三方分山・精進山・パノラマ台

2021.01.29(金) 日帰り
Furatsuki Dohji
Furatsuki Dohji

活動データ

タイム

05:07

距離

8.6km

上り

902m

下り

902m

活動詳細

もっと見る

静岡県の私が住んでいる地域は、昨日ほぼ1日雨。 今日の天気もイマイチ。 山梨県は、昨日も降雪という情報を得て、本日も晴れ。 行くしかないでしょ。(((・・;) と、いうことで三方分山、パノラマ台。 前回の本栖湖のお隣、精進湖の北側に位置する三方分山、パノラマ台。 いつもの如く、山は決めずに出動、雪の加減で登る場所を探そうとしたのですが、珍しく朝霧高原もかなりの積雪。 前回、竜ヶ岳に登る時よりも、明らかに積もっています。 国道139号線が何処まで行けるのか...(困) 取りあえず、突き進むしかない。 案の定、まだ暗い時間帯なので本栖湖の辺りは凍結。 前から来る車は、全て雪をかなり積んで、すれ違う。 本栖湖を通過し、精進湖の湖畔へ回り込んでみたものの、スーパーアイスバーン(苦) ノロノロと滑らせないように、湖畔北側駐車場へと入り込む。 凍り過ぎていて、動くのが恐ろしい為、ここに決定。(笑) 登っている間には、凍結も何とかなると、何と浅はかな考えのもとに、決めた次第でございます。 前回よりもMORE POWDER SNOWで、積雪も多く、今回も新雪を独り占めで、ゴメンなさい。φ(..) 三方分山は傾斜もきつく、サラサラの細かい粉雪だった為、登りの途中からスパイクを装着しました。 意地で、履かずに登ってはいたのですが、滑る一方で体力だけが削られ進みませんでした。 装着してからは、グイグイ前進出来たのですが、正直竜ヶ岳ほど白銀の世界を堪能出来なかったです。 雪も深く、膝まで潜る箇所もかなりあり、 急登な分、登りは困難でした。 国道139号線を精進湖を目指して直進、赤池交差点で国道358号線へ入り、甲府中道方面へ右折、湖畔沿いに精進湖駐車場、他手合浜駐車場、西岸にも駐車スペースがあり、精進湖自由キャンプ場となっています。キャンプ受付は、湖畔西側にある精進湖キャンピングコテージで。

三方分山・パノラマ台 他手合浜駐車場からスタートです。
ホテル、民宿、お土産屋さん等あります。
かなりの台数駐車可能です。
他手合浜駐車場からスタートです。 ホテル、民宿、お土産屋さん等あります。 かなりの台数駐車可能です。
三方分山・パノラマ台 最初は舗装道路を歩いていきます。
最初は舗装道路を歩いていきます。
三方分山・パノラマ台 こちらが湖畔の駐車場。
道の反対側の民家の方へと進みます。
こちらが湖畔の駐車場。 道の反対側の民家の方へと進みます。
三方分山・パノラマ台 クリスマスツリー🎄
クリスマスツリー🎄
三方分山・パノラマ台 風情が...
風情が...
三方分山・パノラマ台 民家を抜けると登山道に入ります。
民家を抜けると登山道に入ります。
三方分山・パノラマ台 この時点で辺りはかなり真っ白。
この時点で辺りはかなり真っ白。
三方分山・パノラマ台 最初から、かなり傾斜はキツメですよ。
最初から、かなり傾斜はキツメですよ。
三方分山・パノラマ台 三方分山が全貌を現します。
結構遠い。
三方分山が全貌を現します。 結構遠い。
三方分山・パノラマ台 サラサラ、フワフワ、モフモフ状態を先陣きらせて頂きましてスミマセン。(*^O^*)
傾斜はキツイです。(汗)
サラサラ、フワフワ、モフモフ状態を先陣きらせて頂きましてスミマセン。(*^O^*) 傾斜はキツイです。(汗)
三方分山・パノラマ台 何とか稜線へとたどり着きました。
阿難坂(女坂峠)となります。
何とか稜線へとたどり着きました。 阿難坂(女坂峠)となります。
三方分山・パノラマ台 峠の名前に纏わる説明です。
ちょっと悲しいです。(涙)
峠の名前に纏わる説明です。 ちょっと悲しいです。(涙)
三方分山・パノラマ台 供養碑ではないですよねぇ...?
私には分からないです。
供養碑ではないですよねぇ...? 私には分からないです。
三方分山・パノラマ台 正面の三方分山を目指して進みます。
ここから、かなり雪深くなります。
稜線に出たので景色も堪能しながら行きます☆ミ
正面の三方分山を目指して進みます。 ここから、かなり雪深くなります。 稜線に出たので景色も堪能しながら行きます☆ミ
三方分山・パノラマ台 崩落箇所も堪能しながら...
崩落箇所も堪能しながら...
三方分山・パノラマ台 景色も楽しみながら...
景色も楽しみながら...
三方分山・パノラマ台 大岩も雪にまみれながら...
だがしかし!
勾配が増して、滑るばかりで進まない(汗)
大岩も雪にまみれながら... だがしかし! 勾配が増して、滑るばかりで進まない(汗)
三方分山・パノラマ台 遂に頼ります。
体力ばかり削られました(泣)
遂に頼ります。 体力ばかり削られました(泣)
三方分山・パノラマ台 では、進みましょう。
では、進みましょう。
三方分山・パノラマ台 余裕が出て来て、上なんか見ちゃったりして☆ミ
余裕が出て来て、上なんか見ちゃったりして☆ミ
三方分山・パノラマ台 三方分山頂到着しました。
パワーチャージもします☆ミ
三方分山頂到着しました。 パワーチャージもします☆ミ
三方分山・パノラマ台 山頂は差程広くはないです。
明るいですが、眺望も余りありません。
だがしかし!
山頂は差程広くはないです。 明るいですが、眺望も余りありません。 だがしかし!
三方分山・パノラマ台 この絶景があります。
富士山の下に精進湖。
この絶景があります。 富士山の下に精進湖。
三方分山・パノラマ台 やはり美しい☆ミ
やはり美しい☆ミ
三方分山・パノラマ台 私の休憩用ソファーもこんなに埋まっちゃいます。(笑)
💡本革!
ウソです💦
私の休憩用ソファーもこんなに埋まっちゃいます。(笑) 💡本革! ウソです💦
三方分山・パノラマ台 パノラマ台目指しましょう。
パノラマ台目指しましょう。
三方分山・パノラマ台 下りもかなり急になっていきますが、白銀の世界を堪能しながら行きましょう☆ミ
下りもかなり急になっていきますが、白銀の世界を堪能しながら行きましょう☆ミ
三方分山・パノラマ台 こんなの見てみたり...
こんなの見てみたり...
三方分山・パノラマ台 まだ樹氷とまでは言えませんが...
まだ樹氷とまでは言えませんが...
三方分山・パノラマ台 こんな植物だったりしたら...
こんな植物だったりしたら...
三方分山・パノラマ台 そんなこんなで足も膝位まで埋もれてみてり...
そんなこんなで足も膝位まで埋もれてみてり...
三方分山・パノラマ台 違う道との合流です。
パノラマ台へ☆ミ
違う道との合流です。 パノラマ台へ☆ミ
三方分山・パノラマ台 突然これが...
これが精進山か...?
私もよく分からない...
突然これが... これが精進山か...? 私もよく分からない...
三方分山・パノラマ台 またもや合流。
この時点でパノラマ台には先客が...
またもや合流。 この時点でパノラマ台には先客が...
三方分山・パノラマ台 仕方ない...進みましょう。
仕方ない...進みましょう。
三方分山・パノラマ台 パノラマ台来ました☆ミ
パノラマ台来ました☆ミ
三方分山・パノラマ台 良いですね☆ミ
良いですね☆ミ
三方分山・パノラマ台 山頂は結構広いですね。
山頂は結構広いですね。
三方分山・パノラマ台 読んでないので...何の説明だろう?
読んでないので...何の説明だろう?
三方分山・パノラマ台 東屋もあります。
東屋もあります。
三方分山・パノラマ台 精進湖と周りの山塊です。
これも絶景ですよ☆ミ
精進湖と周りの山塊です。 これも絶景ですよ☆ミ
三方分山・パノラマ台 奥に見えるのが西湖。
...サイコパス...俺?
オヤジギャグご免なさい。(涙)
奥に見えるのが西湖。 ...サイコパス...俺? オヤジギャグご免なさい。(涙)
三方分山・パノラマ台 本栖湖と竜ヶ岳ですね。
本栖湖と竜ヶ岳ですね。
三方分山・パノラマ台 下りはコースを変えるので、またもやサラサラ、フワフワ、モフモフで下ります☆ミ
下りはコースを変えるので、またもやサラサラ、フワフワ、モフモフで下ります☆ミ
三方分山・パノラマ台 橋も埋まり気味。
橋も埋まり気味。
三方分山・パノラマ台 舗装道路まで出てきました。
舗装道路まで出てきました。
三方分山・パノラマ台 横目に富士山を見ながら駐車場 へと向かいます。
横目に富士山を見ながら駐車場 へと向かいます。
三方分山・パノラマ台 到着です。
到着です。
三方分山・パノラマ台 駐車場からの富士山です☆ミ
駐車場からの富士山です☆ミ
三方分山・パノラマ台 またもや帰りの朝霧高原です。
今回は朝霧高原も積雪です。
またもや帰りの朝霧高原です。 今回は朝霧高原も積雪です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。