北摂里山トレイル(伊丹市・宝塚市・川西市・猪名川町エリア)栃原めぐみの森コース

2021.01.26(火) 日帰り
阪急バス「栃原」の近くに栃原めぐみの森への案内看板があります。

阪急バス「栃原」の近くに栃原めぐみの森への案内看板があります。

阪急バス「栃原」の近くに栃原めぐみの森への案内看板があります。

バス亭から県道12号線を北に少し進み、案内看板に従い右手の道に進みます。

バス亭から県道12号線を北に少し進み、案内看板に従い右手の道に進みます。

バス亭から県道12号線を北に少し進み、案内看板に従い右手の道に進みます。

道中にいくつか案内看板があります。

道中にいくつか案内看板があります。

道中にいくつか案内看板があります。

道中にいくつか案内看板があります。
看板に従い右に進みます。

道中にいくつか案内看板があります。 看板に従い右に進みます。

道中にいくつか案内看板があります。 看板に従い右に進みます。

道中にいくつか案内看板があります。
看板に従い右に進みます。

道中にいくつか案内看板があります。 看板に従い右に進みます。

道中にいくつか案内看板があります。 看板に従い右に進みます。

看板が朽ちてしまっていますが、看板に従い進みます。

看板が朽ちてしまっていますが、看板に従い進みます。

看板が朽ちてしまっていますが、看板に従い進みます。

道中にめぐみの森の案内図があります。ここでコースを把握しましょう。

道中にめぐみの森の案内図があります。ここでコースを把握しましょう。

道中にめぐみの森の案内図があります。ここでコースを把握しましょう。

看板前に分岐路がありますが、道なりにまっすぐ進みます。

看板前に分岐路がありますが、道なりにまっすぐ進みます。

看板前に分岐路がありますが、道なりにまっすぐ進みます。

ジャライバ前です。
直進が今日のコースです。
左手はジャライバです。

ジャライバ前です。 直進が今日のコースです。 左手はジャライバです。

ジャライバ前です。 直進が今日のコースです。 左手はジャライバです。

ジャライバの解説です。

ジャライバの解説です。

ジャライバの解説です。

活動に使えるスペースがあります。

活動に使えるスペースがあります。

活動に使えるスペースがあります。

ジャライバには炭窯も残っています。

ジャライバには炭窯も残っています。

ジャライバには炭窯も残っています。

ジャライバから少し進んだどころにバイオトイレが設置されています。

ジャライバから少し進んだどころにバイオトイレが設置されています。

ジャライバから少し進んだどころにバイオトイレが設置されています。

左手は峰池への道です。
順路は道なりです。

左手は峰池への道です。 順路は道なりです。

左手は峰池への道です。 順路は道なりです。

森の玄関に到着です。
ここから森の中へ入っていきます。

森の玄関に到着です。 ここから森の中へ入っていきます。

森の玄関に到着です。 ここから森の中へ入っていきます。

案内看板もあります。休憩しながら現在地を確認しましょう。

案内看板もあります。休憩しながら現在地を確認しましょう。

案内看板もあります。休憩しながら現在地を確認しましょう。

案内看板から見える階段を進みます。
登りが続きますが歩きやすいハイキングコースになっています。

案内看板から見える階段を進みます。 登りが続きますが歩きやすいハイキングコースになっています。

案内看板から見える階段を進みます。 登りが続きますが歩きやすいハイキングコースになっています。

押ケ谷池方面へ進みます。

押ケ谷池方面へ進みます。

押ケ谷池方面へ進みます。

最高峰へ向けて進みます。

最高峰へ向けて進みます。

最高峰へ向けて進みます。

阪急バス「栃原」の近くに栃原めぐみの森への案内看板があります。

バス亭から県道12号線を北に少し進み、案内看板に従い右手の道に進みます。

道中にいくつか案内看板があります。

道中にいくつか案内看板があります。 看板に従い右に進みます。

道中にいくつか案内看板があります。 看板に従い右に進みます。

看板が朽ちてしまっていますが、看板に従い進みます。

道中にめぐみの森の案内図があります。ここでコースを把握しましょう。

看板前に分岐路がありますが、道なりにまっすぐ進みます。

ジャライバ前です。 直進が今日のコースです。 左手はジャライバです。

ジャライバの解説です。

活動に使えるスペースがあります。

ジャライバには炭窯も残っています。

ジャライバから少し進んだどころにバイオトイレが設置されています。

左手は峰池への道です。 順路は道なりです。

森の玄関に到着です。 ここから森の中へ入っていきます。

案内看板もあります。休憩しながら現在地を確認しましょう。

案内看板から見える階段を進みます。 登りが続きますが歩きやすいハイキングコースになっています。

押ケ谷池方面へ進みます。

最高峰へ向けて進みます。