥に大きなの、手前に小さなの、左右対称にならないよう配置すると雰囲気よいかも(5枚目) 完成~😄(6枚目) カットした挿し穂は、本来は切り口乾くまで数日待って寄せ植えに使いますが、 清潔な土を使ってるためか、カットしてすぐ挿しても特にダメになったことはないかな🤔 時間あるなら切り口は乾かしたほうがよいです☝️ (自分はせっかちなのすぐ挿してしまう…(^_^;) ※山とまったく関係ない内容ですみません😅

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。