初夏の赤岳 美濃戸から展望荘

2017.07.02(日) 日帰り Yamanashi, Nagano
hiroyuki
hiroyuki

梅雨の中休みを期待して、八ケ岳登山を計画。 阿弥陀から赤岳、横岳をぐるっと周回する予定で、8時前に美濃戸を出発。下はまずまずの天気で、日のさす時間もあり、期待が膨らむが、行者小屋に着くとガスで山頂の展望はまったくなし。 下山して来た人の話では、上は視界がなく、ものすごい強風で怖かったとのこと。阿弥陀をあきらめ、地蔵尾根から山頂を目指すことにした。 話のとおり、尾根上はすごい風、ガスで視界もないので、今日は山頂もあきらめ、展望荘に泊まることにした。 日曜日の上にこの天気、宿泊客は6〜7組で、特別に個室に案内された。談話室も貸し切り状態、名物のごえもん風呂にもゆっくり入れ、山小屋はなかなか快適だった。

八ケ岳山荘には午前1時頃到着、ここで朝まで仮眠
1/32

八ケ岳山荘には午前1時頃到着、ここで朝まで仮眠

八ケ岳山荘には午前1時頃到着、ここで朝まで仮眠

行きは南沢を選択、ここから森の中に入って行きます。
2/32 2017.07.02(日) 07:44

行きは南沢を選択、ここから森の中に入って行きます。

行きは南沢を選択、ここから森の中に入って行きます。

八ケ岳らしい、苔の美しい場所が続きます
3/32 2017.07.02(日) 07:50

八ケ岳らしい、苔の美しい場所が続きます

八ケ岳らしい、苔の美しい場所が続きます

4/32 2017.07.02(日) 07:51
思っていたよりも登りが続きました
5/32 2017.07.02(日) 08:11

思っていたよりも登りが続きました

思っていたよりも登りが続きました

6/32 2017.07.02(日) 08:33
7/32 2017.07.02(日) 08:38
8/32 2017.07.02(日) 09:03
南沢、翌日下った北沢に比べ小さな沢で、このコースはほとんど森の中です
9/32 2017.07.02(日) 09:06

南沢、翌日下った北沢に比べ小さな沢で、このコースはほとんど森の中です

南沢、翌日下った北沢に比べ小さな沢で、このコースはほとんど森の中です

10/32 2017.07.02(日) 09:13
青空も見えはじめました
11/32 2017.07.02(日) 09:24

青空も見えはじめました

青空も見えはじめました

日も差して来て、期待が膨らみます
12/32 2017.07.02(日) 09:25

日も差して来て、期待が膨らみます

日も差して来て、期待が膨らみます

花もたくさん咲いています
13/32 2017.07.02(日) 09:39

花もたくさん咲いています

花もたくさん咲いています

14/32 2017.07.02(日) 09:44
15/32 2017.07.02(日) 09:48
16/32 2017.07.02(日) 10:28
美しい森の中を歩きます
17/32 2017.07.02(日) 09:50

美しい森の中を歩きます

美しい森の中を歩きます

苔が神秘的です
18/32 2017.07.02(日) 09:55

苔が神秘的です

苔が神秘的です

コースタイムより大幅に遅れて、行者小屋に到着
19/32

コースタイムより大幅に遅れて、行者小屋に到着

コースタイムより大幅に遅れて、行者小屋に到着

イワカガミが沢山咲いていました。関西の低山よりも2カ月遅れです
20/32 2017.07.02(日) 11:30

イワカガミが沢山咲いていました。関西の低山よりも2カ月遅れです

イワカガミが沢山咲いていました。関西の低山よりも2カ月遅れです

ここから、急なハシゴが何箇所か続きます
21/32

ここから、急なハシゴが何箇所か続きます

ここから、急なハシゴが何箇所か続きます

クサリ場もあります
22/32

クサリ場もあります

クサリ場もあります

最後のハシゴ
23/32

最後のハシゴ

最後のハシゴ

少し危険なクサリ場が終えるとお地蔵さんが待っていました。
24/32

少し危険なクサリ場が終えるとお地蔵さんが待っていました。

少し危険なクサリ場が終えるとお地蔵さんが待っていました。

稜線にもお地蔵さんが
25/32

稜線にもお地蔵さんが

稜線にもお地蔵さんが

26/32 2017.07.02(日) 12:15
展望荘に到着
27/32

展望荘に到着

展望荘に到着

28/32
29/32
貸し切り状態の談話室
30/32

貸し切り状態の談話室

貸し切り状態の談話室

31/32
32/32

八ケ岳山荘には午前1時頃到着、ここで朝まで仮眠

行きは南沢を選択、ここから森の中に入って行きます。

八ケ岳らしい、苔の美しい場所が続きます

思っていたよりも登りが続きました

南沢、翌日下った北沢に比べ小さな沢で、このコースはほとんど森の中です

青空も見えはじめました

日も差して来て、期待が膨らみます

花もたくさん咲いています

美しい森の中を歩きます

苔が神秘的です

コースタイムより大幅に遅れて、行者小屋に到着

イワカガミが沢山咲いていました。関西の低山よりも2カ月遅れです

ここから、急なハシゴが何箇所か続きます

クサリ場もあります

最後のハシゴ

少し危険なクサリ場が終えるとお地蔵さんが待っていました。

稜線にもお地蔵さんが

展望荘に到着

貸し切り状態の談話室