美ヶ原高原

2021.02.14(日) 日帰り
河原崎幸成
河原崎幸成

活動データ

タイム

02:30

距離

8.2km

上り

193m

下り

198m

活動詳細

もっと見る

冬の美ヶ原で絶景の雪原散歩。 夏は牧場の中をのほほんと散歩する雰囲気だったが、 冬は一変して広大な雪原となっており別世界だった。 前日は松本市に住む会社の同期、 ちゅみポロン(以下ちゅみ)の家に泊めてもらっていた。 長めの角刈りから短めの角刈りっぽく散髪しに 行くとのことだったので、朝は一人お留守番。 晴れの日曜日、せっかくならどこか歩きたいと思い、 美ヶ原や霧ヶ峰くらいなら行けるのでは?と考えた。 最近の美ヶ原のレポートを読み漁ってみると 雪はかなり圧雪されており特別な道具は不要な様子。 道はおおむね平坦であるため初心者でも歩けると 判断して美ヶ原を提案してみたところ、 ちゅみからは二つ返事でOKの回答。 山本小屋にカーナビをセットして10:30頃に出発。 一部道路の冬季通行止めの影響もあり、178号線から ビーナスラインに合流して美ヶ原に向かった。 路面の雪は大体融けており路面凍結箇所は無かった。 (実際は山本小屋手前の駐車場に停めてから登山開始) 山本小屋からひょこっと上に上がると、 早速広大な雪原が広がっていた。 ここ数日の天気が良すぎたため 雪が融けている箇所もちらほら見られたが、 個人的には一面銀世界になっていて欲しかった。 そのおかげで苦労せずに登山口まで来られたので、 そこは一長一短ではある。 美ヶ原からは360°の眺望が広がっていた。 南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、御嶽山、 乗鞍岳、北アルプス、妙高山、浅間山などなど… ありとあらゆる名山を眺めることができた。 特に北アルプスが壁のようにずらーっと 聳えていたのが印象的だった。 序盤からチェックポイントの美しの塔が見え、 ゴールの王ヶ頭ホテルも見えている。 ずっと見えている分、なかなか近づかなくて 意外と遠いな...と感じた。 王ヶ頭ホテルに到着したとき、もう少し進めば 北アルプス方面の眺望が良くなりそうな気がした。 ちゅみにもう少し先に行ってもよいか聞いてみたら 王ヶ頭ホテルで紅茶を飲んで待つとのことだったので 一人で王ヶ鼻まで行くことにした。 王ヶ鼻まではそこそこ距離があった。 地図通りに進んでいたが、山頂マークの場所が 間違っているらしくアンテナ塔の下に行き着いた。 その後看板通りに進んだら王ヶ鼻についた。 王ヶ鼻からは予想通り北アルプスがばっちり見えた。 日本百名山の1/3近い山が見えるらしい。 美ヶ原に来たら王ヶ鼻まで来た方がいいなと思った。 下山は来た道をそのまま戻り駐車場へ向かった。 普段の登山では道が狭かったりして 横並びで会話をしながら歩くことはないが、 美ヶ原では最初から最後まで 話しながら歩くことができた。 絶景も見られて、夏に比べて人も少ないので 比較的静かに会話をしながら楽しむことができた。 下山後はちゅみオススメのカレーバイキングへ。 いろんなカレーを楽しめたのは新鮮だった。 最後はいつも通りウイイレをした。 今回は2勝1敗1分けと勝ち越すことができた。 別れはいつも名残惜しい気持ちになるが、 また次回会える日を楽しみにして帰路についた。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす