昭和山・四石山

2021.02.19(金) 日帰り
minutes
minutes

活動データ

タイム

05:47

距離

21.7km

上り

1541m

下り

1542m

活動詳細

もっと見る

前回、時間の関係で周回できなかった昭和山と四石山を巡ってきました。 昭和山と四石山の道は全般的に歩きやすいですが、道の駅から信達楠畑へ抜けるルートはすべりやすく歩きにくいです。 わいわい村-ボンデン山のルートは、尾根が細くすべりやすい箇所がいくつかあり、尾根は切り立っているので怖かったです。 ボンデン山-信達葛畑は、危険な箇所はありませんが、途中の民家で犬を多頭で放し飼いにしているところがあり、かなり吠えられるので注意してください。ほとんどコンクリート舗装なので、私には歩きにくかったです。 虫やくもの巣などはほとんどありません。藪もありません。 水はペットボトル1本をもっていきましたが、わいわい村のあたりでなくなりました。

紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 道の駅から歩いてきました。この「縦走路」の看板を左に曲がると、楠峠経由で山頂につきます。今日はまっすぐ行きます。
道の駅から歩いてきました。この「縦走路」の看板を左に曲がると、楠峠経由で山頂につきます。今日はまっすぐ行きます。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 信達楠畑へ抜けるルートです。粘土質ですべりやすいです。
信達楠畑へ抜けるルートです。粘土質ですべりやすいです。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 すこし危なかった箇所を振り返って撮ったところです。
すこし危なかった箇所を振り返って撮ったところです。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 この分岐をまっすぐ行きます。右に行くと四石山です。
この分岐をまっすぐ行きます。右に行くと四石山です。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 分岐です。ここを右に行っても昭和山に着くのですが、他の方の記録で330pの尾根が歩きやすいというものがあったので橋の周辺を探してみます。まず左へ曲がってみました。
分岐です。ここを右に行っても昭和山に着くのですが、他の方の記録で330pの尾根が歩きやすいというものがあったので橋の周辺を探してみます。まず左へ曲がってみました。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 オレンジの丸の箇所が現在地です。330pへいけそうなルートを3つ考えています。結論から言うと、最初に調べた箇所が当たりでした。残り2つは、帰りに見てみましたが難しそうでした。
オレンジの丸の箇所が現在地です。330pへいけそうなルートを3つ考えています。結論から言うと、最初に調べた箇所が当たりでした。残り2つは、帰りに見てみましたが難しそうでした。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 左へ行くとすぐに鉄塔への看板が出てきました。これを登ります。
左へ行くとすぐに鉄塔への看板が出てきました。これを登ります。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 急な坂を登ると鉄塔が出てきました。ここから先もテープで目印がありました。
急な坂を登ると鉄塔が出てきました。ここから先もテープで目印がありました。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 このシダのすきまを進みます。
このシダのすきまを進みます。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 道の様子です。歩きやすいです。
道の様子です。歩きやすいです。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 地図で330と書かれた地点より手前に、基準点のようなものがありました。倒木が囲むように置かれています。
地図で330と書かれた地点より手前に、基準点のようなものがありました。倒木が囲むように置かれています。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 もう一つの尾根からも登ってこられるかどうか確かめに来ました。木を切った跡がありましたが、下りていくのは難しそうなのでここで引き返します。
もう一つの尾根からも登ってこられるかどうか確かめに来ました。木を切った跡がありましたが、下りていくのは難しそうなのでここで引き返します。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 また基準点のようなものがありました。上には「界」のような字が書かれていました。
また基準点のようなものがありました。上には「界」のような字が書かれていました。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 楠峠からの道に合流しました。合流の目印は特にないので、つきあたりを昭和山の方へ進んで、写真の赤テープが出てきたら合流できています。
楠峠からの道に合流しました。合流の目印は特にないので、つきあたりを昭和山の方へ進んで、写真の赤テープが出てきたら合流できています。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 山頂に着きました。ここからまっすぐ進んだのですが、行き止まりでした。正しいルートは山頂からすこし戻ったところにあります。
山頂に着きました。ここからまっすぐ進んだのですが、行き止まりでした。正しいルートは山頂からすこし戻ったところにあります。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 山頂からまっすぐ進んだところです。明瞭な道がなくなり引き返します。
山頂からまっすぐ進んだところです。明瞭な道がなくなり引き返します。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 山頂から少し戻ると、この看板があります。ここを曲がります。
山頂から少し戻ると、この看板があります。ここを曲がります。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 分岐です。看板の槌ノ子峠の方へ進みます。
分岐です。看板の槌ノ子峠の方へ進みます。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 分岐です。右へ曲がります。
分岐です。右へ曲がります。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 鉄塔に着きました。進んでいきます。
鉄塔に着きました。進んでいきます。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 さっきまで歩いていた尾根が見えました。このあたりで道が斜めですべりやすいところがあったので注意してください。
さっきまで歩いていた尾根が見えました。このあたりで道が斜めですべりやすいところがあったので注意してください。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 分岐です。橋の向こう側から尾根へ上がるルートがないか、すこし見に行ってみました。
分岐です。橋の向こう側から尾根へ上がるルートがないか、すこし見に行ってみました。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 もう少し進めそうですが、細くて下手をすると右手の沢に落ちそうです。無理をせずに引き返します。
もう少し進めそうですが、細くて下手をすると右手の沢に落ちそうです。無理をせずに引き返します。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 四石山へ向かう途中の道です。渡渉して看板どおりに進みます。
四石山へ向かう途中の道です。渡渉して看板どおりに進みます。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 四石山につきました。この時点ですでに足に重さを感じていましたが、軌跡つなぎのために堀河ダムへ向かいます。
四石山につきました。この時点ですでに足に重さを感じていましたが、軌跡つなぎのために堀河ダムへ向かいます。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 YAMAPの赤線ルートを進みます。この赤いテープの箇所から入りました。
YAMAPの赤線ルートを進みます。この赤いテープの箇所から入りました。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 尾根の途中にある看板です。ここに来るまでに、道が細くすべりやすい危険なところが2,3カ所あります。落ちるとかなり滑落しそうなので、私はもうこのルートを使わないと思います。
尾根の途中にある看板です。ここに来るまでに、道が細くすべりやすい危険なところが2,3カ所あります。落ちるとかなり滑落しそうなので、私はもうこのルートを使わないと思います。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 尾根の最終地点です。電波塔が見えます。足が全然上がらず、すこし登っては休みをくりかえして登ってきました。
尾根の最終地点です。電波塔が見えます。足が全然上がらず、すこし登っては休みをくりかえして登ってきました。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 看板です。ボンデン山はすぐそこですが、その気力もなく「つづら畑バス停」と書かれた方へ行きます。
看板です。ボンデン山はすぐそこですが、その気力もなく「つづら畑バス停」と書かれた方へ行きます。
紀泉アルプス・飯盛山・ボンデン山 分岐です。左の道を進みます。コンクリート舗装されていて足には悪そうです。民家が見えてきたところで、たくさんの犬に吠えられて怖かったですが、無事に帰り着きました。
分岐です。左の道を進みます。コンクリート舗装されていて足には悪そうです。民家が見えてきたところで、たくさんの犬に吠えられて怖かったですが、無事に帰り着きました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。