生駒山から高安山・信貴山

2021.01.10(日) 日帰り
松本常念
松本常念

活動データ

タイム

06:39

距離

17.9km

上り

1214m

下り

1313m

活動詳細

もっと見る

不要不急の外出自粛が叫ばれそうな状況になってきましたね。 山登りも今のうちに、ということで、この時期ならではの低山ハイクです。 近鉄生駒駅から出発し、生駒山から信貴山へ南下します。 生駒山頂付近は、今月7~8日に降った雪でしょうか、2~3㎝の積雪があり、 風もあって低山とはいえ結構寒かったです。 起伏もそれほど大きくなく、展望がきくところも多くはありませんが、 ところどころに絶景スポットがあって、大阪府の北半をほぼ見渡すことができました。 信貴山朝護孫子寺にお参りしたあとは、近鉄信貴山下駅まで歩きましたが、 もとケーブルカーの軌道跡が遊歩道になっていて、急勾配の直線道で、 降りだったからよかったですが、登りだったら大変そうです。 歴史の重みのある遊歩道で、想定外のおもしろさがありました。 今年初めての山登りも、この時期ならではの楽しみどころがあり、 さい先よい初登りになったと思います。

生駒山・神津嶽・大原山 近鉄生駒駅から出発!まず商店街を抜けます。
近鉄生駒駅から出発!まず商店街を抜けます。
生駒山・神津嶽・大原山 生駒山中腹にある宝山寺への参道が登山道です。
生駒山中腹にある宝山寺への参道が登山道です。
生駒山・神津嶽・大原山 階段をだいぶ登ってきました!
階段をだいぶ登ってきました!
生駒山・神津嶽・大原山 宝山寺をすぎると、生駒駅から生駒山上までをつないでいるケーブルカーの脇を登る登山道になります。
宝山寺をすぎると、生駒駅から生駒山上までをつないでいるケーブルカーの脇を登る登山道になります。
生駒山・神津嶽・大原山 登るにつれて登山道に雪が残っています。最初は雪に喜んでおりましたが・・・。
登るにつれて登山道に雪が残っています。最初は雪に喜んでおりましたが・・・。
生駒山・神津嶽・大原山 雪が増えてきました・・・。滑りそう。
雪が増えてきました・・・。滑りそう。
生駒山・神津嶽・大原山 ありゃーぁ、登りだからいいけど、降りたくないなぁ。アイゼンつけて降る方とすれ違いました。準備いいなぁと感心。
ありゃーぁ、登りだからいいけど、降りたくないなぁ。アイゼンつけて降る方とすれ違いました。準備いいなぁと感心。
生駒山・神津嶽・大原山 生駒山上に着きました。山上は遊園地ですが、冬期休業中です。ただ園内には入れます。
生駒山上に着きました。山上は遊園地ですが、冬期休業中です。ただ園内には入れます。
生駒山・神津嶽・大原山 山頂の三角点はミニ電車の軌道の中にあって、さすがにそこまでは入れません。標高は642.0mです。
山頂の三角点はミニ電車の軌道の中にあって、さすがにそこまでは入れません。標高は642.0mです。
生駒山・神津嶽・大原山 山頂はテレビの送信塔が乱立しています。だだっ広すぎて、地上から展望がきくところがほとんどありません。アトラクションに乗れば絶景でしょうが、それどころじゃなく絶叫してしまうと思われます。
山頂はテレビの送信塔が乱立しています。だだっ広すぎて、地上から展望がきくところがほとんどありません。アトラクションに乗れば絶景でしょうが、それどころじゃなく絶叫してしまうと思われます。
生駒山・神津嶽・大原山 山頂を南に進むと、本格的な登山道になってきました。アイゼンはいりませんね。
山頂を南に進むと、本格的な登山道になってきました。アイゼンはいりませんね。
生駒山・神津嶽・大原山 道は信貴生駒スカイライン沿いを通ります。ここはパノラマ駐車場。有名な絶景スポットで、大阪から神戸を一望できます!
道は信貴生駒スカイライン沿いを通ります。ここはパノラマ駐車場。有名な絶景スポットで、大阪から神戸を一望できます!
生駒山・神津嶽・大原山 絶景!手前に花園ラグビー場、中景は左にあべのハルカス、右に大阪城、奥に神戸、背後に六甲山がみえます。もう少し視界がきけば、淡路島に渡る明石海峡大橋もみえるはずです。
絶景!手前に花園ラグビー場、中景は左にあべのハルカス、右に大阪城、奥に神戸、背後に六甲山がみえます。もう少し視界がきけば、淡路島に渡る明石海峡大橋もみえるはずです。
生駒山・神津嶽・大原山 大阪城をみつけました!
大阪城をみつけました!
生駒山・神津嶽・大原山 南に目を転じると、目指す高安山(右)と信貴山(左の小山)が見えました!
南に目を転じると、目指す高安山(右)と信貴山(左の小山)が見えました!
生駒山・神津嶽・大原山 信貴生駒スカイライン沿いの登山道を行きます。もう雪はほとんどなくなりました。
信貴生駒スカイライン沿いの登山道を行きます。もう雪はほとんどなくなりました。
生駒山・神津嶽・大原山 暗峠(くらがりとうげ)に出ました!奈良時代から使われていた道とのことで、石畳に風情を感じます。
暗峠(くらがりとうげ)に出ました!奈良時代から使われていた道とのことで、石畳に風情を感じます。
生駒山・神津嶽・大原山 大原山(522m)付近。この付近、山歩きをしている人がたくさんいました。トレランの人もたくさんいました。
大原山(522m)付近。この付近、山歩きをしている人がたくさんいました。トレランの人もたくさんいました。
生駒山・神津嶽・大原山 落ち葉を踏みしめていくのが、この時期の山歩きの楽しみですね。
落ち葉を踏みしめていくのが、この時期の山歩きの楽しみですね。
生駒山・神津嶽・大原山 信貴生駒スカイラインは、自動車専用道路のため、車道には出ないようになっています、車道を渡らなければならないところには、トンネルが掘られていました。
信貴生駒スカイラインは、自動車専用道路のため、車道には出ないようになっています、車道を渡らなければならないところには、トンネルが掘られていました。
生駒山・神津嶽・大原山 木漏れ日の中を歩くのも楽しみの一つですね。木々で風も遮られて寒さもあまり感じません。
木漏れ日の中を歩くのも楽しみの一つですね。木々で風も遮られて寒さもあまり感じません。
生駒山・神津嶽・大原山 道中、展望がきくところはほとんどないのですが、ところどころに絶景スポットがあります。ここは「鐘の鳴る展望台」。
道中、展望がきくところはほとんどないのですが、ところどころに絶景スポットがあります。ここは「鐘の鳴る展望台」。
生駒山・神津嶽・大原山 展望台からの絶景1。生駒山。だいぶ歩きましたね。
展望台からの絶景1。生駒山。だいぶ歩きましたね。
生駒山・神津嶽・大原山 展望台からの絶景2。大阪方面。何度みても絶景です!
展望台からの絶景2。大阪方面。何度みても絶景です!
生駒山・神津嶽・大原山 展望台からの絶景3。奈良方面。右手奥のややハゲているところが若草山で、ふもとに東大寺もありますが、手前に矢田丘陵があって、市街地は見えません。
展望台からの絶景3。奈良方面。右手奥のややハゲているところが若草山で、ふもとに東大寺もありますが、手前に矢田丘陵があって、市街地は見えません。
生駒山・神津嶽・大原山 銚子ヶ池。半分凍っています。
銚子ヶ池。半分凍っています。
生駒山・神津嶽・大原山 十三峠に着きました!大阪方面の展望が若干あります。
十三峠に着きました!大阪方面の展望が若干あります。
生駒山・神津嶽・大原山 十三峠の石仏。
十三峠の石仏。
生駒山・神津嶽・大原山 平群町方面に降りる道(YAMAPルートにはありませんが地図上ではあります)ではなく、右手の高安山・信貴山方面に降ります。
平群町方面に降りる道(YAMAPルートにはありませんが地図上ではあります)ではなく、右手の高安山・信貴山方面に降ります。
生駒山・神津嶽・大原山 振り返ると遠くに生駒山が見えました!ずいぶん歩いてきました!
振り返ると遠くに生駒山が見えました!ずいぶん歩いてきました!
生駒山・神津嶽・大原山 高安山山頂。立石越をすぎてからは、車も通れる砂利道を歩き、山頂手前から細い登山道に入って約1分で山頂です。487.5m。
高安山山頂。立石越をすぎてからは、車も通れる砂利道を歩き、山頂手前から細い登山道に入って約1分で山頂です。487.5m。
生駒山・神津嶽・大原山 山頂から南に進むと、ケーブルカーの高安山駅に着き、その南に展望台が併設されています。「ごじゅうからガーデン」とあり、私は50歳だから行ける、と思ったのですが、そうではなく、ゴジュウカラという鳥がいるようですね。シジュウカラはきいたことがありましたが、ゴジュウカラもいるのですね。
山頂から南に進むと、ケーブルカーの高安山駅に着き、その南に展望台が併設されています。「ごじゅうからガーデン」とあり、私は50歳だから行ける、と思ったのですが、そうではなく、ゴジュウカラという鳥がいるようですね。シジュウカラはきいたことがありましたが、ゴジュウカラもいるのですね。
生駒山・神津嶽・大原山 展望台からの大阪の絶景。ビル群がやや遠くなった気がします。手前は八尾の市街地ですね。
展望台からの大阪の絶景。ビル群がやや遠くなった気がします。手前は八尾の市街地ですね。
生駒山・神津嶽・大原山 ケーブルカー高安山駅。
ケーブルカー高安山駅。
生駒山・神津嶽・大原山 高安山北の信貴山への分岐。このあたりの日陰にも雪がうっすらとありました。生駒山が遠くに見えます。
高安山北の信貴山への分岐。このあたりの日陰にも雪がうっすらとありました。生駒山が遠くに見えます。
生駒山・神津嶽・大原山 信貴山への登山道。ここは信貴生駒スカイラインを横断します。黄色テープの案内がわかりやすいです。
信貴山への登山道。ここは信貴生駒スカイラインを横断します。黄色テープの案内がわかりやすいです。
生駒山・神津嶽・大原山 高安山には古代に高安城(たかやすのき)という防衛拠点を造ったそうで、その倉庫跡が残っていました。ここも絶景スポットです。
高安山には古代に高安城(たかやすのき)という防衛拠点を造ったそうで、その倉庫跡が残っていました。ここも絶景スポットです。
生駒山・神津嶽・大原山 倉庫跡から生駒山を望みます。
倉庫跡から生駒山を望みます。
生駒山・神津嶽・大原山 信貴山山頂付近。ここは戦国時代に松永久秀が拠点とした信貴山城で、山城の構えがところどころで確認できるようです。
信貴山山頂付近。ここは戦国時代に松永久秀が拠点とした信貴山城で、山城の構えがところどころで確認できるようです。
生駒山・神津嶽・大原山 信貴山山頂は神社で、鳥居をいくつもくぐります。
信貴山山頂は神社で、鳥居をいくつもくぐります。
生駒山・神津嶽・大原山 山頂の展望台から南を望みます。奥の高い山が大和葛城山で、その右には和歌山と大阪との府県境の山々が連なります。
山頂の展望台から南を望みます。奥の高い山が大和葛城山で、その右には和歌山と大阪との府県境の山々が連なります。
生駒山・神津嶽・大原山 かすんでいますが奈良盆地の南部、橿原市街地。耳成山と畝傍山が浮かんでいるのがわかります。
かすんでいますが奈良盆地の南部、橿原市街地。耳成山と畝傍山が浮かんでいるのがわかります。
生駒山・神津嶽・大原山 山頂から北は展望がききませんが、木々の間から生駒山を望むことができました。
山頂から北は展望がききませんが、木々の間から生駒山を望むことができました。
生駒山・神津嶽・大原山 山頂には神社が鎮座しており、入ることができません。標高487m。
山頂には神社が鎮座しており、入ることができません。標高487m。
生駒山・神津嶽・大原山 信貴山雌嶽。神社があるのは信貴山の雄嶽で、その南に雌嶽があり、ここも戦国時代の山城跡だそうです。山頂は南北に広いです。
信貴山雌嶽。神社があるのは信貴山の雄嶽で、その南に雌嶽があり、ここも戦国時代の山城跡だそうです。山頂は南北に広いです。
生駒山・神津嶽・大原山 信貴山朝護孫子寺の整備された舗装道を降ります。
信貴山朝護孫子寺の整備された舗装道を降ります。
生駒山・神津嶽・大原山 朝護孫子寺の赤門付近の大寅から本堂を望みます。初詣の参詣客で賑わっていました。
朝護孫子寺の赤門付近の大寅から本堂を望みます。初詣の参詣客で賑わっていました。
生駒山・神津嶽・大原山 とっくり湖にかかる朝護孫子寺参道となっている開運橋。橋中央部からバンジージャンプができます。背後には信貴山雌嶽がそびえます。
とっくり湖にかかる朝護孫子寺参道となっている開運橋。橋中央部からバンジージャンプができます。背後には信貴山雌嶽がそびえます。
生駒山・神津嶽・大原山 朝護孫子寺から近鉄信貴山下までは、1922~1983に鋼索線(ケーブルカー)が走っていたそうです。廃線後は遊歩道として整備されています。結構急勾配の直線道です。信貴山下駅から西に延びる直線道も、その名残だそうです。活動日記の地図を見てもよくわかります。
朝護孫子寺から近鉄信貴山下までは、1922~1983に鋼索線(ケーブルカー)が走っていたそうです。廃線後は遊歩道として整備されています。結構急勾配の直線道です。信貴山下駅から西に延びる直線道も、その名残だそうです。活動日記の地図を見てもよくわかります。
生駒山・神津嶽・大原山 近鉄信貴山下駅前には、往時のケーブルカー「コ9形9」が保存展示されていました。
近鉄信貴山下駅前には、往時のケーブルカー「コ9形9」が保存展示されていました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。