絶対行って欲しい❗️足尾銅山 中倉山・沢入山

2021.01.16(土) 日帰り

比較的人が少ない山域を狙い、栃木県足尾町にある中倉山に行ってきました。ここは稜線にポツンと佇む【孤高のブナ】が有名で、いつかは見たいと思っており、今回アタックしてきました。又、この山は当時、足尾銅山の煙害と森林伐採により荒廃したエリアにあり、未だにその爪痕が残っている、貴重な景観が広がっています。駐車場がある銅親水公園より徒歩で登山口まで約50分歩き、そこから登山スタート。登山口より2時間程度の標高1500mから日光の山々、皇海山、庚申山などが一望出来き、非常に景観豊かな山でした。登山口付近にある本山精錬所跡が当時の歴史を物語り、ノストラジックな気分にさせてくれます。

本山精錬所跡 建屋 今は産業遺産となっています

本山精錬所跡 建屋 今は産業遺産となっています

本山精錬所跡 建屋 今は産業遺産となっています

シンボルマークの大煙突

シンボルマークの大煙突

シンボルマークの大煙突

廻りには木々の伐採の跡が見受けられます。

廻りには木々の伐採の跡が見受けられます。

廻りには木々の伐採の跡が見受けられます。

登山口まで50分の徒歩がめんどくさい。

登山口まで50分の徒歩がめんどくさい。

登山口まで50分の徒歩がめんどくさい。

自然を取り戻すべく植林が行われています

自然を取り戻すべく植林が行われています

自然を取り戻すべく植林が行われています

歴史を感じさせる廃線のかな?

歴史を感じさせる廃線のかな?

歴史を感じさせる廃線のかな?

ここから登山スタート

ここから登山スタート

ここから登山スタート

いきなり結構な急登です。そして地面が脆くすぐ崩れます。

いきなり結構な急登です。そして地面が脆くすぐ崩れます。

いきなり結構な急登です。そして地面が脆くすぐ崩れます。

途中の枯れ葉の吹き溜まりでは足首まで沈み、そして滑ります。下りでは気をつけて下さい。

途中の枯れ葉の吹き溜まりでは足首まで沈み、そして滑ります。下りでは気をつけて下さい。

途中の枯れ葉の吹き溜まりでは足首まで沈み、そして滑ります。下りでは気をつけて下さい。

稜線が見えてきました。

稜線が見えてきました。

稜線が見えてきました。

雪がちらほら出てきました。

雪がちらほら出てきました。

雪がちらほら出てきました。

左奥は男体山

左奥は男体山

左奥は男体山

中腹でもかなりの高度感が味わえます。

中腹でもかなりの高度感が味わえます。

中腹でもかなりの高度感が味わえます。

中倉山到着、即沢入山に向かいます。

中倉山到着、即沢入山に向かいます。

中倉山到着、即沢入山に向かいます。

これが孤高のブナ❗️意外と廻りに他の種類の木がありました。

これが孤高のブナ❗️意外と廻りに他の種類の木がありました。

これが孤高のブナ❗️意外と廻りに他の種類の木がありました。

逆から見るとこんな感じ

逆から見るとこんな感じ

逆から見るとこんな感じ

ここが1番の危険箇所です。

ここが1番の危険箇所です。

ここが1番の危険箇所です。

一旦沢入山を通り越し、景観の開けた場所で皇海山と記念撮影

一旦沢入山を通り越し、景観の開けた場所で皇海山と記念撮影

一旦沢入山を通り越し、景観の開けた場所で皇海山と記念撮影

沢入山に戻ります

沢入山に戻ります

沢入山に戻ります

お昼を食べ下山

お昼を食べ下山

お昼を食べ下山

天気が崩れてきました。雪がちらついています。

天気が崩れてきました。雪がちらついています。

天気が崩れてきました。雪がちらついています。

男体山はガスの中

男体山はガスの中

男体山はガスの中

お疲れ様でした。

お疲れ様でした。

お疲れ様でした。

本山精錬所跡 建屋 今は産業遺産となっています

シンボルマークの大煙突

廻りには木々の伐採の跡が見受けられます。

登山口まで50分の徒歩がめんどくさい。

自然を取り戻すべく植林が行われています

歴史を感じさせる廃線のかな?

ここから登山スタート

いきなり結構な急登です。そして地面が脆くすぐ崩れます。

途中の枯れ葉の吹き溜まりでは足首まで沈み、そして滑ります。下りでは気をつけて下さい。

稜線が見えてきました。

雪がちらほら出てきました。

左奥は男体山

中腹でもかなりの高度感が味わえます。

中倉山到着、即沢入山に向かいます。

これが孤高のブナ❗️意外と廻りに他の種類の木がありました。

逆から見るとこんな感じ

ここが1番の危険箇所です。

一旦沢入山を通り越し、景観の開けた場所で皇海山と記念撮影

沢入山に戻ります

お昼を食べ下山

天気が崩れてきました。雪がちらついています。

男体山はガスの中

お疲れ様でした。

類似するルートを通った活動日記