20200823【情報提供】 緊急!!  先ほど御西小屋から連絡がありました。画像は登山者情報第2,181号をご覧ください。 「烏帽子から御西小屋までは写真1のように、登山道にかかる雪渓や雪田はすべて消えました。写真2は烏帽子岳直下(新潟県側)のクマの親子。ここにはクマ道もついていて、よく目撃されますが、500mほど離れていて、安全です。写真3.4は、御西小屋北西の雪田で、最近、クマが人に向かってきた現場ですが、今日もニアミスがありました。雪渓にいたクマが、声を出しても逃げないので、登山道を通過したところ、クマが勢いよく近づいてきたそうで、登山者二人の間をすり抜けて新潟県側の笹藪に消えていったそうです。同じクマと思われ、ねぐらの笹藪と採餌場所の雪渓をいったりきたりするときに、通りかかると危険なようです。」 飯豊朝日連峰の登山者情報抜粋 下記URL(飯豊朝日連峰の登山者情報)をご確認ください。 http://www.ic-net.or.jp/home/iide/ 登山者情報2,181号 http://www.iideasahi.jp/2181.html

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。