2019年11月30日 甲州高尾山(山梨県) 今年の夏に来て、登山口までの道が通行止めのために断念した甲州高尾山に来た。 今日も天候に恵まれて、素晴らしい景色を見ることが出来た。 甲州高尾山は山火事のために南斜面一帯の豊かな樹林が消失した。植林されているものの、豊かな森になるまでにはまだ時間を要するため、稜線は遮ぎるものがなく素晴らしい展望となっている。 勝沼ぶどう郷駅から、まるでテストドライバーの様なテクニックで山道を攻める高齢運転手のタクシーで大滝不動尊登山口まで行き登山開始。大滝不動尊では、なかなかの滝を見ることが出来た。その後、大滝林道を富士見台を目指して歩いたが山道への道標を見逃して、崩落した林道を進み、20分(往復40分)の時間ロス。 幸い、戻っている途中で富士見台への道標を見つけて軌道修正した。それでも富士見台に予定より早く到着して、素晴らしい景色を見ながら稜線を歩いた。甲州高尾山からの甲府盆地と雪を纏った南アルプスの山々の風景は圧巻。 以前に登った富士山、北岳、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳、身延山、二十六夜山、大菩薩嶺などを見ることが出来た。登山者も少なく、贅沢な時間を過ごした。 下山後、勝沼ぶどう郷の天空の湯で一風呂浴びてビールとワイン。しばらく天空の湯のラウンジで昼寝。ゆったりした一日。 天空の湯にて。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。