英彦山(南岳)・英彦山(中岳)英彦山ブルー

2021.02.19(金) 日帰り

待ってましたとリハビリに 前回ほどではないが積雪あり、体重も減らさないといけないので、一石二鳥、渡りにふね、棚からぼたもち、とだんだん意味不明になって… 兎に角次の機会を待ってもあてにならぬので今回も少し短めに歩いてみましたが、予想以上に時をつぶしてしまいました。 英彦山ブルー 重たくなったか?筋力が衰えたのか? 小さな岩場を登り急な不安定な場所をロープを頼りに登り着くと南岳への尾根となる、体力を消耗し深い呼吸を繰り返しながら歩いても上宮はいっこうに目の高さには近づかない、スマホを取り出して撮影していると後続の方が「今日は英彦山ブルー」と呟いた、そうか英彦山ブルー!今日のタイトルはこれにして見よう。 何故か身体か軽くなったようだ、あと少しだと言い聞かせ山頂を目指す。

青空がお出迎え

青空がお出迎え

青空がお出迎え

改めて文字を見上げた、18世紀前半に作られた

改めて文字を見上げた、18世紀前半に作られた

改めて文字を見上げた、18世紀前半に作られた

木の影が面白い

木の影が面白い

木の影が面白い

トイレは改装中でしかも仮設は腰掛け便器、どうも男性には面倒くさ

トイレは改装中でしかも仮設は腰掛け便器、どうも男性には面倒くさ

トイレは改装中でしかも仮設は腰掛け便器、どうも男性には面倒くさ

屋根に落ちる影が気になって

屋根に落ちる影が気になって

屋根に落ちる影が気になって

落雪注意、陽はまぶしく空は青い

落雪注意、陽はまぶしく空は青い

落雪注意、陽はまぶしく空は青い

ブルー!

ブルー!

ブルー!

中岳と南岳を見上げる

中岳と南岳を見上げる

中岳と南岳を見上げる

中央に行者尾根

中央に行者尾根

中央に行者尾根

上宮の下に白く氷結した滝が見える

上宮の下に白く氷結した滝が見える

上宮の下に白く氷結した滝が見える

上宮と南岳

上宮と南岳

上宮と南岳

何度もごめんなさい

何度もごめんなさい

何度もごめんなさい

飽きないもの

飽きないもの

飽きないもの

融ける前にたどり着け

融ける前にたどり着け

融ける前にたどり着け

急げや急げ

急げや急げ

急げや急げ

こんな景色に恵まれるとはね

こんな景色に恵まれるとはね

こんな景色に恵まれるとはね

Oh〜間に合った

Oh〜間に合った

Oh〜間に合った

言葉や文字は要らない

言葉や文字は要らない

言葉や文字は要らない

融けかかってます

融けかかってます

融けかかってます

滝に見送られ南岳へ

滝に見送られ南岳へ

滝に見送られ南岳へ

英彦山ブルー!

英彦山ブルー!

英彦山ブルー!

上宮を見上げながら

上宮を見上げながら

上宮を見上げながら

きつい登り

きつい登り

きつい登り

疲れを癒します

疲れを癒します

疲れを癒します

今日ほどこの登りが長く感じたことは…

今日ほどこの登りが長く感じたことは…

今日ほどこの登りが長く感じたことは…

あとちょっとが辛い

あとちょっとが辛い

あとちょっとが辛い

南岳山頂

南岳山頂

南岳山頂

降りは登山道から外れてお遊び

降りは登山道から外れてお遊び

降りは登山道から外れてお遊び

膝まであります。

膝まであります。

膝まであります。

上宮はアップでは紹介しづらい

上宮はアップでは紹介しづらい

上宮はアップでは紹介しづらい

霧氷とツーショット

霧氷とツーショット

霧氷とツーショット

南岳

南岳

南岳

冬の厳しさですか?壁がないから仕方ない

冬の厳しさですか?壁がないから仕方ない

冬の厳しさですか?壁がないから仕方ない

アンダーでようやくくじゅうを捕らえた

アンダーでようやくくじゅうを捕らえた

アンダーでようやくくじゅうを捕らえた

ブナの木と

ブナの木と

ブナの木と

正面道からおります。

正面道からおります。

正面道からおります。

Wの滝も迫力不足

Wの滝も迫力不足

Wの滝も迫力不足

滝の下も氷結せず

滝の下も氷結せず

滝の下も氷結せず

ヤマップの木達

ヤマップの木達

ヤマップの木達

青空とずっと一緒です。

青空とずっと一緒です。

青空とずっと一緒です。

春ウララ

春ウララ

春ウララ

青空がお出迎え

改めて文字を見上げた、18世紀前半に作られた

木の影が面白い

トイレは改装中でしかも仮設は腰掛け便器、どうも男性には面倒くさ

屋根に落ちる影が気になって

落雪注意、陽はまぶしく空は青い

ブルー!

中岳と南岳を見上げる

中央に行者尾根

上宮の下に白く氷結した滝が見える

上宮と南岳

何度もごめんなさい

飽きないもの

融ける前にたどり着け

急げや急げ

こんな景色に恵まれるとはね

Oh〜間に合った

言葉や文字は要らない

融けかかってます

滝に見送られ南岳へ

英彦山ブルー!

上宮を見上げながら

きつい登り

疲れを癒します

今日ほどこの登りが長く感じたことは…

あとちょっとが辛い

南岳山頂

降りは登山道から外れてお遊び

膝まであります。

上宮はアップでは紹介しづらい

霧氷とツーショット

南岳

冬の厳しさですか?壁がないから仕方ない

アンダーでようやくくじゅうを捕らえた

ブナの木と

正面道からおります。

Wの滝も迫力不足

滝の下も氷結せず

ヤマップの木達

青空とずっと一緒です。

春ウララ

類似するルートを通った活動日記