雪ねこ山道具3、バーナー 最初アウトドア用に買ったポケットバーナーはキャンピングガスという青いガス缶を使うフランスの製品でした。五徳をコンパクトに畳めて便利だったのですが、風に弱い欠点がありました。 1985年頃、岩谷産業がスウェーデンのプリムスという会社の製品を国内発売して、強風でも消えない、という触れ込みでした。それが初代のモデル2243です。当時は黄色い缶が鮮烈でした。実際、どんな強風でも4つの区画のどれかは消えずに残ります。 今では様々な改良後継品も出ているし、自動着火装置なんて当たり前だと思うのですが、なんとなく乗り換えられずに35年も使い続けています。これを2つにバラして百均で買ったポーチに入れ、ライターは2つ持参するのが癖になっています。 なんか炭から料理の匂いでもするのか、ケヤキ君は囓ってみたいようで…

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。