iPhoneの最新アプデで「電話着信がバナー表示」となった。今まではスマホでSNS見たりゲームしたりしてて誰かから電話かかってきたら全画面の「着信画面」になり「おい!電話かかってきたぞ!早くとれ!」的な有無を言わさない高圧的な態度だったのが、バナー表示だと「お楽しみのところ、ごめんなさい、電話かかってますけどどうします?お出になられます?」的な位置付けとなった。 これはつまり「電話」がもう通信手段の主役の座から下ろされ、チャットやショートメッセージ、ビデオトークなどと同列のワンオブゼムの単なる「音声通話」になった証。「携帯電話」から「携帯端末」に変わった瞬間だなあと「黒電話」「公衆電話」「家電話」と「携帯電話」の終わり感にしみじみ。 山登り先輩 @Yurarinco さんからYAMAPを教えてもらいYAMAPありきで楽しくトレッキングをはじめた自分にとって、GPSマップやすれ違い機能、危険情報のシェアなど、つくづく便利だなあと感心するばかりですが、正直10年前だと実装不可能な機能ばかりなんだろうなと思います。ましてや20年前、30年前に「YAMAPがあったらあの事故は防げたなあ」という方もいらっしゃることでしょう。圧倒的なテクノロジーの便利さを噛み締めつつ山登りは本来危険で過酷で困難だという本質を忘れないようにしなきゃですね。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。