2021年初と三角点。

2021.01.25(月) 日帰り

最近外に出たくない。 コロナのせいで出たくても外に出れない。 公共施設に行くとクラスター対策で氏名と連絡先を記入しなきゃいけないからめんどくさい。 あ~めんどくさいめんどくさい。 けどもういいかげんに三角点にタッチしたくなってきてたので近場の三角点にタッチしてきた。 目指すは宮若方面にある西高鳥三角点。 2021年初タッチの三角点は1時間ほどの山行でしたが久し振りに山に入ったので疲れました。

猫塚バス停の駐車場に車を停めて出発。

猫塚バス停の駐車場に車を停めて出発。

猫塚バス停の駐車場に車を停めて出発。

追い出し猫。

追い出し猫。

追い出し猫。

道路わきから入れる場所があったので取り付いた。

道路わきから入れる場所があったので取り付いた。

道路わきから入れる場所があったので取り付いた。

地籍調査のリボンが続いてるので登ってみた。

地籍調査のリボンが続いてるので登ってみた。

地籍調査のリボンが続いてるので登ってみた。

ソーラー発電所を作るらしい。
沖ノ島は大島の陰で見えない。

ソーラー発電所を作るらしい。 沖ノ島は大島の陰で見えない。

ソーラー発電所を作るらしい。 沖ノ島は大島の陰で見えない。

西高鳥三角点に到着。
一帯の木が切られてたが展望無し。

西高鳥三角点に到着。 一帯の木が切られてたが展望無し。

西高鳥三角点に到着。 一帯の木が切られてたが展望無し。

三等三角点 西高鳥(216.48m)にタッチ。

三等三角点 西高鳥(216.48m)にタッチ。

三等三角点 西高鳥(216.48m)にタッチ。

戻りルートが嫌なので先に進む。

戻りルートが嫌なので先に進む。

戻りルートが嫌なので先に進む。

50mくらい離れたところに西高鳥三角点の標識が落ちていた。

50mくらい離れたところに西高鳥三角点の標識が落ちていた。

50mくらい離れたところに西高鳥三角点の標識が落ちていた。

戻って落ちてたテープで結び付けてみた。
半年くらいもってくれればいいな。

戻って落ちてたテープで結び付けてみた。 半年くらいもってくれればいいな。

戻って落ちてたテープで結び付けてみた。 半年くらいもってくれればいいな。

この山頂標識も取れかかってて危いな。

この山頂標識も取れかかってて危いな。

この山頂標識も取れかかってて危いな。

1.5mくらいの岩があってここぐらいまでソーラー発電所で山が切り開かれてた。

1.5mくらいの岩があってここぐらいまでソーラー発電所で山が切り開かれてた。

1.5mくらいの岩があってここぐらいまでソーラー発電所で山が切り開かれてた。

林道に出たので先に進んでみた。

林道に出たので先に進んでみた。

林道に出たので先に進んでみた。

行き止まりだったので結局戻った。

行き止まりだったので結局戻った。

行き止まりだったので結局戻った。

溜池の方に行こうとしたけどぬかるんでそうなので地図上の道の方に進む。

溜池の方に行こうとしたけどぬかるんでそうなので地図上の道の方に進む。

溜池の方に行こうとしたけどぬかるんでそうなので地図上の道の方に進む。

畑に出た。
ほとんど地籍調査のリボンをたどっての山行だった。

畑に出た。 ほとんど地籍調査のリボンをたどっての山行だった。

畑に出た。 ほとんど地籍調査のリボンをたどっての山行だった。

アスファルト道路に出て一安心。

アスファルト道路に出て一安心。

アスファルト道路に出て一安心。

途中に明専寺というお寺があったので寄ってみた。

途中に明専寺というお寺があったので寄ってみた。

途中に明専寺というお寺があったので寄ってみた。

傍に庚申塔があったけど左は風化でまったく文字が無く右は庚申尊天と判読できたが年代は不可。

傍に庚申塔があったけど左は風化でまったく文字が無く右は庚申尊天と判読できたが年代は不可。

傍に庚申塔があったけど左は風化でまったく文字が無く右は庚申尊天と判読できたが年代は不可。

学校跡でどうやら歴史ある場所らしい。
このあと駐車場に戻って軌跡は終了。

学校跡でどうやら歴史ある場所らしい。 このあと駐車場に戻って軌跡は終了。

学校跡でどうやら歴史ある場所らしい。 このあと駐車場に戻って軌跡は終了。

猫塚バス停の駐車場に車を停めて出発。

追い出し猫。

道路わきから入れる場所があったので取り付いた。

地籍調査のリボンが続いてるので登ってみた。

ソーラー発電所を作るらしい。 沖ノ島は大島の陰で見えない。

西高鳥三角点に到着。 一帯の木が切られてたが展望無し。

三等三角点 西高鳥(216.48m)にタッチ。

戻りルートが嫌なので先に進む。

50mくらい離れたところに西高鳥三角点の標識が落ちていた。

戻って落ちてたテープで結び付けてみた。 半年くらいもってくれればいいな。

この山頂標識も取れかかってて危いな。

1.5mくらいの岩があってここぐらいまでソーラー発電所で山が切り開かれてた。

林道に出たので先に進んでみた。

行き止まりだったので結局戻った。

溜池の方に行こうとしたけどぬかるんでそうなので地図上の道の方に進む。

畑に出た。 ほとんど地籍調査のリボンをたどっての山行だった。

アスファルト道路に出て一安心。

途中に明専寺というお寺があったので寄ってみた。

傍に庚申塔があったけど左は風化でまったく文字が無く右は庚申尊天と判読できたが年代は不可。

学校跡でどうやら歴史ある場所らしい。 このあと駐車場に戻って軌跡は終了。

類似するルートを通った活動日記