秩父パタゴニア 二子山 2021-1-31

2021.01.31(日) 日帰り

雪がないと思って行ったけど、北向きは、雪が残っていて準備不足だった。この時期は、低山でもアイゼンは、持って行くべきと勉強になった。下りは、けっこう危なかった。気温が低くて、カチカチになってたら、降りられなかったと思う。 東岳は、登り側が北側で雪がつき過ぎて、途中で撤退。下りあぶなかった。 西岳の、上級コースは、日が当たっていて雪がなく問題なかったが、登りきったところが日陰になっており、雪が結構ついていて、道も分からず尾根に出るまで怖かった。知らない山の冬は、やはり1人で行くべきじゃない。 尾根づたいに反対側まで降りようと思っていたが、下りが北側になり、雪の具合が分からないから、無理をせず一般コースで降りた。このまま、坂本まで降りると早すぎるので、クライミングしてる人を見ながら、巻道で魚尾道峠に向かう。 魚尾道峠側から見る、二子山は、秩父パタゴニア。最高の眺めだった。遠くから見ると、とんでもない岩を直登してる人が何人もいて驚いた。 雪がない時にゆっくりこようと思う。 登山道入り口には、トイレも水もあり、言うことない。その割に人が少なかった。人気が出そうな山な気がする。 今回は、飯能で車借りるか、秩父で借りるか迷って、田舎道だから混まないだろうと飯能で車を借りたら、帰りの秩父から飯能までの川沿いの道が渋滞。。やっぱり秩父まで電車で行けば良かったと後悔。 何よりも、渋滞の無駄な時間が1番疲れた。 飯能駅から、登山までの往復131キロ。やっぱり無駄だ。

類似するルートを通った活動日記