越前岳で失敗

2021.02.07(日) 日帰り
トロ丼
トロ丼

活動データ

タイム

04:42

距離

4.8km

上り

586m

下り

586m

活動詳細

もっと見る

静岡県愛鷹山塊の最高地点、越前岳。振り返れば富士山が見える登山道を、友人二人と登りに行った。 標高1500mとなると雪が心配だが、数日小春日和だし、同程度の標高の山に登った時なんともなかったので、いけるかな?と思い決行した。 結果、撤退した。景色は良かったが危険が大きかったので、撤退した。 十里木駐車場から展望台~その上のベンチがあるところまでは階段と緩やかな登りがメインだが、そこから先がヤバい。かなりの急登かつ1300m前後から溶けかかった雪がわだちに溜まって再度凍っている。アイスバーンだ。これが非常に滑る。人が歩かないところは木の根が張っており氷も少ないが、狭くて途切れ途切れのため、ずっとは歩けない。 結局、標高1400mを越えたあたりで撤退宣言を出して下ってきた。おそらく頂上まで距離にして3~400mの地点だろう。下り道、自分はチェーンスパイクを持っていたので履いてみたが、なんとか滑らず下りられた。しかし素の靴だと確実に滑る。この間、頂上から下りてくる人とたくさんすれ違ったが、アイゼンはおろかスパイクもつけていない人がチラホラ。どうやって下ってきたんだろう・・・。 標高1300m手前あたりから既に氷がチラホラしていたし、道はホントに急だった。さらに友人二人はスパイク類を持っていなかったこともあり、もう少し早く撤退宣言を出すべきだったと反省。時間は昼頃だったので、ベンチまで下りてきてカップ麺を食べて帰ってきた。気象条件、立地、道の難易度など、つくづくもっといろいろ調べて考慮しなければと思い知った1日だった。 景色はとても良かっただけに残念だが、温かくなったらまた来よう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。