庚申草 (コウシンソウ)レッドデータブック指定

2015.06.11(木) 07:28 - 2015.06.11(木) 15:32
庚申草と庚申コザクラを求めて、の山行でした。 一の鳥居で休憩していたら、車が2 台登って来て10人くらいのグループが? 途中でお聞きしたら、庚申山荘の整備の方々でした、色々な荷物を持ってお疲れ様でした 山頂手前の岩場にはすでにカメラマンが1人、庚申草、コザクラ群生して咲いていました 山頂は展望が良くないので、少し先に進むと、皇海山が目前にみえる場所にでます、ここで 地図を広げ、お昼ごはんです 下山は御山廻りでもう一つの庚申草の群生する岩場に廻ります。 こちらにも期待以上の群生が見られました。 雲っていた天気も、帰る頃には明るくなり カジカ荘でひとりじめの露天風呂で手足を伸ばし、帰路につきました。 庚申山は滝沢馬琴の南総里見八犬伝の舞台にもなった場所です。

写真

落石注意の看板がいたるところに

落石注意の看板がいたるところに

同じ大きさの石が?こんなに投げた天狗は肩を壊したのでは…

同じ大きさの石が?こんなに投げた天狗は肩を壊したのでは…

一の鳥居まで、一時間

一の鳥居まで、一時間

百丁目の道標  文久三年の建立

百丁目の道標 文久三年の建立

クワガタソウ

クワガタソウ

鏡岩

鏡岩

百六丁目

百六丁目

夫婦蛙岩

夫婦蛙岩

銀蘭

銀蘭

ヤマツツジが残っていた

ヤマツツジが残っていた

庚申山荘  背後に庚申山の岩壁

庚申山荘 背後に庚申山の岩壁

山荘の内部

山荘の内部

山荘内部2  猿田彦神社がお祀りしてある

山荘内部2 猿田彦神社がお祀りしてある

クリンソウ

クリンソウ

ウツギ

ウツギ

庚申コザクラ

庚申コザクラ

庚申コザクラの咲く岩場

庚申コザクラの咲く岩場

岩肌にビッシリの庚申コザクラと大文字草

岩肌にビッシリの庚申コザクラと大文字草

庚申コザクラ

庚申コザクラ

一の門

一の門

山頂 樹林にかこまれ展望は良くない、そこから百メートルほどすすむと展望台があり、皇海山の眺めが良い

山頂 樹林にかこまれ展望は良くない、そこから百メートルほどすすむと展望台があり、皇海山の眺めが良い

皇海山(すかいさん)宇都宮からは西にスクッとピラミダルな美しい姿です庚申山からの皇海山縦走…タフなコース

皇海山(すかいさん)宇都宮からは西にスクッとピラミダルな美しい姿です庚申山からの皇海山縦走…タフなコース

シゲト山、黒檜岳か

シゲト山、黒檜岳か

ハンショウズル

ハンショウズル

トリガタハンショウズルでしょうか?

トリガタハンショウズルでしょうか?

一の門にもどってきた。ここから奇岩怪石を巡る御山廻り

一の門にもどってきた。ここから奇岩怪石を巡る御山廻り

御山廻り分岐点

御山廻り分岐点

オダマキ

オダマキ

連続する梯子と鎖

連続する梯子と鎖

岩肌に庚申コザクラ

岩肌に庚申コザクラ

小胎内を潜る

小胎内を潜る

ハタザオ

ハタザオ

赤い大文字草

赤い大文字草

めがね岩

めがね岩

この場所のミヤマハンショウズルは終っていました

この場所のミヤマハンショウズルは終っていました

鬼のみみ擦り(ひげすりとも言われる)

鬼のみみ擦り(ひげすりとも言われる)

本社見晴らし?

本社見晴らし?

巨大な岩肌、屏風岩?

巨大な岩肌、屏風岩?

変わった形状の岩  カメ石?ツル石?

変わった形状の岩 カメ石?ツル石?

庚申草   絶滅危惧種Ⅱ食虫植物です。庚申山、袈裟丸山、男体山、女峰山にしか植生していない。垂直な岩場に生えている。

庚申草 絶滅危惧種Ⅱ食虫植物です。庚申山、袈裟丸山、男体山、女峰山にしか植生していない。垂直な岩場に生えている。

もう一つの庚申草の群生する岩場

もう一つの庚申草の群生する岩場

庚申草の生息地は霧が立ち込めているような場所

庚申草の生息地は霧が立ち込めているような場所

笹尾根を下る

笹尾根を下る

庚申山入口の碑

庚申山入口の碑

銀山平までの、約一時間の帰り道

銀山平までの、約一時間の帰り道

途中まで電動マウンテンバイクがデポしてありました。いいなぁ

途中まで電動マウンテンバイクがデポしてありました。いいなぁ

鉱物マニアの人と出会った 水晶を探しているとのことこのひとは自分の事をアンポンタンといってました

鉱物マニアの人と出会った 水晶を探しているとのことこのひとは自分の事をアンポンタンといってました

ゲート付近の路上にいて、ガードレールを飛び越えて見ています。可愛い袋角が出てきています。

ゲート付近の路上にいて、ガードレールを飛び越えて見ています。可愛い袋角が出てきています。

巨大な庚申山の石碑慶応元年に建立され、平成9年からこの地に。高さ4.1m   幅1.7m   厚さ 0.7mもあり、庚申山信仰の隆盛が伺える

巨大な庚申山の石碑慶応元年に建立され、平成9年からこの地に。高さ4.1m 幅1.7m 厚さ 0.7mもあり、庚申山信仰の隆盛が伺える

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。