銀山温泉

出典: Wikipedia

銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、山形県尾花沢市(旧国出羽国、明治以降は羽前国)にある温泉。 NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで一躍脚光を浴び、全国的にその名を知られることになった。 【アクセス】 ・鉄道:山形新幹線・大石田駅よりバスで約40分。 ・自動車:国道13号・尾花沢バイパスから国道347号(母袋街道)に入り、山形県道29号尾花沢関山線および山形県道188号銀山温泉線で至る。 ・宮城県側からは国道347号(鍋越峠)経由、山形県村山市側からは山形県道29号尾花沢関山線(背炙峠)経由の経路が地図上では最短路となる場合があるが、いずれも狭小であるため銀山温泉組合は通行を推奨していない。 ・温泉街は一般車両が通行禁止となっている。宿泊客は宿が指定した駐車場に、日帰り客は温泉街まで徒歩3分程度の未整地に車を止めて徒歩で温泉街に向かうことになる。 ・東北中央自動車道の最寄りは尾花沢インターチェンジ。

このエリアについて

掲載されている山

銀山温泉

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記