錫ケ岳

2015.06.10(水) 08:01 - 2015.06.10(水) 16:40
丸沼高原スキー場のゴンドラに乗っていざ出陣。 気持ちも肉体も若かりしころ、スキーにのめり込んでいたあのころが思い出される。丸沼の雪質は非常にいいので気にいったゲレンデのひとつでした。 20名以上だと団体割引きくようで、あと5人探そうとしたけど無駄なことが分かった。往復買う人だけでした。 梅雨入り間近で心配だった天候も素晴らしい青空で向かい入れてくれたゴンドラからは燧ケ岳、至仏山、武尊山がきっちり見渡せる。 ゴンドラを降りたら見頃なシラネアオイが歓迎してくれた。 リフトコース下を歩いて降るので、係員がうさん臭そうに見ている中を、シカ避けネットを潜り抜けリフト下を一直線に逃げるように姿を隠す。 作業車両道路らしきルートをまだ元気なのでサクサク歩くと大広河原。 ここからは沢をひたすら上流へ、渡渉も何度かおこなって、砂防堰を確か7つ越えると錫ノ水場分岐に到着。錫ノ水場方面へ進路を左手側に沢を登ると、『もうこの辺で沢から藪ルートへ行かないと無理ですよ』ってところから、藪漕ぎ開始!。 落ちたら50m行っちゃいますって60°はあろうは崩れた登山道はやっぱり真剣モード。 下山もあるし、ロープをかけて安全確保といたしました。 冷や汗、本当の疲れた汗を拭い、笹で隠れた木の根に注意の藪漕ぎルートを進むと疲れも吹き飛ぶ尾根にたどり着く。 角度が異なるのでいつもと違う白根山が手の先にそびえている。中禅寺湖、燧ケ岳、雪渓を残した至仏山、真っ青な空にくっきり見えている。 急登を頑張って登り切ると錫ケ岳山頂。 男体山と中禅寺湖を眺めながらの昼食は贅沢な10品付きランチ以上の味わい。 さあ下り、隠れ根っこに気をつけて慎重かつスピーディーに来た道を下山。藪漕ぎ、崩れ道、沢を結構きいている脚に鞭打って丸沼高原ゲレンデにたどり着く。ここから降りてきたリフトコースを登ってゴンドラで帰るなんて気力はないので、ゲレンデをひたすらゴンドラ下まで歩く歩く歩く。 こんなにゲレンデって長かったっけェ。スキーなら...。 お疲れ様でした。

写真

ゴンドラから至仏山

ゴンドラから至仏山

ゴンドラ頂上から白根山

ゴンドラ頂上から白根山

シラネアオイ 花壇っぽい ゴンドラ客ようか?

シラネアオイ 花壇っぽい ゴンドラ客ようか?

リフトコースを降る

リフトコースを降る

作業道をひたすら降る

作業道をひたすら降る

いよいよ沢沿いをアップアップ

いよいよ沢沿いをアップアップ

沢歩き

沢歩き

何度か渡渉

何度か渡渉

渡渉

渡渉

晴天に映える緑が目に優しい

晴天に映える緑が目に優しい

沢、緑、抜けるような青空

沢、緑、抜けるような青空

危ないっす

危ないっす

尾瀬方向

尾瀬方向

錫カ岳を望む

錫カ岳を望む

錫カ岳

錫カ岳

尾根から

尾根から

藪漕ぎ

藪漕ぎ

あれっ、錫ケ岳山頂登頂

あれっ、錫ケ岳山頂登頂

贅沢なランチ

贅沢なランチ

いつもと違うアングルの白根山

いつもと違うアングルの白根山

冷や汗、ロープ張って安心

冷や汗、ロープ張って安心

この堰から発電所に水を送ってる

この堰から発電所に水を送ってる

青空に浮かぶパラボラアンテナのような木 摩訶不思議な景色

青空に浮かぶパラボラアンテナのような木 摩訶不思議な景色

白根山

白根山

長い長いゲレンデを降って、ゴール

長い長いゲレンデを降って、ゴール

ゴンドラ乗り場 いざ出陣

ゴンドラ乗り場 いざ出陣

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。