“KISOJI (木曽路)” DAY 2 - Hike & Bike JAPAN Part2/3 (妻籠宿 - 須原宿)

【STORY】  全国に先駆けて江戸時代の街並みの保存運動が行った妻籠宿には、出梁造りや千本格子を備えた建物、復元された高札場などの見所がたくさん。博物館になっている脇本陣奥谷はぜひ、朝のうちに出かけたい。妻籠宿を散策した後、三留野宿へのハイクをスタート。街道沿に一里塚や石畳、茶屋の跡、木曽義仲が兜を奉納した「かぶと観音」が次々に現れる、歩き甲斐のあるエリアだ。  妻籠宿からおよそ6kmの三留野宿は、大火によりかつての面影は失われているが、「木曽路はすべて山の中」(『夜明け前』)という有名な一説を体感できるのが三留野宿の先、木曽川屈指の難所と呼ばれた「羅天の桟道」付近である。かつては木曽川べりに迫る断崖に道がつけられていたが、現在は国道を辿りながら野尻宿に向かう。  野尻宿は、外敵を防ぐための曲がりくねった街並みが特徴的。宿場町を出たあたりで江戸側を見やると、中央アルプスの素晴らしい眺望に恵まれる。2日目の目的地の須原宿は、かつては清水が湧く宿場町として知られており、軒先には木曽五木の一つ、サワラの丸太をくりぬいた水舟が置かれている。木曽路の古刹、定勝寺も訪れたい。 【“木曽路” DAY 1 (落合宿 - 妻籠宿)】 https://yamap.com/maps/9653 【“木曽路” DAY 3 (須原宿 - 福島宿)】 https://yamap.com/maps/9657 【Hike & Bike JAPAN “KISOJI” Part 1】 http://hiketobike.com/books/kisoji 【Hike & Bike JAPANについて】 トラベルライフスタイル誌『PAPERSKY』による書籍シリーズとして新たに誕生した『Hike & Bike Japan Cultural Travel Guides』は、日本各地に残る古い街道や地域性豊かなローカルな道を、美しい写真とマップ、全編英語のテキストとともに紹介する、歩く旅や自転車旅が好きな人のためのガイド本。古道を歩き、自転車で各地をめぐることで出会った風景、文化、歴史、食、旅のストーリーを通して、日本の魅力を体感する旅のスタイルを提案します。 「Hike」(古道を歩く旅)、「Bike」(ローカルをめぐる自転車旅)の2つのカテゴリーで、約3日間の旅のプラン、ルート、地域の見どころを紹介します。 http://hiketobike.com

このエリアについて

掲載されている山

妻籠宿, 須原宿, 木曽路, Hike&Bike, ハイク&バイク, 海道, 街道, かいどう, 古道, ペーパースカイ, old highways, old japanese highways, hike and bike, cycle routes, cultural routes, Papersky

  • 南木曽岳

    標高:1679 m

    体力度
    2

    南木曽岳(なぎそだけ)は、木曽山脈(中央アルプス)南西部、長野県南木曽町にある標高1,679 mの山。日本三百名山に選定されていて、長野県の「県自然環境保全地域」の指定を受けている山である。 木曽山脈(中央アルプス)の主稜線から西に派生する尾根上にある。御嶽山、木曽駒ヶ岳とともに、木曽の三岳に数えられており、古くから信仰の山として修験者に登られていた。また、木曽地域で登山対象の山として、南木曽岳・風越山・糸瀬山の3山が、木曽三山と言われている。花崗岩質の岩山で、山頂付近では花崗岩の巨石が乱立し、鏡ヶ池と呼ばれる池と避難小屋がある。山頂部には点名「南木曾」の二等三角点があるが、樹木に覆われていて展望はない。三角点の北東100 m程の位置に、標高1,679 mの最高地点となる標高点があり、周辺の岩の上からは、御嶽山、北アルプス、中央アルプスなどの視界が良好な箇所かある。 別名が、「泣きびそ岳」、「金時山」、「揚籠山」(あげろやま)であり、『金時の産湯の池』伝説のある池がある。また金時が生まれたと伝えられる『金時の洞窟』がある。

  • 体力度

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す