竜ヶ岳(遠足尾根〜中道)

2021.01.09(土) 日帰り
河原崎幸成
河原崎幸成

活動データ

タイム

06:58

距離

10.2km

上り

1043m

下り

1042m

活動詳細

もっと見る

久しぶりにソロ以外での山活。 てんくらでは風速15m/s以上の登山指数Cだったが、 三重県は空が晴れそうだったので行くことに決めた。 登山指数Cの雪山では、以前木曽駒ヶ岳に登った際 ホワイトアウトして怖い思いをしたので 何があってもすぐ対応できるように 登ったことがあり土地勘のある竜ヶ岳に行くことに。 今回は日の出を見るため2:30頃に自宅を出発した。 途中朝食で吉野家に寄り豚丼大盛りを食べたが、 W定食でご飯おかわり自由と言うのを知り、 そっちにすればよかったと後悔した。 駐車場に着き外に出ると震えるくらい寒かった。 ここで前回登山後に登山靴のインソールと紐を 外したまま忘れていたことに気がついた。 交換用の紐は持っていたので付け直したが、 インソールは置いてきていて無かったため 仕方なくそのまま出発した。 下山時に足の裏が痛くなっていたのと、 つま先がかなり冷えたことから スーパーフィートの素晴らしさを実感した。 失って気付く道具のありがたみ。 ゆっくり支度をして5:45頃登山開始。 登山開始からしばらくは雪のない登山道だった。 歩き始めてしばらくすると寒さはなくなったが、 手袋を外すとすぐにかじかむくらいには寒かった。 遠足尾根途中の岩場の展望台で日の出を待った。 日の出前から東の空はオレンジ色に染まっていて 久しぶりに晴れた空で日の出を見ることができた。 竜ヶ岳山頂はオレンジに染まっていた。 かなり気温が低く、使用するとiPhoneの 電源が落ちるかもしれないと考え、 このあたりからデジカメでの撮影に切り替えた。 しばらくするとアイゼン無しではキツくなったので アイゼンを装着すると、ぐんぐん進むことができた。 稜線に着くと木が無くなり、予報通りの強風。 気温は-10℃くらいと寒く、強風も相まって バラクラバとゴーグルは必須だった。 稜線は夏では楽に進むことができたが、 冬ではかなりのアップダウンを感じた。 特に金山尾根分岐手前と山頂手前の登りが 結構な急勾配でキツかった。 山頂は爆風+寒すぎて 正直景色を楽しむ余裕もないくらいだったが、 そんな状況に置かれるのも非日常感があり楽しめた。 アップダウンを避けるために中道で下山することに。 中道では樹林帯に入ってから岩が多かったので 早々にアイゼン外した。 淡々と登山口を目指し、時間をかけて下山完了。 ゆっくりペースだったので汗も殆どかかなかった。 汗冷えも怖いので、汗っかきの自分には 冬はこれくらいのペースで行くのが 正解かもしれないなと思った。 帰り道、朝食のご飯おかわり自由が忘れられず 昼食はご飯おかわり自由の街かど屋で食べた。 山の後だからよいだろうと思って大盛り4杯食べたが、 多分また太ったと思われる。

動画

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。