長者森

2021.02.09(火) 日帰り
松田
松田

3日前は、土坂峠から妙沢山の905mまで登りました。その南の山、長者森1009.6mです。 長者とは吉里吉里善兵衛さんのこととか。 (Wikipediaより引用) 前川善兵衛 前川 善兵衛(まえかわ ぜんべえ)は、江戸時代、吉里吉里を根拠地にした商人、網元である。長く盛岡藩の御用商人を勤めた。屋号は東屋孫八、通称は吉里吉里善兵衛(きりきり ぜんべえ)。 (引用ここまで) 青空ですが強風でした。コース上は風が当たらないところもあって、なんとか山頂まで行けました。 氷点下だったのでスノーシューがあまり沈まず、楽しんできました。テープ伝いに進みましたが、数箇所見つけにくいところがありました。

3日前と同じ場所にまた来ました。

3日前と同じ場所にまた来ました。

3日前と同じ場所にまた来ました。

途中撤退の妙沢山は、ここから入りました。
県道を挟んで反対側に登ります。

途中撤退の妙沢山は、ここから入りました。 県道を挟んで反対側に登ります。

途中撤退の妙沢山は、ここから入りました。 県道を挟んで反対側に登ります。

車を停めた場所の後ろに入ります。

車を停めた場所の後ろに入ります。

車を停めた場所の後ろに入ります。

微かにトレースが残っていました。

微かにトレースが残っていました。

微かにトレースが残っていました。

真っ直ぐから右へ。

真っ直ぐから右へ。

真っ直ぐから右へ。

倒木の先です。

倒木の先です。

倒木の先です。

ここは強風に晒されないのでホッとします。

ここは強風に晒されないのでホッとします。

ここは強風に晒されないのでホッとします。

尾根に出ます。手前は雪庇です。

尾根に出ます。手前は雪庇です。

尾根に出ます。手前は雪庇です。

振り返ると妙沢山です。

振り返ると妙沢山です。

振り返ると妙沢山です。

左は雪庇なので右寄りに進みます。

左は雪庇なので右寄りに進みます。

左は雪庇なので右寄りに進みます。

上がっていくかと思いましたが、

上がっていくかと思いましたが、

上がっていくかと思いましたが、

左にトラバースしました。

左にトラバースしました。

左にトラバースしました。

真っ直ぐかと思ったら、

真っ直ぐかと思ったら、

真っ直ぐかと思ったら、

右でした。

右でした。

右でした。

左に進んでいましたが、

左に進んでいましたが、

左に進んでいましたが、

ここは右でした。

ここは右でした。

ここは右でした。

日当たりが良く風の当たらないので土が見えています。ここだけでしたが。

日当たりが良く風の当たらないので土が見えています。ここだけでしたが。

日当たりが良く風の当たらないので土が見えています。ここだけでしたが。

この先かと思いましたが、

この先かと思いましたが、

この先かと思いましたが、

左に進むようです。

左に進むようです。

左に進むようです。

山頂到着です。

山頂到着です。

山頂到着です。

白見山方向に少し進んで引き返します。

白見山方向に少し進んで引き返します。

白見山方向に少し進んで引き返します。

風の当たらない場所で休憩です。

風の当たらない場所で休憩です。

風の当たらない場所で休憩です。

薬師岳が見えました。早池峰山は雲の中です。

薬師岳が見えました。早池峰山は雲の中です。

薬師岳が見えました。早池峰山は雲の中です。

スノーシューのトレースが消えています。

スノーシューのトレースが消えています。

スノーシューのトレースが消えています。

県道到着です。

県道到着です。

県道到着です。

3日前と同じ場所にまた来ました。

途中撤退の妙沢山は、ここから入りました。 県道を挟んで反対側に登ります。

車を停めた場所の後ろに入ります。

微かにトレースが残っていました。

真っ直ぐから右へ。

倒木の先です。

ここは強風に晒されないのでホッとします。

尾根に出ます。手前は雪庇です。

振り返ると妙沢山です。

左は雪庇なので右寄りに進みます。

上がっていくかと思いましたが、

左にトラバースしました。

真っ直ぐかと思ったら、

右でした。

左に進んでいましたが、

ここは右でした。

日当たりが良く風の当たらないので土が見えています。ここだけでしたが。

この先かと思いましたが、

左に進むようです。

山頂到着です。

白見山方向に少し進んで引き返します。

風の当たらない場所で休憩です。

薬師岳が見えました。早池峰山は雲の中です。

スノーシューのトレースが消えています。

県道到着です。

類似するルートを通った活動日記