日差しが明るくて気分も高まります☺️
滝尻王子-不寝王子-剣ノ山-高原熊野神社 縦走コースの写真
山の中の集落を抜けていきます✨。
キレイな景色
飯盛山からの展望。
乳岩、大きな一枚岩。
石畳。
不寝王子跡。
登ります
結構のぼる

モデルコース

滝尻王子-不寝王子-剣ノ山-高原熊野神社 縦走コース

体力度
1
  • 1時間50分
  • 3.4 km
  • 423 m
体力度とは?

コースマップ

タイム

01:50

距離

3.4km

上り

423m

下り

179m

チェックポイント

このコースで通過する山

このコースを通る活動日記

  • 8
    12

    02:49

    3.8 km

    424 m

    熊野古道(中辺路)剣ノ山・飯盛山

    熊野古道 中辺路(紀伊田辺駅〜滝尻王子~継桜王子~熊野本宮大社) (和歌山)

    2022.07.29(金) 日帰り

    金曜日の朝、大阪を始発電車で出発。紀伊田辺から9:10の栗栖川行きのバスに乗って滝尻まで。10:17滝尻王子から歩き始めた。 山登りってどうして体のアップをさせてくれないのかな。たいてい登山道は体の準備ができていないのに、いきなり急坂登りが始まります。 一歩一歩心拍数を上げないように登って行くけれど30分も経過しないうちに絶望。暑い。山ビルが怖くてタイツを履いていたのに途中で脱ぎ、うでカバーも外して、それでも暑い。スポーツドリンクを甘味料がお腹に悪い事を忘れてグビグビと飲んでしまう。お腹がぐるぐる。寒気がしてくる。 あかん! 次の集落でタクシーに来てもらって今回の熊野詣でを終わらせる事だけを希望に歩き続ける。 それでも急登を休憩しながら登ると突然天国のような平らな道が現れてしんどかった事を忘れてしまう。 元気を取り戻し、また現れた急登に絶望しを繰り返して集落のある地域になんとか到着。 ヘトヘトになったのでタクシーで宿泊地に移動を決めて休憩所に掲示されていたタクシー会社に電話したのにそこには今行けませんと断られてしまう。なんということでしょう。 色々検討して気持ちを決めて、一度集落から山道に入る辺りまで登るも、ここから4時間かかる事、山の中の道になり集落とのアクセスが無くなる事が看板に掲示されていたのを見て、既に1時を過ぎていたこともあり引き返す事にした。 そういや誰にも会わなかったわ。熊野本宮大社の近くの古道の案内所で、コロナ前は海外からたくさんの方々が来て賑わっていたとのこと。1年前から予約が入っていてなかなか宿が取れない程だったとかの情報をいただいた。なんとなくその頃の情報で宿が取れないと思い込んで、慣れないテント泊登山をしてしまった。それに体力が付いていかないで挫折。 今回はバスとテント泊と温泉の旅を楽しむ事ができたので○です。

  • 31
    11

    02:40

    3.7 km

    449 m

    熊野古道 滝尻〜高原

    2022.05.08(日) 日帰り

    連休中、予定していた登山が雨で中止になり、 ずっと山に行きたくて疼いていた。 最終日は1人で山に行こうと思っていたら ビューロー登山部から熊野古道歩きの お誘いがあり、参加させてもらった! ゆるゆる、のんびり、 途中で木のベッドに横たわり 軽くヨガをやったりして お天気も最高で、ご褒美のケーキもおいしく 楽しかった。 また参加しよう🥰

  • 23
    15

    02:29

    4.4 km

    477 m

    ①熊野古道剣ノ山・飯盛山

    熊野古道 中辺路(紀伊田辺駅〜滝尻王子~継桜王子~熊野本宮大社) (和歌山)

    2022.04.30(土) 日帰り

    滝尻王子から高原まで山行いたしました。 出だしは急坂が続きました。 お経を上げながら千数百年続く信仰の道を行きます。 明日は高原から継桜までを行きます。

  • 50
    102

    05:16

    4.6 km

    495 m

    中辺路🚶1/4(滝尻王子~高原霧の里)ー2022ー03ー29

    熊野古道 中辺路(紀伊田辺駅〜滝尻王子~継桜王子~熊野本宮大社) (和歌山)

    2022.03.29(火) 日帰り

    ⛰️やま友のFさんの声かけで 熊野古道中辺路を歩いて来ました🎶 📷写真撮りながら、てくてく歩きの4日間でした🍀 ✳️ 修行の道(行者路)を「辺路(へじ)」といい、行者のことを「辺路(へんろ)」といった。 「辺路(へじ)」は行者しか知らない「辺地(へち)」である。(長澤弘隆氏のWebページより抜粋) 1️⃣日目、滝尻王子~高原熊野神社・高原霧の里。🏚️[霧の里 たかはら] 2️⃣日目、牛馬童子口~近露王子~継桜王子・野中一方杉。🏚️[湯の峰温泉 よしのや] 3️⃣日目、発心門王子~水呑王子~熊野本宮大社。🏚️[民宿 美滝山荘] 4️⃣日目、熊野古道 大門坂~那智大社・青岸渡寺・那智の滝。 ✳️「王子」とは、熊野三山の御子神を祭る祠が建つ、熊野に詣でる上皇や女院の休息所です。 *********************************** 🚌紀伊田辺駅から滝尻バス停留所に到着。ここからのスタートです🍀 🏚️[霧の里 たかはら]良かったです😃

  • 30
    11

    02:29

    4.7 km

    501 m

    熊野古道・中辺路(1日目)滝尻王子〜高原

    熊野古道 中辺路(紀伊田辺駅〜滝尻王子~継桜王子~熊野本宮大社) (和歌山)

    2021.12.18(土) 日帰り

     前から行きたいと思っていた熊野古道へ。メジャールート・中辺路を、滝尻王子から熊野本宮大社まで歩いてきました。 1日目は滝尻王子から高原まで。 ※文章が長いので、活動記録を1日ずつ作成しています。また、文末にトイレ情報を記載しました。  白浜へ向かう機内で、機長から「現地の天候はみぞれ」とのアナウンス、窓から見下ろすと、白い山並み。  チェーンスパイクを持ってこなかったことを後悔しつつ、空港から紀伊田辺駅へ。駅横の案内所で熊野古道の地図を入手し、闘鶏神社にお参り、早めの昼食をとって、バスでスタート地点の滝尻王子へ。  境内では、ちょうど和太鼓のデモンストレーションが始まり、ラッキーと思ったのですが、雨が降り出し、寒さに耐えられず熊野古道館へ避難。ノンビリ荷物の整理をして、日が射すのを待ってスタートしました。  最初から急登だと、事前の情報で知っていましたが、なかなかの登りです(この中辺路について、ハイキング程度だと思っていましたが、実際は歩きごたえのある山道でした)。  序盤にある胎内くぐり。通り抜けるのがやっとの狭さで、ザック背負ったままでは到底ムリ。予想外の手強さに、うっかり乳岩を見忘れ、それに気づいたのは宿に着いた後でした。  1日目のルートは、基本的に尾根筋を結んでいますが、樹々が風を遮ってくれ、歩きやすかったです。ただ、石畳の下りは融けた雪で滑りやすくなっていたので、注意して歩きました。  宿泊地の高原は、やや平坦な尾根にある集落で、北側に棚田が並んでいました。標高があるにもかかわらず、道沿いの水路を勢いよく水が流れており、この土地が開けた理由がわかる気がしました。 ※宿で聞いたところ、雨が多い土地で、上に水の出る場所があって池もあり、棚田に引く水を得ているそうです(生活用水は下からポンプアップしているとのこと)。 【トイレ情報】私見で「使える」と判断したトイレのみ記載します。 ・熊野古道館(滝尻) ・霧の里高原休憩所(高原)