寺地山、北ノ俣岳 登山

2015.06.07(日) 05:08 - 2015.06.07(日) 15:37
早朝4時集合し飛越トンネル登山口より5時過ぎから準備をし寺地山、北ノ俣岳を目指しました。 寺地山迄の登山道は湿地帯でミズバショウが沢山見られますが道はグチャグチャでした。帰りは雪解け水の関係か?もっと酷くなり水が流れてたり沼の様になってる所も有りました。靴、スパッツは泥だらけになりました。 天気予報は晴れマークでしたが北ノ俣岳の山頂部はガスってましたが時折視界が開ける事も有り8割方の山々の景色を見る事が出来ました。又、山頂のケルンの上にオス雷鳥がいて写真撮影会となりました。帰りにもオス、メスの雷鳥が行く手にいて写真を撮る事も出来ました。 今日は登りの時に下山途中の男女2グループと女性2人の1グループ、また、下山時、寺地山と登山口途中で男性1人、けい7人とすれ違いました。 今回は、男3人での登山でした。

写真

5:12 飛越トンネル横の北ノ俣岳登山口です。これから登山準備です。(登山開始5:30~終了15:30)

5:12 飛越トンネル横の北ノ俣岳登山口です。これから登山準備です。(登山開始5:30~終了15:30)

5:50

5:50

5:45

5:45

6:03 ミズバショウがあちらこちらに咲き誇ってます。

6:03 ミズバショウがあちらこちらに咲き誇ってます。

6:57 朝日が眩しく感じてきました。

6:57 朝日が眩しく感じてきました。

7:00 飛越新道、神岡新道分岐点です。(標準時間通りの様です)

7:00 飛越新道、神岡新道分岐点です。(標準時間通りの様です)

7:14

7:14

8:01 寺地山手前には残雪が有りましたが今年は少ない様です。

8:01 寺地山手前には残雪が有りましたが今年は少ない様です。

8:04 寺地山山頂到着 樹林帯の中で展望なしです。

8:04 寺地山山頂到着 樹林帯の中で展望なしです。

8:04 寺地山山頂 ここまで展望が良いと言える所は殆どなしです。

8:04 寺地山山頂 ここまで展望が良いと言える所は殆どなしです。

8:05 寺地山山頂から1分で展望が開けます。

8:05 寺地山山頂から1分で展望が開けます。

8:57 あ~ぁ、北ノ俣岳上部がガスってる~

8:57 あ~ぁ、北ノ俣岳上部がガスってる~

9:04 木道です。木道は傾いてたり所々破損部分も!雪の重みで傾くのでは?

9:04 木道です。木道は傾いてたり所々破損部分も!雪の重みで傾くのでは?

池塘が点在してます。(振り返って撮ったのですが寺地山はガスって見えません)

池塘が点在してます。(振り返って撮ったのですが寺地山はガスって見えません)

10:37

10:37

10:37 太郎衛平、北ノ俣岳の分岐点、丁度ガスが消えました。

10:37 太郎衛平、北ノ俣岳の分岐点、丁度ガスが消えました。

10:47 北ノ俣岳山頂到着! ガスってるし風も!見晴らしの良い風の当たらない所で食事しながら晴れるのを待つ事に。

10:47 北ノ俣岳山頂到着! ガスってるし風も!見晴らしの良い風の当たらない所で食事しながら晴れるのを待つ事に。

10:54

10:54

10:54何度もガスったり晴れたり!晴れ間の写真(水晶岳、雲の平が良く見えました。)

10:54何度もガスったり晴れたり!晴れ間の写真(水晶岳、雲の平が良く見えました。)

11:07

11:07

11:37 ガスが晴れるのを待ちながら食事をゆっくりしてたらケルンの上に雷鳥が・・・ケルンから2m程離れて周りを1周しながら写真撮影!逃げずに居てくれました。

11:37 ガスが晴れるのを待ちながら食事をゆっくりしてたらケルンの上に雷鳥が・・・ケルンから2m程離れて周りを1周しながら写真撮影!逃げずに居てくれました。

11:48

11:48

11:48 

11:48 

12:26 池塘と寺地山(登りの時はガスってて見えませんでした。)

12:26 池塘と寺地山(登りの時はガスってて見えませんでした。)

12:30

12:30

12:35 北ノ俣避難小屋です。

12:35 北ノ俣避難小屋です。

12:36 内部を確認

12:36 内部を確認

12:48

12:48

13:22

13:22

15:09

15:09

15:09

15:09

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。