【牛岳】丑2021年から始まる干支登山

2021.01.31(日) 日帰り
random walker
random walker

活動詳細

もっと見る

《アプローチ》 車=1時間12分(金沢-牛岳温泉スキー場) 《登山コース》 9:37高場-10:04あずまや-10:31二本杉-11:22牛嶽大明神-11:39/12:33牛岳(食事)-12:42牛嶽大明神-13:51高場 (グレートトラバース風に) その日、random walkerは富山県富山市の牛岳温泉スキー場にいた。クライミング仲間と牛岳に登るためである。当初は福井県若狭町の三十三間山に登る計画だったが、寒波の到来で北陸自動車道が通行止めになるかも知れないと考え(実際にはならなかった💦)、今年の十二支を名前に冠する牛岳に目的地を変更したのだ。 牛岳が位置するのは庄川と山田川(神通川上流)の間。砺波平野から眺めると、牛が座っている姿に似ているという。random walkerは山頂でメスティンを使い、パスタを作りたいと考えていた。果たして彼は極寒の冬山で美味しいパスタを食べることができるだろうか。 牛岳温泉スキー場は思いのほか大勢のスキー客で賑わっていた。リフトに乗り、冬の登山口となる高場(標高651m)へ。午前9時37分、ワカンを装着し歩き始める。気温0度。山頂方面へはしっかりとしたトレースがついている。これなら安心だ。 二本杉まではなだらかな道をたどる。雪もそこそこ締まっていて歩きやすい。医王山と標高は同じぐらいだが、雪質はいい。途中にあったあずまやは屋根の高さまで雪が積もっていた。次第に霧が深くなり、周囲は幻想的な雰囲気に包まれる。random walkerは青空の雪山もいいが、濃い霧に深く沈んだ冬山の佇まいも悪くないと思っていた。 二本杉から傾斜が急になり、スギやブナの樹林帯を尾根伝いに登る。11時22分、牛嶽大明神(同970m)に到着。『富山県の山』ではここが山頂となっていたが、random walkerたちは500mほど先の二等三角点がある本来の山頂へと向かう。 11時39分、牛岳山頂(同987m)に到着。気温-1度。霧の合間から青空がのぞいている。記念撮影の後、それぞれ食事の準備をする。random walkerが作るのはトマトクリームソースのスパゲティ。メスティンにオリーブオイルを滴らし、粗挽きガーリック、むきエビ、ベーコンを炒め、トマトジュースとコンソメを投入する。うっかり生クリームを忘れてきてしまったが、まあ山ではこんなこともある。random walkerはその出来栄えに満足そうな笑みを浮かべた。 お腹が膨れ、下山を開始する。ほとんど休むことなく、1時間余りで高場に帰還。リフトで下ると、スキー場には青空が広がっていた。八尾ゆめの森ゆうゆう館で入浴し、玉旭酒造で日本酒を購入する。random walkerが寅年の来年に目指すのは秋田県の虎毛山か、それとも滋賀県の虎子山か。前人未踏の挑戦は続く。

牛岳 牛岳温泉スキー場の駐車場からゲレンデへ。
牛岳温泉スキー場の駐車場からゲレンデへ。
牛岳 リフト券売り場に長蛇の列。
リフト券売り場に長蛇の列。
牛岳 牛岳温泉スキー場。
牛岳温泉スキー場。
牛岳 リフトに乗り高場へ。
リフトに乗り高場へ。
牛岳 ゲレンデは初心者向けの緩斜面。
ゲレンデは初心者向けの緩斜面。
牛岳 リフトの終点、高場が冬の登山口となる。
リフトの終点、高場が冬の登山口となる。
牛岳 ワカンを履く。
ワカンを履く。
牛岳 先行パーティーを見送る。途中で彼らを追い抜いた。
先行パーティーを見送る。途中で彼らを追い抜いた。
牛岳 真っすぐな道。
真っすぐな道。
牛岳 ヒップソリを持参したが使用するチャンスなし。
ヒップソリを持参したが使用するチャンスなし。
牛岳 山頂までしっかりトレースがついていた。
山頂までしっかりトレースがついていた。
牛岳 なだらかな雪道が続く。
なだらかな雪道が続く。
牛岳 快適な雪道歩き。
快適な雪道歩き。
牛岳 あずまや。
あずまや。
牛岳 屋根の高さまで雪が積もっている。
屋根の高さまで雪が積もっている。
牛岳 次第に霧が深くなる。
次第に霧が深くなる。
牛岳 一時、ホワイトアウト寸前。
一時、ホワイトアウト寸前。
牛岳 異世界へようこそ。
異世界へようこそ。
牛岳 二本杉の休憩所。
二本杉の休憩所。
牛岳 スギ林。
スギ林。
牛岳 傾斜が急になる。
傾斜が急になる。
牛岳 ようやく山登りらしくなってきた。
ようやく山登りらしくなってきた。
牛岳 ブナ林。
ブナ林。
牛岳 水墨画の世界。
水墨画の世界。
牛岳 霧氷。
霧氷。
牛岳 これぞ雪山。
これぞ雪山。
牛岳 霜のついたブナ。
霜のついたブナ。
牛岳 牛嶽大明神の鳥居とあずまや。
牛嶽大明神の鳥居とあずまや。
牛岳 山頂はここではないよね?と確認。
山頂はここではないよね?と確認。
牛岳 牛嶽大明神の祠。
牛嶽大明神の祠。
牛岳 体力的にはまだまだ余裕あり。
体力的にはまだまだ余裕あり。
牛岳 鞍部へいったん下り…
鞍部へいったん下り…
牛岳 山頂へ登り返す。
山頂へ登り返す。
牛岳 控えめな山頂標識。
控えめな山頂標識。
牛岳 今回は自撮り棒で記念撮影。
今回は自撮り棒で記念撮影。
牛岳 霧の合間から青空がのぞく。
霧の合間から青空がのぞく。
牛岳 食事の準備。
食事の準備。
牛岳 オリーブオイルで粗挽きガーリック、むきエビ、ベーコンを炒める。
オリーブオイルで粗挽きガーリック、むきエビ、ベーコンを炒める。
牛岳 スパゲティ(ベーコンとエビのトマトクリームソース)の出来上がり。生クリームを忘れたが、十分美味しかった。
スパゲティ(ベーコンとエビのトマトクリームソース)の出来上がり。生クリームを忘れたが、十分美味しかった。
牛岳 山頂に立つアンテナ。
山頂に立つアンテナ。
牛岳 下山を開始する。
下山を開始する。
牛岳 霧が晴れると美しい光景が広がる。
霧が晴れると美しい光景が広がる。
牛岳 牛嶽大明神。
牛嶽大明神。
牛岳 鳥居。
鳥居。
牛岳 あずまや。
あずまや。
牛岳 どんどん下る。
どんどん下る。
牛岳 いつもながら、下りはハイペース。
いつもながら、下りはハイペース。
牛岳 気温が上がり、雪が緩くなってきた。
気温が上がり、雪が緩くなってきた。
牛岳 最後の登り返し。
最後の登り返し。
牛岳 リフト乗り場が見えてきた。
リフト乗り場が見えてきた。
牛岳 高場に帰還。
高場に帰還。
牛岳 下界は青空。
下界は青空。
牛岳 リフトの終点。
リフトの終点。
牛岳 リフトの上と下とで、こんなにも雰囲気が異なる。
リフトの上と下とで、こんなにも雰囲気が異なる。
牛岳 八尾ゆめの森ゆうゆう館で入浴。
八尾ゆめの森ゆうゆう館で入浴。
牛岳 八尾の玉旭酒造に立ち寄る。
八尾の玉旭酒造に立ち寄る。
牛岳 社長の娘さんに薦められ、山吹、Desperado、Short Cakeの3本を購入。
社長の娘さんに薦められ、山吹、Desperado、Short Cakeの3本を購入。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。