富士山絶景ツアー @御坂山地

2021.01.10(日) 日帰り

活動データ

タイム

07:14

距離

11.0km

上り

1330m

下り

1271m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 14
休憩時間
2 時間 21
距離
11.0 km
上り / 下り
1330 / 1271 m
12
40
21
1 10
23
7
23
2
51
9

活動詳細

すべて見る

年末に続き、富士山を楽しみながら過ごせる御坂山地に。冬でも登山を楽しみたいが、アイゼン使うほどの雪山は避けたい、それでも素晴らしい眺望と出逢える。そんなワガママを叶える場所がこのエリア。登山口近くの駐車場、陽が昇って来てもマイナス10℃。真冬の冷え込み。 登山口にはトンネル手前の左から登る。が、通り過ぎてしまう。トンネル出口で反対から登山の一行。コレは間違えたな。どうも年末に続き、登り始めに難がある。気を取り直し毛無山を目指す。端緒よりなかなかの登りが続く。目覚めぬ体に、否応無く襲いかかる斜面。だからいつも、登り始めは憂鬱なのだ。 悶々とするうちあっという間に毛無山。見事な富士の姿に息を呑む。3グループ程だろうか、狭い山頂ゆえ、休む気分にはならず先を急ぐ。何と言っても本日のツアーの核心部は十二ヶ岳なのだから。 ここから十二もの山頂が続くのだ。そう心して臨むものの、暖まった体には心地よい登り返しの連続。木々の切れ目より時折、十二ヶ岳がその姿を現す。いつの間にやら、噂の吊橋。程よい揺れ具合が、疲れを癒す。 しかし、そこから先は「十一」までの道程と打って変わる。これはロッククライミング。挑む心をくすぐられ、ロープに頼らず登攀するも、岩に手掛かりが少ない。夢中で岩を掴み、そしてまた手を伸ばす。何回繰り返したであろうか、遂に「十二」へ。 ここで見た富士は格別。壁を登った達成感がそれを見させたのだろう。高揚感もそこそこに金山に向かう。しかし、十二から降りる崖の凄まじいこと。ツルツルの岩。途中までは自力で降りるも、後半は取り付く突起が見出せず、ロープに頼るのみ。いずれにせよ、本日の核心部を超えて安堵。 登り返すと、そこには狭い尾根。左右が開けた気持ちの良い眺望。行手を岩の塊が阻む。これはジャンダルム。左右に逃れられず、この岩を超える他無し。だがこの岩に戦慄する位で、あのジャンダルムに辿り着くことができようか。 金山には誰もおらず、富士山を独り占めでランチ、食後の散歩ついでに節刀ヶ岳。 今日は、富士山を眺めながら、できるだけ多くの山頂を踏破というコンセプト。遂に鬼ヶ岳まで辿り着くも、既に14時前。ここでタイムリミット。15時過ぎのバスに乗り遅れて、西湖の端から端まで歩きたくは無い。残念だが王岳は次の機会としよう。 意を決し雪頭ヶ岳に向かう。だがここで問題が。お花畑からの眺望が良過ぎるのだ。そこはもちろん撮影タイム。絶景ツアーの名に恥じぬ、本日一番の富士をスマホに収める。バス停までのコースタイムは1時間40分、1時間ほどで下山できようか?時計との競争が始まる。 果たしてバス停には15時に到着。西湖の彼方にある富士山を見上げながら思う。1日を投入した旅が、バスではわずか10分。山登りとは、何とまあ贅沢な遊びであろうか?感慨に浸るうちに、足和田出張所に辿り着く。 どうやら釣り銭が無いようだ。財布にある小銭を掻き集めるとぴったり。バスは我々の貸切、きっと運賃の収受無かったのであろう。 私たちの1日を、わずか10分で運んでくれた運転手にお礼を言って下車。絶景ツアーも無事に終了。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。