普賢岳に行ってみた

2015.06.13(土) 08:59 - 2015.06.13(土) 16:08
天気予報では、梅雨の中休みで雨は降らないらしいので宿を予約していざ雲仙普賢岳に出発です。家を出た途端怪しい景色がいつまでも続きます。福岡と長崎に黄砂襲来とPM2.5のダブルパンチで今までにない濃厚な濁った景色で、喉がいがらっぽくなりサービスエリアでマスクを購入しました。視界は一向に変わらず仁田峠まで来たところで、登山は断念 。ロープウェイからのプチ登山をと思っていたら雨が降り始め予定変更で地獄めぐりとなりました。 私にとって50年ぶりの雲仙 (修学旅行)でした。 普賢岳の噴火後に建てられた記念館は火山と自然災害の怖さと共に、自然に対しての謙虚さの必要性を感じさせてくれました。

写真

大変ですこの大気汚染
普賢岳に登る予定で来ましたが、視界悪すぎです。

大変ですこの大気汚染 普賢岳に登る予定で来ましたが、視界悪すぎです。

福岡と長崎に黄砂が来てたようです。

福岡と長崎に黄砂が来てたようです。

千々石町の棚田の展望

千々石町の棚田の展望

展望所からの平成新山です。目の前なのに霞んで見えます。

展望所からの平成新山です。目の前なのに霞んで見えます。

左手前の普賢岳に登る予定でしたが、空気が悪すぎるので中止します。朝から喉が異常です。

左手前の普賢岳に登る予定でしたが、空気が悪すぎるので中止します。朝から喉が異常です。

仁田峠からの展望

仁田峠からの展望

視界が悪くて残念です。が新山の迫力はすごい。

視界が悪くて残念です。が新山の迫力はすごい。

雨が降ってきたので、仁田峠簡単登山も断念して地獄にきました

雨が降ってきたので、仁田峠簡単登山も断念して地獄にきました

何故かケルンがいっぱい

何故かケルンがいっぱい

大野木場砂防未来館からの平成新山

大野木場砂防未来館からの平成新山

普賢岳を上から見てみました (未来館の資料)

普賢岳を上から見てみました (未来館の資料)

手前の山を回り込んで土石流が押し寄せてきた

手前の山を回り込んで土石流が押し寄せてきた

右の建物は廃校となった小学校 その先は島原の海
土石流はここまで流れたそうです

右の建物は廃校となった小学校 その先は島原の海 土石流はここまで流れたそうです

平成新山と被害にあった小学校です。鉄枠も曲がってました

平成新山と被害にあった小学校です。鉄枠も曲がってました

雲がたなびく普賢岳
資料館で興味深いお話を聞いてヤマップオフにするのを忘れてました

雲がたなびく普賢岳 資料館で興味深いお話を聞いてヤマップオフにするのを忘れてました

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。