翁倉山

2021.02.13(土) 日帰り
yu
yu

活動データ

タイム

04:49

距離

7.4km

上り

644m

下り

644m

活動詳細

もっと見る

美しい海側を眺めたくて、本日は翁倉山へ来ました。ちょっと遅い時間からの登山になり2人きりの山登りかなぁと思っていましたが、途中でお一人の方とスライドして、なんと山頂では、仙台からいらしたおじさま2人と一緒になり、ホッとしました。 最高の眺めと山を満喫… と、思っていましたが 昨夜の地震は、驚きました。 今のご時世に重ね、10年前を思い出す地震。 自然のこととは言え、なんとも言えない出来事です。早く明るい日々が続くことを願います。

翁倉山 今日のお山は、翁倉山。
この林道を少し進みます。
今日のお山は、翁倉山。 この林道を少し進みます。
翁倉山 林道沿いに流れる小川。
林道沿いに流れる小川。
翁倉山 小川と反対は、こんな急斜面。
小川と反対は、こんな急斜面。
翁倉山 車も人も入っちゃダメなんだ
車も人も入っちゃダメなんだ
翁倉山 ゴツゴツ岩がたくさん
ゴツゴツ岩がたくさん
翁倉山 そして、モフモフのコケ
そして、モフモフのコケ
翁倉山 治山ダム。治山の森みたい
治山ダム。治山の森みたい
翁倉山 砂防ダム
砂防ダム
翁倉山 そうだよね
ごもっとも
そうだよね ごもっとも
翁倉山 登山口に到着
時計回り?反時計回り?
今日は、左の道。時計回りでGO
登山口に到着 時計回り?反時計回り? 今日は、左の道。時計回りでGO
翁倉山 登山口すぐに現れる急登
ロープあり
登山口すぐに現れる急登 ロープあり
翁倉山 でも、登り切るとすぐになだらかな登山道が現れる
でも、登り切るとすぐになだらかな登山道が現れる
翁倉山 見上げるとステキな青空
見上げるとステキな青空
翁倉山 目指す翁倉山は、あそこかなぁ
目指す翁倉山は、あそこかなぁ
翁倉山 何十年もここにいた巨木
力尽きて倒れちゃった
おやすみなさい
何十年もここにいた巨木 力尽きて倒れちゃった おやすみなさい
翁倉山 至る所に手作り看板がある
感謝感謝
至る所に手作り看板がある 感謝感謝
翁倉山 途中には、道幅の狭い登山道
途中には、道幅の狭い登山道
翁倉山 ひたすら登るとまた標識
もうすぐかなぁ
ひたすら登るとまた標識 もうすぐかなぁ
翁倉山 この先が目的地
期待を込めてテクテク
この先が目的地 期待を込めてテクテク
翁倉山 おっ、ここに春が
早く会いたいなぁ
おっ、ここに春が 早く会いたいなぁ
翁倉山 なんと雪
さっきの急登を上り切ったけどまだ山頂じゃなかった
この先にもう一つ急登が待ってるなんて想像もしなかった
なんと雪 さっきの急登を上り切ったけどまだ山頂じゃなかった この先にもう一つ急登が待ってるなんて想像もしなかった
翁倉山 やっと着いた
やっと着いた
翁倉山 今日は、ここにうさこちゃん
海が見えるこの場所でステキな人と巡り会ってね
今日は、ここにうさこちゃん 海が見えるこの場所でステキな人と巡り会ってね
翁倉山 海が見える
海が見える
翁倉山 登米側からは、登れないって、宮城の山の本には書いてあったけど、令和元年からは登れるようになったのかなぁ
登米側からは、登れないって、宮城の山の本には書いてあったけど、令和元年からは登れるようになったのかなぁ
翁倉山 祠の上でリスがご飯を食べたのかしら
祠の上でリスがご飯を食べたのかしら
翁倉山 使い方違うけど、やってみたかった具なしラーメン
使い方違うけど、やってみたかった具なしラーメン
翁倉山 山頂を下ってこの標識を見落として、直進しそうな場所。ここ気をつけて
山頂を下ってこの標識を見落として、直進しそうな場所。ここ気をつけて
翁倉山 チョットカヤをかき分け歩くところ
チョットカヤをかき分け歩くところ
翁倉山 青空に向かってグングン
青空に向かってグングン
翁倉山 時計回りで回ってきたので右側から、無事下山
時計回りで回ってきたので右側から、無事下山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。