NO PEAK NO CLIMBING

2021.01.15(金) 日帰り
ゾノ
ゾノ

活動データ

タイム

02:56

距離

3.6km

上り

242m

下り

243m

活動詳細

もっと見る

NO PEAK, NO CLIMBING. ~ピークのない登山はない~ と思って今まで登ってきたが、今回は本当にピークのない登山となってしまった。 余りの雪の深さに撤退してしまったお話。

八幡平・源太森・安比岳 【DAY1】
[福岡空港]
東北の雪の深さを余り知らないまま便に飛び乗る。
【DAY1】 [福岡空港] 東北の雪の深さを余り知らないまま便に飛び乗る。
八幡平・源太森・安比岳 [仙台空港]
当たり前だが、九州より寒い。
雪は余り積もってないようだ。
[仙台空港] 当たり前だが、九州より寒い。 雪は余り積もってないようだ。
八幡平・源太森・安比岳 [仙台駅]
今日は駅近くのビジホに宿泊。
明日レンタカー借りて現地に向かう予定。
[仙台駅] 今日は駅近くのビジホに宿泊。 明日レンタカー借りて現地に向かう予定。
八幡平・源太森・安比岳 【DAY2】
[ドーミーイン 仙台駅前]
バイキングで取り過ぎた朝食を掻き込む。
しっかり食べて、これからの長旅に備える。
【DAY2】 [ドーミーイン 仙台駅前] バイキングで取り過ぎた朝食を掻き込む。 しっかり食べて、これからの長旅に備える。
八幡平・源太森・安比岳 [たざわ湖スキー場]
仙台より朝8時に出発して狙える百名山と言えば、まだ未踏の早池峰山か八幡平。
しかし冬季はどちらもアプローチできる道路が雪のため閉鎖。
なので昼過ぎに現地に付いても登れる時間は皆無で、今日はまずスキー場で今年初の滑りを楽しむ。
[たざわ湖スキー場] 仙台より朝8時に出発して狙える百名山と言えば、まだ未踏の早池峰山か八幡平。 しかし冬季はどちらもアプローチできる道路が雪のため閉鎖。 なので昼過ぎに現地に付いても登れる時間は皆無で、今日はまずスキー場で今年初の滑りを楽しむ。
八幡平・源太森・安比岳 今日は雪がずっと降り続き、ゲレンデでも極上のパウダースノー。
今日は雪がずっと降り続き、ゲレンデでも極上のパウダースノー。
八幡平・源太森・安比岳 早足で3時間ほどスキーを楽しみ、今旅最大の目的である温泉地へ向かう。
早足で3時間ほどスキーを楽しみ、今旅最大の目的である温泉地へ向かう。
八幡平・源太森・安比岳 1mほどある雪の壁を進んだその先に。
1mほどある雪の壁を進んだその先に。
八幡平・源太森・安比岳 雪深い山奥にそれはあった。
雪深い山奥にそれはあった。
八幡平・源太森・安比岳 [乳頭温泉 鶴乃湯]
冬にどうしても行きたかった宿。
また人生の目的が一つ達成できた。
[乳頭温泉 鶴乃湯] 冬にどうしても行きたかった宿。 また人生の目的が一つ達成できた。
八幡平・源太森・安比岳 こじんまりとした素朴な部屋。
予約が取れたなら、昔武士が詰めた茅葺き屋根の長屋「本陣」に泊まってみたかった。
こじんまりとした素朴な部屋。 予約が取れたなら、昔武士が詰めた茅葺き屋根の長屋「本陣」に泊まってみたかった。
八幡平・源太森・安比岳 日本秘湯を守る宿。
建物は古いが、大雪にも耐えられるしっかりとした昔ながらの造り。
日本秘湯を守る宿。 建物は古いが、大雪にも耐えられるしっかりとした昔ながらの造り。
八幡平・源太森・安比岳 夕方になるとロマンチックな演出が。
ぼんやり光る蝋燭の灯があたたかい。
夕方になるとロマンチックな演出が。 ぼんやり光る蝋燭の灯があたたかい。
八幡平・源太森・安比岳 喜びも悲しみも幾歳月。
儚い人の一生を愛でながら。
喜びも悲しみも幾歳月。 儚い人の一生を愛でながら。
八幡平・源太森・安比岳 夕食は山菜満載の献立。
味噌仕立ての山の芋鍋は、寒い北国で体の芯まで温まった。
夕食は山菜満載の献立。 味噌仕立ての山の芋鍋は、寒い北国で体の芯まで温まった。
八幡平・源太森・安比岳 念願の温泉へ♨️
乳白色の硫黄泉で肌もツルツルに。
鶴乃湯だけに(笑)
念願の温泉へ♨️ 乳白色の硫黄泉で肌もツルツルに。 鶴乃湯だけに(笑)
八幡平・源太森・安比岳 左が長屋本陣。
嘗て武士もこの地を往来していたのだと思いを馳せる。
左が長屋本陣。 嘗て武士もこの地を往来していたのだと思いを馳せる。
八幡平・源太森・安比岳 情緒的な雰囲気に心が揺さぶられる。
今回も九州から遥々来て良かった。
情緒的な雰囲気に心が揺さぶられる。 今回も九州から遥々来て良かった。
八幡平・源太森・安比岳 長屋本陣前が今回宿泊している二号館と三号館。
長屋本陣前が今回宿泊している二号館と三号館。
八幡平・源太森・安比岳 【DAY3】
翌朝の一番風呂。
雪見露天で本当によか湯~。
【DAY3】 翌朝の一番風呂。 雪見露天で本当によか湯~。
八幡平・源太森・安比岳 温度も長湯できるほど良い塩梅。
温度も長湯できるほど良い塩梅。
八幡平・源太森・安比岳 胃に優しいヘルシーな朝食。
朝からしっかりいただきました。
胃に優しいヘルシーな朝食。 朝からしっかりいただきました。
八幡平・源太森・安比岳 鶴乃湯は泉質の違う4種類のお風呂が楽しめる。
やっぱり一番は雪見風呂ができた露天風呂だったなあ。
鶴乃湯は泉質の違う4種類のお風呂が楽しめる。 やっぱり一番は雪見風呂ができた露天風呂だったなあ。
八幡平・源太森・安比岳 左が受付。右奥がお風呂場。
チェックアウトの手続きをして、今旅二番目の目的地・八幡平へ向かう。
今回は何だか旅レポばかりですみません。
左が受付。右奥がお風呂場。 チェックアウトの手続きをして、今旅二番目の目的地・八幡平へ向かう。 今回は何だか旅レポばかりですみません。
八幡平・源太森・安比岳 [秋田八幡平スキー場]
乳頭温泉から盛岡へぐるりと大回りして、ここのスキー場から八幡平を目指す。
夏場は乳頭温泉から短時間で来れるのだが、冬季はその道路が閉鎖する為、遠回りをして昼手前の入山となった。
[秋田八幡平スキー場] 乳頭温泉から盛岡へぐるりと大回りして、ここのスキー場から八幡平を目指す。 夏場は乳頭温泉から短時間で来れるのだが、冬季はその道路が閉鎖する為、遠回りをして昼手前の入山となった。
八幡平・源太森・安比岳 丁度スキー場の整備をされていて、圧雪された道ができていた。
サクサクと登り易い。
丁度スキー場の整備をされていて、圧雪された道ができていた。 サクサクと登り易い。
八幡平・源太森・安比岳 スキー場の頂上に到着。
ここから先はYAMAP地図を頼りに進む。
スキー場の頂上に到着。 ここから先はYAMAP地図を頼りに進む。
八幡平・源太森・安比岳 しかし道標やトレースがきっとあるだろうと高を括っていたが、スキー場より先は全くそんなものすら見つからない程の深い雪。
しかし道標やトレースがきっとあるだろうと高を括っていたが、スキー場より先は全くそんなものすら見つからない程の深い雪。
八幡平・源太森・安比岳 取り敢えず人工物を目指して進んでみるが、雪が非常に重くラッセルが辛い。
しかし30分程奮闘し進んだ先に道らしい道はなく、一気に脱力感が襲う。
しかもこのペースでラッセルを頑張っても、余り進めてない状況に戸惑う。
取り敢えず人工物を目指して進んでみるが、雪が非常に重くラッセルが辛い。 しかし30分程奮闘し進んだ先に道らしい道はなく、一気に脱力感が襲う。 しかもこのペースでラッセルを頑張っても、余り進めてない状況に戸惑う。
八幡平・源太森・安比岳 来た道を引き返し、右上に【100】の標識を見付け、こちら側にも進んでみる。
来た道を引き返し、右上に【100】の標識を見付け、こちら側にも進んでみる。
八幡平・源太森・安比岳 今日は天気が良く景色もよく見えた。
こんな日はさらさらないと登頂を願っていたが。
今日は天気が良く景色もよく見えた。 こんな日はさらさらないと登頂を願っていたが。
八幡平・源太森・安比岳 余りの雪の深さが行く手を阻む。
終いには腰辺りまで埋もれる程のラッセルに。
余りの雪の深さが行く手を阻む。 終いには腰辺りまで埋もれる程のラッセルに。
八幡平・源太森・安比岳 多分あれが八幡平だろうか?
一生懸命ラッセルしても、中々進まない現状と、更に時間も刻一刻と過ぎ去っていき、この状態では目標の16時下山は到底無理と悟り、まだ全然進んでないのにあっさりと諦めた。
多分あれが八幡平だろうか? 一生懸命ラッセルしても、中々進まない現状と、更に時間も刻一刻と過ぎ去っていき、この状態では目標の16時下山は到底無理と悟り、まだ全然進んでないのにあっさりと諦めた。
八幡平・源太森・安比岳 NO PEAK, NO CLIMBING.
と今まで果敢に挑んできた登山だったが、今回東北の余りにも深い雪に一瞬で心が折れ、逆に清々しさも感じてしまった。
山は決して逃げない。
また来ればいいのだ。
NO PEAK, NO CLIMBING. と今まで果敢に挑んできた登山だったが、今回東北の余りにも深い雪に一瞬で心が折れ、逆に清々しさも感じてしまった。 山は決して逃げない。 また来ればいいのだ。
八幡平・源太森・安比岳 それでも高い旅費という名の勉強代を払ってここまで来て、とっても悔しかったので、スキー場頂上近くのピーク「山毛森」は探してみようと右往左往する。
それでも高い旅費という名の勉強代を払ってここまで来て、とっても悔しかったので、スキー場頂上近くのピーク「山毛森」は探してみようと右往左往する。
八幡平・源太森・安比岳 最初一旦進んで間違ったと思って引き返した道。
足跡は当然自分のだけ。
最初一旦進んで間違ったと思って引き返した道。 足跡は当然自分のだけ。
八幡平・源太森・安比岳 道標もトレースも、一切何の情報も雪で隠れて分からない状態で探す。
ピークは一体何処に。。。
道標もトレースも、一切何の情報も雪で隠れて分からない状態で探す。 ピークは一体何処に。。。
八幡平・源太森・安比岳 YAMAP地図頼りにキョロキョロと探し回っていると、何と前方に待望のピンテが。
YAMAP地図頼りにキョロキョロと探し回っていると、何と前方に待望のピンテが。
八幡平・源太森・安比岳 [山毛森]
ラッセル修行という高い授業料(旅費)を払って、やっと見つけた今旅初のピーク。
ピークと胸張って言えるほど大したピークではないけれど、自分にとっては生涯忘れられない大金星のピークとなった。
[山毛森] ラッセル修行という高い授業料(旅費)を払って、やっと見つけた今旅初のピーク。 ピークと胸張って言えるほど大したピークではないけれど、自分にとっては生涯忘れられない大金星のピークとなった。
八幡平・源太森・安比岳 さてピークも踏めたし、雪も思いっきり楽しんだので下山開始。
今回八幡平には行けなかったが、山毛森へのトレースという名の爪痕をバッチリ山頂に残してきたので、これはこれで満足とする。
さてピークも踏めたし、雪も思いっきり楽しんだので下山開始。 今回八幡平には行けなかったが、山毛森へのトレースという名の爪痕をバッチリ山頂に残してきたので、これはこれで満足とする。
八幡平・源太森・安比岳 スキー場まで帰って来れば、かなり整備されていた。
秋田八幡平スキー場は土日のみ営業で、平日は休業されてます。
スキー場まで帰って来れば、かなり整備されていた。 秋田八幡平スキー場は土日のみ営業で、平日は休業されてます。
八幡平・源太森・安比岳 スキー板があれば滑って下山したい。
スキー板があれば滑って下山したい。
八幡平・源太森・安比岳 爽快な景色。
山名が分かれば、もっと楽しめるのだけれど。
爽快な景色。 山名が分かれば、もっと楽しめるのだけれど。
八幡平・源太森・安比岳 こんな素晴らしい景色を見ながらのスキーもいいな。
こんな素晴らしい景色を見ながらのスキーもいいな。
八幡平・源太森・安比岳 そう言えば、YAMAPでこの時期の八幡平のレポが上がらないのは、雪が深過ぎて誰も行かないのだと、今更ながら気付いた。
東北の雪事情、肝に銘じました。
そう言えば、YAMAPでこの時期の八幡平のレポが上がらないのは、雪が深過ぎて誰も行かないのだと、今更ながら気付いた。 東北の雪事情、肝に銘じました。
八幡平・源太森・安比岳 [秋田八幡平スキー場]
駐車場に着き無事下山。
今日もお疲れ山。
手前の車はスキー場のスタッフさんで、結局登ってた奇特な人物は私一人だけだったという。
[秋田八幡平スキー場] 駐車場に着き無事下山。 今日もお疲れ山。 手前の車はスキー場のスタッフさんで、結局登ってた奇特な人物は私一人だけだったという。
八幡平・源太森・安比岳 帰路のPAで見た岩手山。
綺麗だなあ。
帰路のPAで見た岩手山。 綺麗だなあ。
八幡平・源太森・安比岳 [たんや 善治郎]
今日21時までのレンタカー返却に間に合って、仙台駅近くの牛タン屋で夕食。
[たんや 善治郎] 今日21時までのレンタカー返却に間に合って、仙台駅近くの牛タン屋で夕食。
八幡平・源太森・安比岳 肉厚の牛タンが、今旅ピークなし登山の虚しさという空腹を沢山満たしてくれました。
肉厚の牛タンが、今旅ピークなし登山の虚しさという空腹を沢山満たしてくれました。
八幡平・源太森・安比岳 【DAY4】
再度仙台駅周辺のホテルに泊まって、翌朝九州まで帰りました。
八幡平のリベンジ、次回は夏かな!?
【DAY4】 再度仙台駅周辺のホテルに泊まって、翌朝九州まで帰りました。 八幡平のリベンジ、次回は夏かな!?

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。