涼を求めて、初谷川から「妙見山」(^_^)v

2015.06.07(日) 07:54 - 2015.06.07(日) 13:09

写真

能勢電鉄の妙見口駅からスタートです。駅を出て、ケーブル乗り場方面とは反対に右に。

能勢電鉄の妙見口駅からスタートです。駅を出て、ケーブル乗り場方面とは反対に右に。

少し進むと、広い道に出ます。ここは真っ直ぐ。妙見山方面へ。

少し進むと、広い道に出ます。ここは真っ直ぐ。妙見山方面へ。

田植えされたばかりの田んぼに、オジャマタクシとイモリ(^-^)

田植えされたばかりの田んぼに、オジャマタクシとイモリ(^-^)

里山〜な道を進み、

里山〜な道を進み、

この分岐を左。今日は「初谷コース」で登ります。

この分岐を左。今日は「初谷コース」で登ります。

いよいよ山道。緊急通報ポイント"初谷1番"です。

いよいよ山道。緊急通報ポイント"初谷1番"です。

初谷川で見られるおもな野鳥。

初谷川で見られるおもな野鳥。

凄い!!!!。初めて野生の「オオルリ」に接近遭遇♪。スマホではこれが限界でしたが、白い腹と黒い顔。何と言っても青い体!!。間違いようのないオオルリ(≧∇≦)

凄い!!!!。初めて野生の「オオルリ」に接近遭遇♪。スマホではこれが限界でしたが、白い腹と黒い顔。何と言っても青い体!!。間違いようのないオオルリ(≧∇≦)

堰堤上の河原におりてみました。山の中にしては良い河原。

堰堤上の河原におりてみました。山の中にしては良い河原。

どう見ても人工的に掘られた穴。入ってみる^_^;。。。なんて絶対無理‼︎

どう見ても人工的に掘られた穴。入ってみる^_^;。。。なんて絶対無理‼︎

タテハ科の"テングチョウ"が、大乱舞(≧∇≦)しては、地面にとまる。

タテハ科の"テングチョウ"が、大乱舞(≧∇≦)しては、地面にとまる。

大きな堰堤を越えて、

大きな堰堤を越えて、

妙見山地区に入って行きます。

妙見山地区に入って行きます。

全く問題なく越えれますが、土砂が道を塞いでます(^_^)。登山道は上側です。右は河原におりる道。

全く問題なく越えれますが、土砂が道を塞いでます(^_^)。登山道は上側です。右は河原におりる道。

ぱっと見は苔じゃないように見えますが"ツボゴケ"ですよね。小さな葉っぱが可愛い♪

ぱっと見は苔じゃないように見えますが"ツボゴケ"ですよね。小さな葉っぱが可愛い♪

待ってました!!。沢渡りの始まり始まり〜(^o^)

待ってました!!。沢渡りの始まり始まり〜(^o^)

で、沢沿いを進み、

で、沢沿いを進み、

倒木を越えて、

倒木を越えて、

陽当たりの良い河原には"ウツギ"が満開!

陽当たりの良い河原には"ウツギ"が満開!

沢と"マムシグサ"

沢と"マムシグサ"

濡れた岩は滑りやすいから気を付けて(^-^)/

濡れた岩は滑りやすいから気を付けて(^-^)/

で、沢を渡り。

で、沢を渡り。

すぐにまた沢を渡り(≧∇≦)

すぐにまた沢を渡り(≧∇≦)

くだって、渡って、登って、

くだって、渡って、登って、

また渡って。

また渡って。

濡れた岩はツルツルピカピカ(≧∇≦)

濡れた岩はツルツルピカピカ(≧∇≦)

ここも沢から流れて来た小岩でガレてて左に開けてるので、そちらに行きそうになるけど、真っ直ぐね(^_^)v

ここも沢から流れて来た小岩でガレてて左に開けてるので、そちらに行きそうになるけど、真っ直ぐね(^_^)v

初谷19番。この辺りから初谷川は流れが細くなり、登りが少しづつ急に。

初谷19番。この辺りから初谷川は流れが細くなり、登りが少しづつ急に。

小さな脇沢をまたぎ、

小さな脇沢をまたぎ、

ここは、沢登りの雰囲気で楽しい♪

ここは、沢登りの雰囲気で楽しい♪

杉木立の細い道を進むと、

杉木立の細い道を進むと、

上にガードレールが見えて来ました。

上にガードレールが見えて来ました。

アスファルトの道に出ました「出会」です。ここを左に。

アスファルトの道に出ました「出会」です。ここを左に。

しばらくアスファルトを進み。

しばらくアスファルトを進み。

ここを左に、妙見山への山道に入ります。

ここを左に、妙見山への山道に入ります。

なかなかの急登ですよ〜。

なかなかの急登ですよ〜。

またアスファルト。真っ直ぐ渡って山道へ。

またアスファルト。真っ直ぐ渡って山道へ。

そこの正面に、真っ直ぐ木の根道が見えるので進んだら、

そこの正面に、真っ直ぐ木の根道が見えるので進んだら、

鳥居の脇に出ました(^^;;

鳥居の脇に出ました(^^;;

左の、少し緩めの道が本道だったみたいですね。そちらから見たら鳥居が正面です(^_^)

左の、少し緩めの道が本道だったみたいですね。そちらから見たら鳥居が正面です(^_^)

登って、上の道に出たら右に。

登って、上の道に出たら右に。

いよいよ、妙見山の境内に。

いよいよ、妙見山の境内に。

現在地はココで、左に行けば本堂ですね。

現在地はココで、左に行けば本堂ですね。

参道の雰囲気のある旅館。泊まれるのかな(≧∇≦)

参道の雰囲気のある旅館。泊まれるのかな(≧∇≦)

本堂です。

本堂です。

ザックを降ろして、帽子を取って、お参り。

ザックを降ろして、帽子を取って、お参り。

面白いおみくじ♪

面白いおみくじ♪

いっぱい並んでますね(^o^)。こりゃ試してみなきゃ、ってところですが試しません(^^;

いっぱい並んでますね(^o^)。こりゃ試してみなきゃ、ってところですが試しません(^^;

モダンな建築の信徒会館、"星嶺"です。

モダンな建築の信徒会館、"星嶺"です。

横の展望台からの絶景。遠く大阪湾まで見えてます!!

横の展望台からの絶景。遠く大阪湾まで見えてます!!

星嶺の向こう側をくだって左に。振り返ると道標。

星嶺の向こう側をくだって左に。振り返ると道標。

凄く丁寧な道案内を辿ると、

凄く丁寧な道案内を辿ると、

妙見山の三角点(660m)に到着!!*\(^o^)/*

妙見山の三角点(660m)に到着!!*\(^o^)/*

参道まで戻って左にくだると、神馬が4頭。一番カッコ良かったこの馬をパシャリ(^o^)。妙見山には神馬が8頭祀られているそうです。

参道まで戻って左にくだると、神馬が4頭。一番カッコ良かったこの馬をパシャリ(^o^)。妙見山には神馬が8頭祀られているそうです。

お土産物屋さんに"亥の子餅"。お腹が空き過ぎてて、甘い物の気持ちになれなかったので、これもスルー(^^;;。。そういえば至る所でテングチヨウが乱舞してましたが、このあたりも多かったですね。

お土産物屋さんに"亥の子餅"。お腹が空き過ぎてて、甘い物の気持ちになれなかったので、これもスルー(^^;;。。そういえば至る所でテングチヨウが乱舞してましたが、このあたりも多かったですね。

駐車場に向かいます。でも車を停めてる訳じゃ無いですよ!。この先にコースがあるんです。

駐車場に向かいます。でも車を停めてる訳じゃ無いですよ!。この先にコースがあるんです。

けど、あまりにお腹が空いたので駐車場脇の木陰の縁石でお昼ご飯♪

けど、あまりにお腹が空いたので駐車場脇の木陰の縁石でお昼ご飯♪

ねっ、目の前は駐車場^_^;

ねっ、目の前は駐車場^_^;

お腹も満足したので、スタート(^-^)/

お腹も満足したので、スタート(^-^)/

杉木立をくだって、

杉木立をくだって、

ヤマボウシが綺麗に咲いてました。

ヤマボウシが綺麗に咲いてました。

不思議な道標。実は3個目。前の2個は"赤松林(行き止まり)"でした。自然観察林な感じですねぇ(^o^)

不思議な道標。実は3個目。前の2個は"赤松林(行き止まり)"でした。自然観察林な感じですねぇ(^o^)

そうそう、さっきから"山には似付かわない位の楽しげな酔っ払った感じの大勢の大きな声"が聞こえてたんですが、そういえば谷の向こうには"妙見の森バーベキューテラス"がありましたね(≧∇≦)

そうそう、さっきから"山には似付かわない位の楽しげな酔っ払った感じの大勢の大きな声"が聞こえてたんですが、そういえば谷の向こうには"妙見の森バーベキューテラス"がありましたね(≧∇≦)

ほぼ平坦な尾根道を進むと、

ほぼ平坦な尾根道を進むと、

絶景ポイント。ベンチもあるので、景色を見ながらボヘラ〜ッとしばらく休憩。

絶景ポイント。ベンチもあるので、景色を見ながらボヘラ〜ッとしばらく休憩。

"八丁茶屋跡"です。上杉尾根の7番ですね。

"八丁茶屋跡"です。上杉尾根の7番ですね。

結構くだります。

結構くだります。

上杉尾根6番。下の村が見えますね。右はケーブル乗り場あたりかな。

上杉尾根6番。下の村が見えますね。右はケーブル乗り場あたりかな。

木を運ぶロープウェイをくぐります。

木を運ぶロープウェイをくぐります。

今度は切り通し。くだるくだる。

今度は切り通し。くだるくだる。

祠に、白目が金色でちょっと怖い像が祀られてました。

祠に、白目が金色でちょっと怖い像が祀られてました。

おりてきてしまいました。

おりてきてしまいました。

アスファルトの道。ここは真っ直ぐ信号を渡ります。

アスファルトの道。ここは真っ直ぐ信号を渡ります。

渡った所に、古い石の道標と真新しい木の道標。

渡った所に、古い石の道標と真新しい木の道標。

"日本一の里山"なんやね〜。

"日本一の里山"なんやね〜。

それと、この道は"花折街道"なんだそおな。

それと、この道は"花折街道"なんだそおな。

で、ゴール!!。妙見口駅まで戻って来ました。

で、ゴール!!。妙見口駅まで戻って来ました。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。