大海津見神社~宇津野山・鷲尾山~横浜新町

2021.01.20(水) 日帰り
とっしー
とっしー

活動データ

タイム

05:15

距離

9.8km

上り

570m

下り

571m

活動詳細

もっと見る

1月20日水曜日 晴れ 高知市の気温 最低0.1℃ 最高13.0℃ 鷲尾山から一番遠い登山口、大海津見神社から、 快適な尾根の道を、鷲尾山まで登り、横浜新町に降りる予定。 横浜みなとに駐車して、孕東町の大海津見神社までのアプローチ、堤防を歩く。 ついつい浦戸湾の風景を見て足が止まる。真冬とは思えないのどかな風景だ。 * 大海津見神社を過ぎ、鉄塔が現れる。 ここからは楽しい尾根歩きが始まり、緩やかな昇り降りでいくつもの小山を越えていく。 セメント工場の機械音と、鳥の声、キツツキが木を打つ音・・・ 展望はないが、明るい自然林で気持ちが良い。 * 後ろから男性が追い付いてきて、挨拶もそこそこに、スタスタを追い抜いて行った。 どうやら電力の方で、鉄塔の観察をしている。 今度は戻ってきたので、お話を聞いてみたところ、 「来週から、鉄塔の工事をするための資材を運ぶので、道の視察をしています。」 とのこと。(この道を人手で運ぶとは、大変な作業だなぁ) * その後、宇津野峠手前で二人の女性パーティ、宇津野山でおひとり様の女性と会う。 鷲尾山には、3組、ちょうどお昼で、くつろいでおられました。山女(ヤマジョ)多し💪 * 南の休憩所に降りて🍙🍙タイム(^^♪ ここにも2組。ヤマガラとメジロを愛でながらお昼を楽しんでいます。 ヒマワリの種も、水もたっぷりあり、みなさん水を足して行くようです。 メジロかなにかが、上の木の枝で、ピー ピー と甲高く鳴きます。 女性の方が ピー ピー と返事をします。 なんとなく、会話が成立しているようで、微笑ましい。 メジロさんはミカンがたくさんあって嬉しいようです。 * 帰りは、横浜新町に降りて、横浜みなとへ戻る。 みなとまでの車道歩きは退屈なので、県住から西へ山越えを試みたが、 ロクなことはなかった。(藪漕ぎして西の谷の民家のウラに出た) まあ多少の冒険は楽しいものだ。 今日も良い運動になりました。(^^♪

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす