"リメ缶" 飲んだ後のジュースのアルミ缶をリメイクして多肉の鉢にしています(1枚目) 作り方は簡単で、缶切りでプルタブ側を切り取り(2枚目) ハサミで下側を切り取ります(3枚目) アルミなので簡単にハサミで切れますが、切り口鋭いので指を切らないよう注意⚠️ 缶の下側を少し折り返し、ペンチで形を整え、ハサミで角を丸く整えます(4枚目) 先の尖ったピックで穴をあけ(5枚目) 開けた穴に針金を通します(6枚目) 缶の表面を紙ヤスリで削り荒くし、水性塗料で塗っていきます(7枚目) 塗料に砂を混ぜて塗ると、また違った雰囲気の仕上がりになります☝️ 塗料を乾かしたあとはお好きなシールを缶に貼れば完成! リメ缶を作るのが楽しく、寄せ植えが追い付いてなくリメ缶がたまる一方…😅 (8枚目) 普通の缶詰めをただ色づけしてシール貼るだけでもけっこう雰囲気出ます😄 (9枚目) 道具や材料がすべて100均で手に入るのもうれしい!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。