撮りためた夏の野草の写真をいくつか、まとめてみたよ☆ 1枚目はガガイモ、ニラ、ボタンヅル、ヒレハリソウ。 ニラはあちこちで野生化していますが、意外と綺麗な花が咲きます。 ヒレハリソウもよく見る草です。葉っぱを天ぷらにして食べられるとか。 2枚目はネジバナ、ゲンノショウコ、ミゾカクシ、ヒメフウロ。 ゲンノショウコとヒメフウロは、高山植物のハクサンフウロよりも花の大きさがかなり小さいですが、同じフウロソウ科で、雌しべの形がよく似ています。このヒメフウロはおそらく海外種でしょう。見つけた場所は何年か前に杉の苗木が植えられた所なので、植木屋さんが持ってきた土に種が混ざっていたのかもしれません。 ミゾカクシは田圃の畦道に生える雑草ですが、花の形が面白く、よく見ると繊細なつくりをしています。 3枚目はオモダカの葉っぱに止まるハグロトンボ、ヤブカラシ、カタバミ、オオバギボウシ(ウルイ)の蕾。 ヤブカラシの花は、オレンジ色とピンク色の小さなお菓子か何かのように見えます。 カタバミは、山に咲くコミヤマカタバミと同じようにハート型の葉っぱが特徴ですね。田圃の畦道にいっぱい咲いていましたが、雑草と一緒に刈り取ってしまいました。 4枚目は7月中旬に御所湖畔の尾入野湿性植物園で撮った写真。スイレン、オモダカ、オカトラノオ、クガイソウです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。