山スキーで赤面山早朝登山 三本槍岳には届かず 2021年1月

2021.01.17(日) 日帰り
カメの甲羅
カメの甲羅

活動詳細

もっと見る

https://turtleintheshell.wordpress.com/2021/01/17/akadura-nasu/ 午前中だけ時間をもらえたので、深夜出発で那須の赤面山に山スキーに行ってきた。 久しぶりの那須。インターチェンジも別荘地も那須湯本も、道路に雪は積もっていなかった。 雪が出てきたのは、那須甲子線に入ってから。気温は氷点下、凍結路をゆっくりと進むとマウントジーンズスキー場。ゲレンデでは深夜からピステン作業が行われていた。 予定どおり、旧白河高原スキー場へと進む。以前那須縦走一筆書きのとき見たフェンスは、このスキー場跡地だったのだ。外は風が強い、フェンスが揺れてこすれる音が風の強さを強調している。おかげでモチベーションが上がらず支度が進まないが、行って後悔の信条でいざ出発。外に出てみると思ったほどの風ではなかった。やはりやってみなければわからない。 レストハウス建物の左側から入山。この道は赤面山を経て三本槍岳への登山道になっている。ちらちらと降る雪でパックされた登山道を山スキーでシールハイクしていった。 第一リフト終点に合流すると、こんどはゲレンデを登るようにコースをとった。ここは帰りは気持ちよく滑れそうだ(と思ったが新雪は少なく硬くて大変だった)。 上部リフト終点からは、林の中の歩きとなった。風はなく快適だが、気温は低く手が冷たい。かすかに残るトレースとGPSに導かれていくと、どーんと急な斜面に出た。 林が終わり残る木々は背の低いものだけになった。木々の霧氷がきれいだ。振り返ると登ってきた尾根が一瞬晴れよく見えた。それもつかの間、すぐ雲に包まれたので赤面山の頂上を目指す。左側はかなりの急斜面で、そこから落ちないように尾根の縁を夏道とは違うルートで進んでいった。低木が密な箇所があり、進行を阻む。視界は悪く高いほうを目指すが、なんどかニセピークにだまされた。 低木がなくなり岩が露出してきたところが赤面山の頂上だった。赤面山の頂上(1701m)には標柱と立派な方位版のようなものがあった。風が強く顔が赤くなるほどだから、なるほど赤面山なのかと勝手に理解した。那須連峰の主稜線がよく見えた。茶臼岳、とがった朝日岳、登ってきた尾根の延長に三本槍岳。風は強く、時間も押しているので、ここで折り返しとする判断に時間はかからなかった。 決めたら早く帰ろう、一段降りた安定したところでシールをはがして、ブーツのバックルをしめて、ヒールロック。低木の合間を抜けながら滑る。低木迷路を通過するのにGPSで位置を修正しながら彷徨った。 笹の出ている急斜面も気持ちよかった。林に戻ってきたら、登ってきたトレースを頼りにツリーランを楽しんだ。斜度、木の間隔がちょうどいい。 あっという間に上部リフトに戻ってきて、今度は広いゲレンデの滑走。新雪は少なく、硬くて大変だった。 下部は来た道どおりスキーヤーズライトの登山道を下った。いざ登山道を滑ってみると、カチコチなうえに幅が狭く、スキーコントロールがたいへんだった。明るくなって旧スキー場ボトムに戻ってみると、建物は荒れた廃墟になっていたことに気づいた。 8:40下山、素晴らしい朝活山スキーだった。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす