登別カルルス 氷筍洞窟 『ニョロニョロを見に行こう🎵』

2021.02.21(日) 日帰り
まーくん
まーくん

今日は氷の芸術『氷筍』を見にカルルスまで行って来ました☺️ 途中、苫小牧の道の駅で白鳥さんに会い、シマエナガさんのストラップを購入🐦💕今日から一緒に登ります☺️ 他にグッズたくさんありました。 サンライバスキー場の🅿️はかなり混雑。端っこに停めさせてもらい出発です😃 天気☀️ 気温0℃ 風無し。 道中の詳細は写真にメモしてます✏️ 今回はとにかく歩きやすく、スノーシューは使いませんでした。 スライドは一組のみ。 洞窟に着くと、初めて見る芸術に感動😭 何で、このようなニョロニョロした柱になるんだろう🤔 それにしてもキレイ✨😃 この時期しか見られない芸術✨素晴らしかったです😃 のんびり山カフェ☕してから下山。 特に急いでもないですが、いつも下山終わると日の入り時刻ピッタリ‼️👀 その後は近所にある、森の湯へ♨️初めてでしたが、なかなかの湯👍😉露天サイコーでした😃⤴️⤴️ 夕食は苫小牧の蕎麦屋、一休へ。こちらも初めてでしたが、なかなか美味しかったですよ😋 初めてずくしの旅。 のんびりできた1日でした😃 追記 道新のTwitterで大滝の氷筍も話題になりました。 https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/amp/article/513852?__twitter_impression=true

今日からシマエナガさんも一緒に同行します🐦💕

今日からシマエナガさんも一緒に同行します🐦💕

今日からシマエナガさんも一緒に同行します🐦💕

🅿️はサンライバスキー場に停めれます。(無料)

🅿️はサンライバスキー場に停めれます。(無料)

🅿️はサンライバスキー場に停めれます。(無料)

🅿️の脇から上がると

🅿️の脇から上がると

🅿️の脇から上がると

来馬山の登山口に出ます。因みに記帳は今年全体で10組もいませんでした。

来馬山の登山口に出ます。因みに記帳は今年全体で10組もいませんでした。

来馬山の登山口に出ます。因みに記帳は今年全体で10組もいませんでした。

こっちが来馬山登山道

こっちが来馬山登山道

こっちが来馬山登山道

今回はリフトの下をくぐって

今回はリフトの下をくぐって

今回はリフトの下をくぐって

ここから入山します

ここから入山します

ここから入山します

トレースバッチリ。幅も広い

トレースバッチリ。幅も広い

トレースバッチリ。幅も広い

終始こんな雰囲気。
スノーシューは要りませんでした

終始こんな雰囲気。 スノーシューは要りませんでした

終始こんな雰囲気。 スノーシューは要りませんでした

au電波📶はこの先圏外

au電波📶はこの先圏外

au電波📶はこの先圏外

広くなったら、大きく右側に迂回。川渡ります。

広くなったら、大きく右側に迂回。川渡ります。

広くなったら、大きく右側に迂回。川渡ります。

杉林に変わります

杉林に変わります

杉林に変わります

所々にピンテもあります🎀

所々にピンテもあります🎀

所々にピンテもあります🎀

この先はトレースが分かれてます。一般的には右側に。左側はほんの少しのショートカットです

この先はトレースが分かれてます。一般的には右側に。左側はほんの少しのショートカットです

この先はトレースが分かれてます。一般的には右側に。左側はほんの少しのショートカットです

小川渡ります

小川渡ります

小川渡ります

唯一の土エリア。
久しぶりの土の感覚に感動💕早く春来ないかぬぁ🌱🌸

唯一の土エリア。 久しぶりの土の感覚に感動💕早く春来ないかぬぁ🌱🌸

唯一の土エリア。 久しぶりの土の感覚に感動💕早く春来ないかぬぁ🌱🌸

青テープが見えると

青テープが見えると

青テープが見えると

ショートカットの出口

ショートカットの出口

ショートカットの出口

もう1つ小川渡ります

もう1つ小川渡ります

もう1つ小川渡ります

ここもトレース分かれてます。

ここもトレース分かれてます。

ここもトレース分かれてます。

まずは左側へ。こちらは人通り少なく、雪柔らかいです

まずは左側へ。こちらは人通り少なく、雪柔らかいです

まずは左側へ。こちらは人通り少なく、雪柔らかいです

この岩場の先が

この岩場の先が

この岩場の先が

行き止まり

行き止まり

行き止まり

中に立派な氷柱ありました✨😃

中に立派な氷柱ありました✨😃

中に立派な氷柱ありました✨😃

芸術家のオブジェみたい✨😃

芸術家のオブジェみたい✨😃

芸術家のオブジェみたい✨😃

再び先ほどの分岐点まで戻ります↩️

再び先ほどの分岐点まで戻ります↩️

再び先ほどの分岐点まで戻ります↩️

ここから右側のトレースに合流

ここから右側のトレースに合流

ここから右側のトレースに合流

ゴール🏁

ゴール🏁

ゴール🏁

中には素晴らしい景色が✨😃

中には素晴らしい景色が✨😃

中には素晴らしい景色が✨😃

日の入り時刻ピッタリにスキー場到着

日の入り時刻ピッタリにスキー場到着

日の入り時刻ピッタリにスキー場到着

もう誰もいません。
お疲れ3でした😃

もう誰もいません。 お疲れ3でした😃

もう誰もいません。 お疲れ3でした😃

今日からシマエナガさんも一緒に同行します🐦💕

🅿️はサンライバスキー場に停めれます。(無料)

🅿️の脇から上がると

来馬山の登山口に出ます。因みに記帳は今年全体で10組もいませんでした。

こっちが来馬山登山道

今回はリフトの下をくぐって

ここから入山します

トレースバッチリ。幅も広い

終始こんな雰囲気。 スノーシューは要りませんでした

au電波📶はこの先圏外

広くなったら、大きく右側に迂回。川渡ります。

杉林に変わります

所々にピンテもあります🎀

この先はトレースが分かれてます。一般的には右側に。左側はほんの少しのショートカットです

小川渡ります

唯一の土エリア。 久しぶりの土の感覚に感動💕早く春来ないかぬぁ🌱🌸

青テープが見えると

ショートカットの出口

もう1つ小川渡ります

ここもトレース分かれてます。

まずは左側へ。こちらは人通り少なく、雪柔らかいです

この岩場の先が

行き止まり

中に立派な氷柱ありました✨😃

芸術家のオブジェみたい✨😃

再び先ほどの分岐点まで戻ります↩️

ここから右側のトレースに合流

ゴール🏁

中には素晴らしい景色が✨😃

日の入り時刻ピッタリにスキー場到着

もう誰もいません。 お疲れ3でした😃

類似するルートを通った活動日記