アイス 始めました ♪

2021.02.21(日) 日帰り
こめこパン
こめこパン

アイスクライミング 始めました! などと 言っていますが ちょこっと やらせてもらった程度 (^^ゞ もっと しっかり 凍っていれば もうちょっと 登れたかも知れませんが それでも 初回の 自分には 十分 楽しめました 😊

長者原駐車場
朝日で 雲が
赤く染まる頃

長者原駐車場 朝日で 雲が 赤く染まる頃

長者原駐車場 朝日で 雲が 赤く染まる頃

こちらから 出発 ⤴️

こちらから 出発 ⤴️

こちらから 出発 ⤴️

豪雨災害の 生々しい 光景
痛々しい (-_-;)

豪雨災害の 生々しい 光景 痛々しい (-_-;)

豪雨災害の 生々しい 光景 痛々しい (-_-;)

雪残る ガレ場を
登って行く

雪残る ガレ場を 登って行く

雪残る ガレ場を 登って行く

道が無くなっているところは
模索しながら 進み

道が無くなっているところは 模索しながら 進み

道が無くなっているところは 模索しながら 進み

三俣山の 北峰が見える

三俣山の 北峰が見える

三俣山の 北峰が見える

砂防ダムを 恐る恐る

砂防ダムを 恐る恐る

砂防ダムを 恐る恐る

次の砂防ダムは 左から

次の砂防ダムは 左から

次の砂防ダムは 左から

岩壁を 登り

岩壁を 登り

岩壁を 登り

11/53
ここから さらに
険しい 道

ここから さらに 険しい 道

ここから さらに 険しい 道

しかし 後ろを 振り替えれば
この 景色 ♪

しかし 後ろを 振り替えれば この 景色 ♪

しかし 後ろを 振り替えれば この 景色 ♪

雪も 深くなってくる

雪も 深くなってくる

雪も 深くなってくる

道なんて ないですよ 〜
浮き石だらけ (笑)
16/53

道なんて ないですよ 〜 浮き石だらけ (笑)

道なんて ないですよ 〜 浮き石だらけ (笑)

指山の 山頂に 人影
お ーい \(^^)/

指山の 山頂に 人影 お ーい \(^^)/

指山の 山頂に 人影 お ーい \(^^)/

さぁー 見えてきた

さぁー 見えてきた

さぁー 見えてきた

目的地 ♪
なんとか 凍っててくれた 😂

目的地 ♪ なんとか 凍っててくれた 😂

目的地 ♪ なんとか 凍っててくれた 😂

20/53
ザックを 下ろして
アイゼン装着
登って見ましょう!

ザックを 下ろして アイゼン装着 登って見ましょう!

ザックを 下ろして アイゼン装着 登って見ましょう!

足元 グズグズ (笑)

足元 グズグズ (笑)

足元 グズグズ (笑)

まずは 安全を確保
穴の空いたボルトを
氷にねじ込んでいくと
真ん中から くり貫かれた
氷が 出てくる 
見ていて 面白い (笑)

まずは 安全を確保 穴の空いたボルトを 氷にねじ込んでいくと 真ん中から くり貫かれた 氷が 出てくる 見ていて 面白い (笑)

まずは 安全を確保 穴の空いたボルトを 氷にねじ込んでいくと 真ん中から くり貫かれた 氷が 出てくる 見ていて 面白い (笑)

かなり氷は薄いよう
チョロチョロと
水の流れる音も聴こえる

かなり氷は薄いよう チョロチョロと 水の流れる音も聴こえる

かなり氷は薄いよう チョロチョロと 水の流れる音も聴こえる

では 登ってもらいましょう!

では 登ってもらいましょう!

では 登ってもらいましょう!

上の方は まだ 氷が 厚そうで
順調に

上の方は まだ 氷が 厚そうで 順調に

上の方は まだ 氷が 厚そうで 順調に

お見事 !

お見事 !

お見事 !

しっかり
上から確保してもらったところで
登らせてもらいます
29/53

しっかり 上から確保してもらったところで 登らせてもらいます

しっかり 上から確保してもらったところで 登らせてもらいます

下の方は 蹴り込む度に
氷が 割れてく (笑)
30/53

下の方は 蹴り込む度に 氷が 割れてく (笑)

下の方は 蹴り込む度に 氷が 割れてく (笑)

ヤバい  ・・・

楽しい 😆✨
31/53

ヤバい ・・・ 楽しい 😆✨

ヤバい ・・・ 楽しい 😆✨

なんとか 上まで
登りきり
32/53

なんとか 上まで 登りきり

なんとか 上まで 登りきり

見上げれば
青空広がる この 絶景 ♪

見上げれば 青空広がる この 絶景 ♪

見上げれば 青空広がる この 絶景 ♪

涌蓋山まで
素晴らしい!

涌蓋山まで 素晴らしい!

涌蓋山まで 素晴らしい!

あとは 二人の命綱を
しっかり 持って
登って来るのを
見守ります
35/53

あとは 二人の命綱を しっかり 持って 登って来るのを 見守ります

あとは 二人の命綱を しっかり 持って 登って来るのを 見守ります

太陽が 眩しい (> <)

太陽が 眩しい (> <)

太陽が 眩しい (> <)

まだまだ 楽しい登りは
続きます

まだまだ 楽しい登りは 続きます

まだまだ 楽しい登りは 続きます

不安定な場所での
お昼ご飯は パンのみ

不安定な場所での お昼ご飯は パンのみ

不安定な場所での お昼ご飯は パンのみ

本峰と 北峰のコルを目指す

本峰と 北峰のコルを目指す

本峰と 北峰のコルを目指す

三俣のお鉢と
遠くは 大船山
そして 青空 〜♪

三俣のお鉢と 遠くは 大船山 そして 青空 〜♪

三俣のお鉢と 遠くは 大船山 そして 青空 〜♪

ここを通る時は
朝駆けばかりだったので
この 眺めは 新鮮♪
42/53

ここを通る時は 朝駆けばかりだったので この 眺めは 新鮮♪

ここを通る時は 朝駆けばかりだったので この 眺めは 新鮮♪

本峰への 登りは 雪道

本峰への 登りは 雪道

本峰への 登りは 雪道

由布岳を 真ん中に
46/53

由布岳を 真ん中に

由布岳を 真ん中に

ここから まだ
先も長いと 言うことで
食べ損ねた ご飯を 食す

ここから まだ 先も長いと 言うことで 食べ損ねた ご飯を 食す

ここから まだ 先も長いと 言うことで 食べ損ねた ご飯を 食す

登ったルートを 指差し
また 来るぞ !
52/53

登ったルートを 指差し また 来るぞ !

登ったルートを 指差し また 来るぞ !

長者原に 無事到着
くじゅうには
ほんと 楽しませてもらえます

長者原に 無事到着 くじゅうには ほんと 楽しませてもらえます

長者原に 無事到着 くじゅうには ほんと 楽しませてもらえます

長者原駐車場 朝日で 雲が 赤く染まる頃

こちらから 出発 ⤴️

豪雨災害の 生々しい 光景 痛々しい (-_-;)

雪残る ガレ場を 登って行く

道が無くなっているところは 模索しながら 進み

三俣山の 北峰が見える

砂防ダムを 恐る恐る

次の砂防ダムは 左から

岩壁を 登り

ここから さらに 険しい 道

しかし 後ろを 振り替えれば この 景色 ♪

雪も 深くなってくる

道なんて ないですよ 〜 浮き石だらけ (笑)

指山の 山頂に 人影 お ーい \(^^)/

さぁー 見えてきた

目的地 ♪ なんとか 凍っててくれた 😂

ザックを 下ろして アイゼン装着 登って見ましょう!

足元 グズグズ (笑)

まずは 安全を確保 穴の空いたボルトを 氷にねじ込んでいくと 真ん中から くり貫かれた 氷が 出てくる 見ていて 面白い (笑)

かなり氷は薄いよう チョロチョロと 水の流れる音も聴こえる

では 登ってもらいましょう!

上の方は まだ 氷が 厚そうで 順調に

お見事 !

しっかり 上から確保してもらったところで 登らせてもらいます

下の方は 蹴り込む度に 氷が 割れてく (笑)

ヤバい ・・・ 楽しい 😆✨

なんとか 上まで 登りきり

見上げれば 青空広がる この 絶景 ♪

涌蓋山まで 素晴らしい!

あとは 二人の命綱を しっかり 持って 登って来るのを 見守ります

太陽が 眩しい (> <)

まだまだ 楽しい登りは 続きます

不安定な場所での お昼ご飯は パンのみ

本峰と 北峰のコルを目指す

三俣のお鉢と 遠くは 大船山 そして 青空 〜♪

ここを通る時は 朝駆けばかりだったので この 眺めは 新鮮♪

本峰への 登りは 雪道

由布岳を 真ん中に

ここから まだ 先も長いと 言うことで 食べ損ねた ご飯を 食す

登ったルートを 指差し また 来るぞ !

長者原に 無事到着 くじゅうには ほんと 楽しませてもらえます

類似するルートを通った活動日記