奥日光の庵滝へ

2021.01.24(日) 日帰り

今年もこの季節、奥日光の庵滝に行ってきました!前日に日光湯元温泉に泊まったのでのんびり出発。 赤沼茶屋駐車場は入れないようになっていて!!トイレ前や路駐、もしくは三本松にしか停められない状況ですのでご注意を。 今日はチェーンスパイクを履き、後半に備えスノーシューを持って出発。昨日雪がたんまり降ってくれたおかげで木々も戦場ヶ原も真っ白。結果的に初めからスノーシューでよかった…。林道に出ても庵滝入り口までも凍結路ではなく完全なふかふか雪だもの。赤沼茶屋から1時間ほど歩けば小田代ヶ原へ。いつ見ても美しい。まるで水墨画の世界。 林道から庵滝方面に入るとそこからはスノーシューの出番。先行者のトレースのおかげで景色に見とれていても道迷いすることもなし。ホントに美しく静かな白銀の世界。鹿ネットに囲われた幼木の林を抜け、緩やかにアップダウンしながら木々の間を歩き、雪原の広場を抜けまた木々の間を歩き、1時間ほどで庵滝に到着。 庵滝は去年より立派に成長していてより見事!青白い光を放つ無数の氷瀑の柱にはやはりため息しか出てこない。この氷瀑がどれだけ大きいかは人と比べるとよくわかるが、今回は予想以上に人が少なく、近くでランチができるほど。それはそれでよしと。 そこから少し引き返し、庵滝右手の緑沢に沿って緑滝方面に進むも途中からトレースなし。記憶とスマホのGPSに従い進むも途中で何度もルートを外し時間を使い果たし無念の撤退。去年も数人程度は踏み跡があったのに今年は誰も行ってないのかな??それを予想してもっと準備しておけば良かった…。

赤沼茶屋からのんびりスタート

赤沼茶屋からのんびりスタート

赤沼茶屋からのんびりスタート

橋を渡り小田代ヶ原方面へ

橋を渡り小田代ヶ原方面へ

橋を渡り小田代ヶ原方面へ

前日の雪で染まった木々は美しい

前日の雪で染まった木々は美しい

前日の雪で染まった木々は美しい

先行者のトレースがしっかりして歩きやすい

先行者のトレースがしっかりして歩きやすい

先行者のトレースがしっかりして歩きやすい

雪がちらちらと

雪がちらちらと

雪がちらちらと

雪と木々の芸術

雪と木々の芸術

雪と木々の芸術

鹿ゲートを二つ

鹿ゲートを二つ

鹿ゲートを二つ

林道に出たら…まさかの雪。チェーンスパイクでは雪が張り付いて歩きにくいためスノーシューに履き替え

林道に出たら…まさかの雪。チェーンスパイクでは雪が張り付いて歩きにくいためスノーシューに履き替え

林道に出たら…まさかの雪。チェーンスパイクでは雪が張り付いて歩きにくいためスノーシューに履き替え

小田代ヶ原のパノラマ。ここはいつもホントに美しい

小田代ヶ原のパノラマ。ここはいつもホントに美しい

小田代ヶ原のパノラマ。ここはいつもホントに美しい

弓張峠に到着。庵滝入り口はここを過ぎてもう少しくねくねした右手

弓張峠に到着。庵滝入り口はここを過ぎてもう少しくねくねした右手

弓張峠に到着。庵滝入り口はここを過ぎてもう少しくねくねした右手

看板はないけど、ここが庵滝入り口。

看板はないけど、ここが庵滝入り口。

看板はないけど、ここが庵滝入り口。

鹿ネットに囲まれた木々の間を歩く。去年より増えてる?

鹿ネットに囲まれた木々の間を歩く。去年より増えてる?

鹿ネットに囲まれた木々の間を歩く。去年より増えてる?

原生林の雪景色はなんとも美しい

原生林の雪景色はなんとも美しい

原生林の雪景色はなんとも美しい

林が開けるとこの景色

林が開けるとこの景色

林が開けるとこの景色

雪原に続くトレース。見惚れていても迷うことはない

雪原に続くトレース。見惚れていても迷うことはない

雪原に続くトレース。見惚れていても迷うことはない

先行者は大変だったという記録が!(^^; 感謝!感謝!

先行者は大変だったという記録が!(^^; 感謝!感謝!

先行者は大変だったという記録が!(^^; 感謝!感謝!

もう少し

もう少し

もう少し

この景色が見えると庵滝までもう少し

この景色が見えると庵滝までもう少し

この景色が見えると庵滝までもう少し

庵滝に到着!人も少なく写真も撮り放題…もコンデジ忘れてスマホのみ…とほほ

庵滝に到着!人も少なく写真も撮り放題…もコンデジ忘れてスマホのみ…とほほ

庵滝に到着!人も少なく写真も撮り放題…もコンデジ忘れてスマホのみ…とほほ

昨年より見事かも。右手は氷のモンスターみたい!

昨年より見事かも。右手は氷のモンスターみたい!

昨年より見事かも。右手は氷のモンスターみたい!

近くまで寄るもヘルメットを忘れてこの程度まで

近くまで寄るもヘルメットを忘れてこの程度まで

近くまで寄るもヘルメットを忘れてこの程度まで

青白い光を放つオブジェ、いやモンスターか?

青白い光を放つオブジェ、いやモンスターか?

青白い光を放つオブジェ、いやモンスターか?

人と比べると大きさがわかる。この下に入る勇気はない…

人と比べると大きさがわかる。この下に入る勇気はない…

人と比べると大きさがわかる。この下に入る勇気はない…

少し引き返し、緑滝を目指す。先行者は1人か

少し引き返し、緑滝を目指す。先行者は1人か

少し引き返し、緑滝を目指す。先行者は1人か

途中から踏みあとなし??

途中から踏みあとなし??

途中から踏みあとなし??

記憶とスマホのGPSを便りに進むも…何度もコースを外れ諦め

記憶とスマホのGPSを便りに進むも…何度もコースを外れ諦め

記憶とスマホのGPSを便りに進むも…何度もコースを外れ諦め

誰か作のスノーマンが優しく見送ってくれた。またね!

誰か作のスノーマンが優しく見送ってくれた。またね!

誰か作のスノーマンが優しく見送ってくれた。またね!

赤沼茶屋からのんびりスタート

橋を渡り小田代ヶ原方面へ

前日の雪で染まった木々は美しい

先行者のトレースがしっかりして歩きやすい

雪がちらちらと

雪と木々の芸術

鹿ゲートを二つ

林道に出たら…まさかの雪。チェーンスパイクでは雪が張り付いて歩きにくいためスノーシューに履き替え

小田代ヶ原のパノラマ。ここはいつもホントに美しい

弓張峠に到着。庵滝入り口はここを過ぎてもう少しくねくねした右手

看板はないけど、ここが庵滝入り口。

鹿ネットに囲まれた木々の間を歩く。去年より増えてる?

原生林の雪景色はなんとも美しい

林が開けるとこの景色

雪原に続くトレース。見惚れていても迷うことはない

先行者は大変だったという記録が!(^^; 感謝!感謝!

もう少し

この景色が見えると庵滝までもう少し

庵滝に到着!人も少なく写真も撮り放題…もコンデジ忘れてスマホのみ…とほほ

昨年より見事かも。右手は氷のモンスターみたい!

近くまで寄るもヘルメットを忘れてこの程度まで

青白い光を放つオブジェ、いやモンスターか?

人と比べると大きさがわかる。この下に入る勇気はない…

少し引き返し、緑滝を目指す。先行者は1人か

途中から踏みあとなし??

記憶とスマホのGPSを便りに進むも…何度もコースを外れ諦め

誰か作のスノーマンが優しく見送ってくれた。またね!