屋久島登山終わりました。 剱岳を【岩と雪の殿堂】と称するなら 宮之浦岳を【巨石と水の楽園】と言いたい。 それくらい、大きな岩には驚かされたし、水との戯れは思い出になった。 ずっと雨のせいで、登ってる時は愚痴を吐いていたけど、そんな登山に限って下山後はいい登山してやったぜとほくそ笑む。 登ることを決めた理由は小さな頃から「もののけ姫」の世界観に憧れていたからだけど、あまりそっちの印象はなくって、歩いてる最中に見つけた大きなカエルや、途中で出会った人たちの方が好きだった。大切にしたい。 縄文杉は雲の向こうに静かに佇んでいて、「まだ、お前には早い」とでも言うかのようにはっきりとは見せてくれなかった。もう一度行く理由ができたからよしとしよう。と思う。 ウィルソン株では他の登山客に写真を撮ってもらった。めちゃくちゃいい写真が撮れた。でも、ハートに1人で写るのは恥ずかしい。次はハートに見合う人を連れて行こう。ヤバイ、フラグが立つわ。 原付で、雨で、台風で、靴ずれで、水膨れで色々大変だったけど、いい登山だった!ありがとう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。