「東京まちなか超低山 50メートル以下、都会の名山100を登る」中村みつを著 仕事が休みなのに天気が悪い、寝過ごした等、そんな時役に立つ本ではないかと思います。 山と呼ぶには低すぎる山をなぜわざわざ〜山と呼ぶのか。ランドマークにしてまでもその土地の歴史を伝え残したいからではないかと思います。難しい事はともかく内容もイラストも素敵です。ちょこっと散歩には良い1冊ではないでしょうか。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。