UTMF2018 その3

出典: Wikipedia

ウルトラトレイル・マウントフジ (ULTRA-TRAIL Mt.FUJI、UTMF) は、ウルトラトレイル・マウントフジ実行委員会が主催する、富士山周辺の山を走る100マイルトレイルランニングレースで、2018年大会のUTMF2018は、富士山麓を巡る「UTMF」と、半周する「STY=静岡から山梨(SHIZUOKA To YAMANASHI)」のふたつの競技からなる。UTMFは距離約170km、累積標高差約8,000m、制限時間46時間という過酷なレースだ。 日時:2018年4月27日(金)~29日(日) 会場:スタート 静岡県富士市 富士山こどもの国    フィニッシュ 山梨県富士河口湖町 大池公園 競技:UTMF/距離:約170km       累積標高差:約8,000m       制限時間:46時間    STY /距離:約92km       累積標高差:約4,100m       制限時間:20時間 主催:ウルトラトレイル・マウントフジ実行委員会 オフィシャルサイト:http://www.ultratrailmtfuji.com/ Supported by TORQUE® https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/torque/ https://yamap.co.jp/mypage/98757 ※主催者の判断で最終的にレースコースが多少変更される可能性があります。 ※大会当日のレースコースは必ず主催者設置のマーキングテープや指示看板に従い、本地図は参考情報としてご利用ください

このエリアについて

掲載されている山

UTMF (ウルトラトレイル・マウントフジ)・STY (静岡から山梨)

  • 難易度
    体力度

    大室山(おおむろやま)は、山梨県南都留郡富士河口湖町本栖、富士山の北西麓にある標高1468mの山。 富士山が持つ多くの側火山のひとつで、なだらかな富士山の麓にあるため外見は独立峰に見える。頂上部には火口の窪みがある。青木ヶ原樹海の南側に位置し、周辺には本栖風穴、大室風穴、神座風穴などの風穴が点在する。大室山への登山道はなく、頂上部は樹林に囲まれ眺望は悪い。また、鳥獣保護区・国立公園特別保護地域に指定されているため、昆虫や野草の採集などは禁止されている。

  • 難易度
    体力度

    足和田山(あしわだやま)は、山梨県南都留郡富士河口湖町と鳴沢村とにまたがる標高1,354.9 mの山。 山域は富士箱根伊豆国立公園の特別地域または普通地域の指定を受けている。山梨県により山梨百名山の一つに選定されている。箱根の足柄山、愛鷹山と共に「富士三脚(富士三足)」と呼ばれている。富士五湖の中央に位置し、各湖が見られることから五湖台とも呼ばれている。実際には五湖を一度に見られるポイントはない。山頂には二等三角点(点名が「檀ノ山」、標高1,354.91 m)と展望台が設置されている。富士山の北には西湖があり、この西湖と富士山の間を東西に伸びる山の最高点が足和田山。富士山周辺の山の中でも最短距離で富士山の眺望が楽しめる。山上にはマツムシソウ、ノアザミ、アカマツ、モミなどが分布している。山域の一部は、カラマツとヒノキの植林地として利用されている。西側の稜線上には三湖台と紅葉台の展望名所があり、青木ヶ原と富士山、西湖などを見渡すことができる。江戸時代の『甲斐国志』では、山全体をが壇ノ山(ダンノ山)と表記され、山頂部を雨乞山や足和田山などとされている。東側の山中には行者屋敷と呼ばれる場所と小さな池があり、山岳信仰と雨乞いの名残を留めている。山頂から東北東1.9 kmの尾根上の鞍部に大嵐天神社があり、「山神社本殿」が富士河口湖町の有形文化財に指定されている。

  • ミネ山

    標高:1241 m

    難易度
    体力度

  • 紅葉台

    標高:1165 m

    難易度
    体力度

  • 三湖台

    標高:1202 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す