日本百名山 雨飾山(雨飾高原キャンプ場~)

2015.06.13(土) 07:29 - 2015.06.13(土) 13:20
金山を登る予定が小谷温泉先の雨飾荘から金山登山口への林道が閉鎖されていたため、雨飾山に登って来ました。 雨飾高原キャンプ場の駐車場には20台以上の先客があり人気が伺えます。 登山口にはトイレが併設されているとのことでしたが、冬囲いされていて利用できません。ご注意ください。 登山口から緩やかに下りながら湿地帯の木道を進むと、小川のせせらぎやブナの大木が出迎えてくれます! その先から急登が始まりますがブナの原生林で気持ち良く高度を上げていきます。 荒菅沢の手前の沢でのこと、前を歩く旦那様が「みんな雪渓を直登している」とかでアイゼンを装着中。雪渓トラバース後の夏道が良く解らない為、夏道からは左へ外れていることは承知で5分程登ると、抜け道が無いとのことで大勢の方が下って来られました。夏道を探し出し、事なきを得ましたが、雪渓により山道が解り難いとは言え「思い込みで安易にコース変更してはダメ」ということを教えていただきました。 この辺から視界も開け、荒菅沢の雪渓から山頂付近の眺めはすばらしかったです。 笹平までの急登も左右の絶景を観ながら登ることが出来ますが、ガレ場も多いため足元には気を付けてください! 笹平は稜線歩きが出来、眺めも最高!目の前には山頂が待っています。最後の急登は落石に気を付けながら登りました。 山頂は南峰に標識、北峰には石仏と祠があり、北峰で昼食。道中もそうですが、虫(ブヨ?)が凄い!ぼぉ~っと景色を堪能したくても虫が気になって・・・。虫除けスプレーなど必ず携帯しておきたいと思いました。 下山後、雨飾荘から100m程下にある村営雨飾高原露天風呂に・・・。雨飾山登山者1名とライダー1名の3人だけの入浴。温度もよく、汗を流して帰りの途に。 http://www.vill.otari.nagano.jp/kanko/nature/amakazari/ http://www.vill.otari.nagano.jp/kanko/accommodations/otariokunoyu/

写真

雨飾山登山口(雨飾高原キャンプ場) 

雨飾山登山口(雨飾高原キャンプ場) 

登山道案内図 入山前に確認しましょう(トイレなどは利用できませんでした)

登山道案内図 入山前に確認しましょう(トイレなどは利用できませんでした)

平坦な木道が暫くつづきます

平坦な木道が暫くつづきます

右手に大木がお出迎えです

右手に大木がお出迎えです

せせらぎに癒されます

せせらぎに癒されます

雪渓のむこうに小さな滝?が・・・

雪渓のむこうに小さな滝?が・・・

金山・・・かな?

金山・・・かな?

十数人がこの雪渓を直登していましたが、先に山道がなく引き返すことに・・・

十数人がこの雪渓を直登していましたが、先に山道がなく引き返すことに・・・

黒沢峰・白倉峰方面

黒沢峰・白倉峰方面

荒菅沢から山頂方面を望む

荒菅沢から山頂方面を望む

雪渓には赤くスプレーされていますが見え難いです

雪渓には赤くスプレーされていますが見え難いです

迫力がありました

迫力がありました

切立った岩山ですね

切立った岩山ですね

シラネアオイでしょうか

シラネアオイでしょうか

あの辺りが山頂かと・・・

あの辺りが山頂かと・・・

笹平手前のガレ場

笹平手前のガレ場

笹平と山頂がみえてきました

笹平と山頂がみえてきました

笹平 山頂までもうすぐ!

笹平 山頂までもうすぐ!

梶山新湯(雨飾温泉)分岐

梶山新湯(雨飾温泉)分岐

最後の急登が待っています

最後の急登が待っています

ここを登れば山頂です

ここを登れば山頂です

先ずは北峰の石仏に参拝(右には祠がありますが、崩れていました)

先ずは北峰の石仏に参拝(右には祠がありますが、崩れていました)

北峰より糸魚川方面(霞んでいて日本海がみえない)

北峰より糸魚川方面(霞んでいて日本海がみえない)

焼山と火打山がみえます

焼山と火打山がみえます

山頂です

山頂です

雨飾山頂(南峰)1963m

雨飾山頂(南峰)1963m

山頂から笹平を望む

山頂から笹平を望む

いつもながらの粗末な昼食

いつもながらの粗末な昼食

駒ヶ岳・鬼ヶ面山 方面

駒ヶ岳・鬼ヶ面山 方面

鋸岳・阿彌陀山 方面

鋸岳・阿彌陀山 方面

紫色の綺麗な花でした

紫色の綺麗な花でした

岩を根が包み込んでいました。 エゾシカの角のようです

岩を根が包み込んでいました。 エゾシカの角のようです

ブナ平

ブナ平

無事下山。駐車場は満車状態です

無事下山。駐車場は満車状態です

駐車場から山頂方面

駐車場から山頂方面

村営雨飾高原露天風呂入口 雨飾荘の100m程下に

村営雨飾高原露天風呂入口 雨飾荘の100m程下に

左右に分かれています。男湯は右へ

左右に分かれています。男湯は右へ

雨飾高原露天風呂

雨飾高原露天風呂

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。