20年ほど思い入れがあり手元で温めていた小説。まだ、まだ…と躊躇っていたが、とうとう読了。不思議なことに想像通りの内容だった。いつか舞台となった地域を訪れたいが…遠い!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。