綿向山(曇天だが樹氷まみれ)

2021.01.17(日) 日帰り
和ラッセル
和ラッセル

活動データ

タイム

05:21

距離

8.6km

上り

864m

下り

864m

活動詳細

もっと見る

汗ばむぐらい暖かい平日を過ごしながら、週末に寒波が来ないかと願う。チャンスがあれば…といくつかピックアップしておいた雪山の候補から、最も天気の良さそうな綿向山へ。 予報では青空が見えるのは夕方頃。樹氷と青空の共演は諦め半分、期待半分でスタート。 2合目過ぎから登山道に雪、というか氷が残る。4合目あたりからは氷が道幅いっぱいになり、チェンスパ装着。 上を見上げると白くモヤがかかっている。何だろうなぁと思いながら進んでいくと5合目から景色一変!一面の雪! 登山道と平行に設置されていて見過ごしそうな6合目の看板を過ぎ、行者コバの7合目あたりからは樹氷が美しい。 8合目、9合目と進むに連れ、樹氷は圧倒的なボリュームに。冬道の急登に息があがりつつ、それ以上にテンションがアガる!ごく僅かの青空すら見えない徹底したガスっぷりだが(笑)、この美しい樹氷を見られただけで来た甲斐がある。 山頂はかなりの賑わい。三角点にタッチしたら風を凌げる場所でランチ。カップラーメンとMyHoney特製おむすびの組み合わせ最高☆ 鈴鹿山脈方面の眺望無し…。分かっていたが悲しい、悲しいが仕方なし。 寒いので長居はしないことに。下山準備をしていたら少し陽の光が差す。あぁ、これから天気回復する感じですねー。。。 下山途中、ほんの少しだけ青空も見えたが、一瞬で消えてしまう。ならばと樹氷に近寄りマクロ撮影。落葉前に凍ってしまった葉っぱ、可愛らしいエビの尻尾などなど。新しい楽しみ方を覚えた瞬間。 登りとは逆に、5合目に近付くにつれ樹氷が無くなり、登山口に近付くにつれ足元の氷も無くなり、寂しい感じがする。 評判に違わぬ素晴らしい樹氷だった。 うらめしいかな、もうすぐ山行が終わるという頃に道を照らす太陽。次は山頂で会おうぜ!(笑)

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす