筑波連山縦走その弐(結末は…)

2021.01.08(金) 日帰り
でんろく
でんろく

活動詳細

もっと見る

*活動メモは、長編となっています💦* *臥薪嘗胆、苦い経験を忘れないために、記録しました* 12月26日に初めて挑戦した筑波連山縦走。 陽の短い冬季に20㎞を超える長期縦走路に挑むに際して、11時スタートという極めて初歩的なミスを犯し、最終盤の筑波山登山(裏筑波登山口〜両山頂〜御幸ケ原コースでの下山)は、ヘッデンを点灯しての厳しいモノに…。 極めつけに、その後エクストラステージが待っていたりして…😱 すべては自らがまいた種だったのですが、よもやの、筑波山からTXつくば駅までのミッドナイトウォーク🌃🏃‍♂️💨も堪能する羽目に…😵 https://yamap.com/activities/9221598 *** その反省を活かし…て、新年初の山行は、2回目の筑波連山縦走に挑みました⛰⛰⛰🏃‍♂️💨 万難を排して…というと、きわめて大袈裟な表現になりますが、体調および装備をシッカリと整え、前回と同じ失敗は繰り返さぬよう…臨みました😤 ●足が攣るのを抑えるために…なべさん、es3さんからアドバイスいただいた「スポーツドリンク(用意したのは、節約のアクエリアス)&コムレケア(芍薬甘草湯)」を忍ばせる ●アミノバイタル✖️3およびドデカミンも用意😤 ●帰りの問題をクリアするために、筑波山口バス停に車を停め、8時までには出発する →今回は初めてのコースではないので道迷いは少なくなる≒山行時間も短くできるので、前回のコースタイムを踏まえると、日が暮れるまでには十分下山できる(陽が落ちても、筑波山神社~バス停までだろう…という目論見)。 ●予備のバッテリーの用意(都合3ケ)、体が冷えないようにダウンも持参(新たな購入ではなく、ちょうど良いダウンを見繕う)など、装備品を見直す👀 おかげさまで、こうした準備は、今回の登山で大きな助けと安心材料になりました☺️ なべさん、es3さん、ありがとうございました! 【塵積もりて山となる…】 ”水分を適宜補給し、こまめに休憩をとることで疲労を少なくし、痙攣を予防すること”を意識して登山しました。 すべての神社⛩で祝詞をあげていたこと、レイヤリングを盛んに行っていたこと等から、休憩時間が長くなってしまったこと以外、足尾山までの行程は、ほぼ計画通りに進んでおり、「今回は陽が沈むまでには下山できそう…。いや、いけるで…°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°」と、内心ほくほく状態だった私…。 ** しかし、(私にとっては)長距離縦走につき、回数は未だしも、休憩を積み重ねて行くと相応の時間となることから、【必要最小限の休憩にとどめる工夫が必要】だったかもしれません。また、写真撮影も「最低限に…」と思っていたのですが、ついつい撮ってしまう自分がおり、(良否や是非はともかくとして)少しずつ山行時間が伸びてしまった可能性も否定できません。トレイルランナーの方々のようなスピードや走力を兼ね合わせていない私にとって、ここら辺のさじ加減は、やはり「経験」がものを言う領域なのだと痛感しました。 本格的に山行をしたのは昨年の秋(11月)。トレランの方のような走力や無尽蔵な体力があるわけでもない中年の私が、登山において極めて重要な足腰の状態をも弁えず…。かつ、経験が非常に浅い中で(山岳地帯ではなかったとしても)こうしたソロ縦走に挑むのは早かったのかもしれないと感じています😓 *** ちなみに…。登山前日の強風🌀により、コース上にかなりの数の枝(極太の枝も💦)が落ちていたので、基本的にストック⛷で、大物の枝は両手👐で可能な限り払いのけながら進んでいました🍂🧹💦 「一人一石🪨を山頂の途中まで運ぶ」のと同様に、一人一人のハイカー(トレランの方も)が、コースを遮っている枝をよけたり、小石や浮石をよけたりすることで、後進の方の安全な山行&トレランに繋がる…✨ 「山に出会えた感謝の気持ちを表すんや」とか、「お互い様、お世話様、おかげ様やで…」と、何かに憑かれたかのようにコース上の枝や石を払い清め進んでいました私…。でも、冷静になって振り返ると、陽が落ちる前に下山するためには余計なことをやらずに、前へ前へと歩を進めるべきだったのかもしれません💦 そう、「塵積って山となる」わけで、この積み重ねは決して少なくなかったとも感じています。 ただ、一度やり始めるとトコトンやらないと気が済まない性質の私は、最終最後の御幸ヶ原コースの下山(後述)でも、可能な限り「コースを祓い清める作業」を続けていました…。実際、やった事自体は善行だったとしても、予定していた活動時間より余分にかかってしまった主たる要因の一つかもしれません😓 **** 【よもやの落とし穴…😱】 そんな私には、落とし穴が待ち受けていました…。 このままで終わらないのが、私の山行の特徴なのかもしれません😓 至らぬ私に対して、山の神様から与えられた試練なのかも…と。 今回は、丸山から一本杉峠に向かって下山する辺りから、 「あれ、なんか左膝に違和感が…😅」 足尾山を下山し、きのこ山あたりから 「あ、右膝にも来たがな…😱」 そして、その後、本格的な痛みに😫 よもやの古傷のひざ痛🦵が勃発💥 (一歩進むごとに激痛⚡が走り、抜けたような感じになる一番ヤバいひざ痛でした…😵) 山行に本格的に取り組み始め、初めての縦走として臨んだ「陣馬山~高尾山(https://yamap.com/activities/8716840)」の稲荷山コースの下山では、通常の下りコースタイムは70分のところ、小走りでスイスイと25分程度で下ることができました。その時も何らの痛みも伴うことは全くなく、ここ最近、ひざ痛に見舞われていなかったことから、古傷の存在が頭の中からスッポリと抜け落ちていました…。 キリはなくとも、冷静に振り返ってみると、己の想定(準備)の甘さが、そこかしこにあったわけです。 *** 思わぬアクシデントに見舞われた関係で、きのこ山以降からの終盤戦ルートが厳しい山行となって行きました(…特にクダリが…😫) しかし、「(前回の失態を払拭すべく)何としてでも、陽が沈む前に女体山山頂へ💦」と、私は山頂を目指すことを決断。牛歩🐮のスピード以下ながらも、裏筑波ルート(距離としては最短コース)を必死に進み続け、なんとか陽が沈む前に女体山山頂へと辿り着くことが出来ました🙌 女体山山頂に到着する最終盤の登山道から振り返り観た、夕陽に照らされた縦走してきた山々⛰⛰は、息を呑む美しさでした…🤩 双耳峰である筑波山において、男体山の参拝登頂はかかせないところですが、ひざの具合が芳しくなく、下山できなくなったら洒落にならないと考え、男体山への登頂は断念しました。 ✍️追記…後日振り返り、身体の変調を抱えながら女体山への登頂をめざした判断は、致命的な誤り🙅‍♀️でした。 ↓最後の添付写真にコメントを入れています https://yamap.com/activities/9372712/article#image-123440491 ここが「◯◯の分かれ目となる判断」に繋がるのだと理解しました😥 *** 【暗闇より、怖くて痛い下りルート…😫】 しかし、ここからが難関(ある種、地獄の苦しみ…本当の試練)でした😫 前回はヘッデン灯火ながらも、膝の状態は悪くはありませんでしたが、今回は一歩進むごとに激痛が襲います。 御幸ケ原コース下りのコースタイムは70分。 http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=243 しかし、倍以上の長期戦となる覚悟を決めて、通常下山する時の歩幅をより縮め、激痛に堪えながら一歩一歩慎重に👣を進めました。 結果として、「筑波山のとりつき(上曽峠分岐)から筑波山口バス停」まで、筑波山の登山にかかった合計時間は約5時間の長丁場となり、今回の実活動時間のほぼ半分を占め、当初思い描いていたタイムより大幅に遅いものとなってしまいました…😓 膝のアクシデントに見舞われたことが主たる要因ながら、それを含めて、筑波連山縦走で最後に迎える筑波山は私にとって大きな壁、そして、再び厳しい修練の場となりました。 【半日がかりの縦走⛰⛰⛰🏃‍♂️💨】 岩瀬駅から筑波山口バス停までのトータルのコースタイムは、休憩時間を含めて12時間。 予定していた時間より大幅に遅くなってしまいましたが、第一の目標であり、必須事項である「山行を無事(?)に終了すること(大袈裟ながら、生きて下山出来たこと)」が出来て本当に何よりでした。もちろん、山行の中での素晴らしい景色、すれ違う登山者の方とのちょっとしたふれあい…☺️などについては、論を俟ちません。 筑波連山の縦走路には沢山の方々が挑戦されており、私にとって憧れです✨ 想像すらできない時間で駆け抜けられるトレラン💨の方々も少なくなく、言葉が出ません😱 リベンジを期して挑んだ今回の山行は、結果として、厳しいものとなりました。 冷静に振り返って、この文章も何度も何度も見返して、加除修正を加えています。 冷静に振り返ることで、山のすばらしさの裏側にある「山の怖さ」を痛感しています。 至らなかった部分、考えの足りなかった部分、判断を誤った部分が次から次へ出てきます💦 *** 妻には、適宜連絡を入れていましたが、絶対に無事に帰ることを誓っての登山。 無事に駐車場まで辿り着くことが出来、家に帰ることが出来るという安堵感とともに、今回の縦走をすっきりと終えることが出来なかった悔しさ、自分の至らなさに対する憤りを噛み締めました。 それでも山行はやめられそうにありません。 というより、これでやめたくはありません。 けっして、意地になっているということではありません。 純粋に、山行の魅力の虜になったからです。 ただし、30㎞近くになる長距離縦走については、時限爆弾でもある膝🦵への負担を踏まえると、状態をよくよく踏まえた上で、慎重に対応する必要があることを痛感した次第です😥 昨年秋から思い立って始めた山行ですので、まだまだ自身の山行スタイルが定まっていない初心者レベルに過ぎませんが、縦走に強く惹かれている自分がいます。 でも、【基本はゆるく山行を楽しむスタイル】が色々な意味で良いのかもしれないと考えています😊 時折…かも…ですが😅、その時は「あ、具合がいいんだな」と思っていただけると幸いです♨ *** 【御礼】 今回のルートは、前回ルートをベースとしつつ、様々な皆さんのルートを参考にさせていただきました。初心者かつソロハイクの場合、経験して初めて分かることが多く、様々な方々の軌跡(=経験値)がなければ到底辿れないコースばかりです。 一部、完璧に「藪漕ぎ」となった明らかな判断ミスに基づく失敗ルート( https://yamap.com/activities/9372712/article#image-123296310 )や、近道を意識し過ぎた余り、足に負担をかけることとなったルート( https://yamap.com/activities/9372712/article#image-123296825 )もあり、見直しが必要(≒すなおに推奨ルートを通ったほうが良い)と感じたルートもあります。 地図読みや方向感覚が必要な箇所が少なくなく、見通しが効かない、踏み跡が少ない…など、大小のリスクもあるため、無闇に踏み入れないことは初心者にとっての留意事項かも知れません📝 さはさりながら、先達の皆さんの辿って来られた軌跡は本当に有難いものでした✨ 参考にさせていただいた皆様、また、様々なアドバイスを下さった皆様に、 この場をお借りして厚くお礼申し上げます。 =============================== 無理なく、怪我無く、楽しく、そして安全に。 これが一番だということを改めて感じた山行でした。 最後までお付き合いくださり、誠にありがとうございました😊 でんろく =============================== 🏔脇道や推奨ルートから外れる場合の心構え🏔 =============================== …備忘録としての追記です(1/11)…私のような初心者の方向けの内容です… =============================== 歩き尽くされ、地図や地形をしっかり読み込める方々と、私のような怖いもの知らずの初心者との大きな違いを痛感しています。 ショートカットコースは、山行時間の短縮ということだけでなく、冒険心や探究心をそそるものがあり、引き寄せられてしまいます😆 しかし、冷静な判断力と対応力がないと深入りしたり、完全に道迷いの状況に陥り非常に危険な展開になり得ることをキチンと理解しておかねばならない。 *** きのこ山付近のショートカットルートでは、思わぬ展開に少々焦りました💦 https://yamap.com/activities/9372712/article#image-123296310 地図(等高線)をみて、どのような場所か理解しなければならない所、少ないながらもGPSの軌跡があることから、今回の縦走路のなかでルート設定しましたが、藪に覆われ、想定していたような状況ではなく冷や汗をかきました💦 短い距離しか進んでいないこと、また深入りしていないことは理解していたこと、そして、山あいを進めば車道に戻れると冷静に進んだこともあり、力技で藪を漕ぎつつ事なきを得ましたが、車道がないような場所だったとしたら、私のように経験値の少ないハイカーには危険度が高い冒険となることを肌身で理解したところです💦 ヤマレコやYAMAPのような登山アプリは、登山経験の少ないものにとって本当にありがたいツールであり道先案内人ですが、その分、自身の経験値や体力・判断力などを踏まえた上で使用しないと、バッテリー切れ・道迷い・余所見による踏み外しなど…落とし穴があり、そこにはまると大変なことに…😱 山は本当に懐が深く、景色だけではない魅力に取り憑かれ始めていますが、その一方で、とくに初心者が見落としてしまう怖さ(危険性)がある。 今回の縦走では、想定外だった持病(時限爆弾)の膝痛が発生し、再び難儀の筑波山登山となり、(判断ミスながら)なんとか女体山に登頂し、そこから下山できたものの細かい点を含めて反省は尽きませんが、山行は己自身が問われるものであり、苦いながらもこうした経験を踏まえて、己自身を磨いて行きたいと考えています。 =============================== 【追記情報(1/11)】 =============================== 私は、山行(計画および山行当日)に際して、YAMAKEI、YamaRekoも活用(併用)させていただいています。 今回の縦走において↑の箇所は、ルート選択における反省点でしたが、ヤマレコ・ユーザーのyamatohamさんが、私の縦走翌日に、当該脇道・林道について詳細に実地踏査され、yamarekoにて情報をアップして下さいました。リンク先の紹介につき、ご快諾をいただきましたので、ご案内させていただきます。   ↓ ↓ ↓ https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2854040.html 非常に分かりやすい情報で、大変勉強になりました。 yamatohamさんは、登山の安心、安全につながること、また、道迷いや事故を減らすために、筑波山のみならず、様々な実地踏査にもとづく情報をアップされています。本当にありがたいことだと感じています。 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-7920-prof.html *** yamapにおいても、コメント欄や直接メッセージいただく形で様々なご指導やご示唆をくださる先輩方がいらっしゃいます。見ず知らずの私のようなものに対して、本当にありがたいことであり、感謝の気持ちでいっぱいです😊 この場をお借りして、重ねて厚く御礼申し上げます❣ ドジで詰めの甘い山行ばかりで恐縮ですが、引き続きお付き合いいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

加波山・吾国山・難台山 640発のヤマザクラ号で岩瀬駅へ💨
640発のヤマザクラ号で岩瀬駅へ💨
加波山・吾国山・難台山 車窓から、本日縦走する山並みを観てこーふん😳
車窓から、本日縦走する山並みを観てこーふん😳
加波山・吾国山・難台山 岩瀬駅に到着\(^o^)/
今日もいい天気になりそう✨
予定より10分以上早く着いたので、トイレをすませ、荷造りをした上で出発。ここで30分以上…。サクッと出発していかないとだめですね😅💦
岩瀬駅に到着\(^o^)/ 今日もいい天気になりそう✨ 予定より10分以上早く着いたので、トイレをすませ、荷造りをした上で出発。ここで30分以上…。サクッと出発していかないとだめですね😅💦
加波山・吾国山・難台山 崇敬神社である「御嶽神社」ゆえ、今回は、御嶽教の祝詞(簡易)を10分ほど気持ちをこめて
崇敬神社である「御嶽神社」ゆえ、今回は、御嶽教の祝詞(簡易)を10分ほど気持ちをこめて
加波山・吾国山・難台山 空もサイコー\(^o^)/
空もサイコー\(^o^)/
加波山・吾国山・難台山 日の出を何度も見ている感じです😊
日の出を何度も見ている感じです😊
加波山・吾国山・難台山 本当に良い感じ°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
本当に良い感じ°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
加波山・吾国山・難台山 手前は加波山、その奥に筑波山。
瓜二つ…ですね😊
手前は加波山、その奥に筑波山。 瓜二つ…ですね😊
加波山・吾国山・難台山 今回はゲイターを仕込んで山行しました(`・ω・´)b
(足元からの冷えはゼロ)
(落ち葉や枝が靴に入り込んでくることは一切なくなりました)
今回はゲイターを仕込んで山行しました(`・ω・´)b (足元からの冷えはゼロ) (落ち葉や枝が靴に入り込んでくることは一切なくなりました)
加波山・吾国山・難台山 躊躇してしまう林のみちのり💦
躊躇してしまう林のみちのり💦
加波山・吾国山・難台山 いい日に登山出来て最高でした✨
いい日に登山出来て最高でした✨
加波山・吾国山・難台山 がっつり「轍(わだち)」が…😫
がっつり「轍(わだち)」が…😫
加波山・吾国山・難台山 まだ💦
まだ💦
加波山・吾国山・難台山 まだまだ💦💦
まだまだ💦💦
加波山・吾国山・難台山 まだまだまだ💦💦💦
まだまだまだ💦💦💦
加波山・吾国山・難台山 とどめの急登💦
これでもか…と、試される序盤戦。
とどめの急登💦 これでもか…と、試される序盤戦。
加波山・吾国山・難台山 燕山山頂
け、景観…😅💦
燕山山頂 け、景観…😅💦
加波山・吾国山・難台山 加波山神社の天狗様
加波山神社の天狗様
加波山・吾国山・難台山 山頂部の加波山神社から
山頂部の加波山神社から
加波山・吾国山・難台山 お昼ポイントで使用させていただきました😊…ゆっくりし過ぎたかなぁ💦
お昼ポイントで使用させていただきました😊…ゆっくりし過ぎたかなぁ💦
加波山・吾国山・難台山 ザックの中でペシャンコ😅💦
ザックの中でペシャンコ😅💦
加波山・吾国山・難台山 まだまだ先は長い💦

*コース全体をつなげられるので、今回もヤマレコさんのアプリを使用させていただきました🙇💦
まだまだ先は長い💦 *コース全体をつなげられるので、今回もヤマレコさんのアプリを使用させていただきました🙇💦
加波山・吾国山・難台山 ワークマンで購入したお気に入りの防風手袋を落としたことに気づき、斜面を登り返し無事に発見✨

相棒、戻ってきたぜ(`・ω・´)b
後半戦もたのむぜ。
ワークマンで購入したお気に入りの防風手袋を落としたことに気づき、斜面を登り返し無事に発見✨ 相棒、戻ってきたぜ(`・ω・´)b 後半戦もたのむぜ。
加波山・吾国山・難台山 丸山~一本杉峠までの林道で、すっ転び豪快に尻餅をつく💦

思えば、これがケチのつき始めだったのかも…😫
丸山~一本杉峠までの林道で、すっ転び豪快に尻餅をつく💦 思えば、これがケチのつき始めだったのかも…😫
加波山・吾国山・難台山 足尾山へ💨
終盤戦で、なかなかの急登コース💦

なかなか厳しいルートですよね😅💦

他にいいコースがないものか…と思いつつ、急登と格闘💨

この急登で膝へのダメージが蓄積されたものと想像…
足尾山へ💨 終盤戦で、なかなかの急登コース💦 なかなか厳しいルートですよね😅💦 他にいいコースがないものか…と思いつつ、急登と格闘💨 この急登で膝へのダメージが蓄積されたものと想像…
加波山・吾国山・難台山 先行きを暗示させるかのような…

ぽっけに入れていたのでレンズに汗がへばり付いていたものでした😅💦
先行きを暗示させるかのような… ぽっけに入れていたのでレンズに汗がへばり付いていたものでした😅💦
加波山・吾国山・難台山 最後の登りか…

この先にある、あの素晴らしい景色を目指して、もうひと踏ん張り💦
最後の登りか… この先にある、あの素晴らしい景色を目指して、もうひと踏ん張り💦
加波山・吾国山・難台山 足尾山の山頂は、本当にすばらしい眺めだったので、今回も楽しみにしていました😊 今回も、最高でした°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
足尾山の山頂は、本当にすばらしい眺めだったので、今回も楽しみにしていました😊 今回も、最高でした°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
加波山・吾国山・難台山 前回と同様、良かったのはここまでだったのかも…😅💦

*ちなみに、足尾山山頂は、前回より2時間前に通過。「第二案として裏筑波からは最短の登山ルートもナビに仕込んでいる。なので、この時点では問題ない…だろう…」と思っていたのですが…😫
前回と同様、良かったのはここまでだったのかも…😅💦 *ちなみに、足尾山山頂は、前回より2時間前に通過。「第二案として裏筑波からは最短の登山ルートもナビに仕込んでいる。なので、この時点では問題ない…だろう…」と思っていたのですが…😫
加波山・吾国山・難台山 あ、あのおもちゃがない…😱

いつもあったものがなくなると寂しいですね😢
あ、あのおもちゃがない…😱 いつもあったものがなくなると寂しいですね😢
加波山・吾国山・難台山 このルート(作業用の林道)は、急登かつ足場が悪いので、もしかすると「行かない方が良い」のかもしれません💦
このルート(作業用の林道)は、急登かつ足場が悪いので、もしかすると「行かない方が良い」のかもしれません💦
加波山・吾国山・難台山 途中、崩落している箇所もありました(不知でした💦)かなり深くまで陥没しているので、お近づきにならぬよう、くれぐれもご用心ください。

*こちらは作業用の林道?であり、本来立ち入るべき道ではなかったのだと思います。また、下記リンク先のとおり、このルートを通ることはおすすめしません。
https://yamap.com/activities/9372712/article#image-123296825

*********
【追記情報(1/11)】
*********
山行(計画および山行当日)に際して、YamaRekoアプリも活用(併用)させていただいています。

今回の縦走において↑の箇所は、ルート選択における反省点でしたが、ヤマレコ・ユーザーのyamatohamさんが、私の縦走翌日に、当該脇道・林道について詳細に実地踏査され、yamarekoにて情報をアップされています。非常に分かりやすい情報で、勉強になりました。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2854040.html

yamapにおいても、コメント欄や直接メッセージいただく形で様々なご指導やご示唆をくださる先輩方がいらっしゃいます。本当にありがたいことだと感謝の気持ちでいっぱいです。

この場をお借りして、重ねて厚く御礼申し上げます❣
途中、崩落している箇所もありました(不知でした💦)かなり深くまで陥没しているので、お近づきにならぬよう、くれぐれもご用心ください。 *こちらは作業用の林道?であり、本来立ち入るべき道ではなかったのだと思います。また、下記リンク先のとおり、このルートを通ることはおすすめしません。 https://yamap.com/activities/9372712/article#image-123296825 ********* 【追記情報(1/11)】 ********* 山行(計画および山行当日)に際して、YamaRekoアプリも活用(併用)させていただいています。 今回の縦走において↑の箇所は、ルート選択における反省点でしたが、ヤマレコ・ユーザーのyamatohamさんが、私の縦走翌日に、当該脇道・林道について詳細に実地踏査され、yamarekoにて情報をアップされています。非常に分かりやすい情報で、勉強になりました。 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2854040.html yamapにおいても、コメント欄や直接メッセージいただく形で様々なご指導やご示唆をくださる先輩方がいらっしゃいます。本当にありがたいことだと感謝の気持ちでいっぱいです。 この場をお借りして、重ねて厚く御礼申し上げます❣
加波山・吾国山・難台山 出口には「ゴミが積み上げ」られています😱
出口には「ゴミが積み上げ」られています😱
加波山・吾国山・難台山 ここで秘密兵器、アミノバイタルを投入💦

もうちょっと早めに投入しておけばよかったのか😅💦

そういうレベルの問題ではないか…😓
ここで秘密兵器、アミノバイタルを投入💦 もうちょっと早めに投入しておけばよかったのか😅💦 そういうレベルの問題ではないか…😓
加波山・吾国山・難台山 前回、迷った挙句突入したショートカットルート💨

暴風でかなり枝葉が散っていましたが、このショートカット・ルート(踏み跡は比較的鮮明で、危険な個所はありません)はアリだと思います。

【露払いならぬ、枝払い】
昨日の暴風でルートを遮っていた枝は、右へ左へと多少払っておきました😊

*このコースの後半には沢沿いの道となるので、通行の際は、足元にご注意ください✋
前回、迷った挙句突入したショートカットルート💨 暴風でかなり枝葉が散っていましたが、このショートカット・ルート(踏み跡は比較的鮮明で、危険な個所はありません)はアリだと思います。 【露払いならぬ、枝払い】 昨日の暴風でルートを遮っていた枝は、右へ左へと多少払っておきました😊 *このコースの後半には沢沿いの道となるので、通行の際は、足元にご注意ください✋
加波山・吾国山・難台山 しかし、ここにも、モトクロスバイク🏍の深い深いタイヤ痕…😫
しかし、ここにも、モトクロスバイク🏍の深い深いタイヤ痕…😫
加波山・吾国山・難台山 ここは左に👈
ここは左に👈
加波山・吾国山・難台山 昨日の強風で舞い散った落ち葉や松の葉で覆いつくされ、踏み跡が不鮮明となり、瞬間不安になりますが、そういう時は落ち着いて現在地を確認👀

ここは真っ直ぐ(`・ω・´)b
昨日の強風で舞い散った落ち葉や松の葉で覆いつくされ、踏み跡が不鮮明となり、瞬間不安になりますが、そういう時は落ち着いて現在地を確認👀 ここは真っ直ぐ(`・ω・´)b
加波山・吾国山・難台山 おっと、通せんぼ😅💦

劇的!とまでは行かないけれど…

快適!before
   ↓ ↓
おっと、通せんぼ😅💦 劇的!とまでは行かないけれど… 快適!before    ↓ ↓
加波山・吾国山・難台山 after✨

こんな作業を壱日やっていました😅💦
after✨ こんな作業を壱日やっていました😅💦
加波山・吾国山・難台山 林道(抜け道)では、瞬間、ビビる光景が広がりますが、前に進んで確認すると先の道がシッカリあるので安心できます(その先が不明確な場合は、地図と方向をよく見て判断の繰り返しですね💦)
林道(抜け道)では、瞬間、ビビる光景が広がりますが、前に進んで確認すると先の道がシッカリあるので安心できます(その先が不明確な場合は、地図と方向をよく見て判断の繰り返しですね💦)
加波山・吾国山・難台山 ここまできた°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
さて、どちらに行くか…

裏筑波登山口から前回のリベンジマッチをしたかったところながら、時間の兼ね合いで、左へ💨

***
後日談ながら、ひざの状態が芳しくなかったので、ここは筑波山を目指さず、左の道から筑波山を迂回すべきだったと反省。
https://yamap.com/activities/9372712/article#image-123440306

15時前でこのポイントに来ていたことから「大丈夫だろう…。何とかなるだろう」と判断してしまい、厳しい最終盤戦を迎えてゆきます😱


この判断が出来るかどうかが、事故につながるか、そうでないかの分かれ目でした😓
ここまできた°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° さて、どちらに行くか… 裏筑波登山口から前回のリベンジマッチをしたかったところながら、時間の兼ね合いで、左へ💨 *** 後日談ながら、ひざの状態が芳しくなかったので、ここは筑波山を目指さず、左の道から筑波山を迂回すべきだったと反省。 https://yamap.com/activities/9372712/article#image-123440306 15時前でこのポイントに来ていたことから「大丈夫だろう…。何とかなるだろう」と判断してしまい、厳しい最終盤戦を迎えてゆきます😱 この判断が出来るかどうかが、事故につながるか、そうでないかの分かれ目でした😓
加波山・吾国山・難台山 筑波山山頂(女体山)を直線的に狙うルートへ💨

初コースゆえ、不安を感じながらアタック💓
筑波山山頂(女体山)を直線的に狙うルートへ💨 初コースゆえ、不安を感じながらアタック💓
加波山・吾国山・難台山 gpsナビ&ピンクテープがなければ、確実に迷っていました😫💦

右側の沢沿いを進み、ルート間違いに気づく…💦(これも経験なのでしょうね)
gpsナビ&ピンクテープがなければ、確実に迷っていました😫💦 右側の沢沿いを進み、ルート間違いに気づく…💦(これも経験なのでしょうね)
加波山・吾国山・難台山 ここからが胸突き八丁の最終盤戦💦
ここからが胸突き八丁の最終盤戦💦
加波山・吾国山・難台山 知っていれば別ながら、明るい時間だから突っ込めるルート。
知っていれば別ながら、明るい時間だから突っ込めるルート。
加波山・吾国山・難台山 止まる気力がなくなり、ながら写真
な、長い…😫
止まる気力がなくなり、ながら写真 な、長い…😫
加波山・吾国山・難台山 な、長い…
な、長い…
加波山・吾国山・難台山 やた🙌
筑波高原キャンプ場コースと合流!
たのむぜドデカミン⚡
やた🙌 筑波高原キャンプ場コースと合流! たのむぜドデカミン⚡
加波山・吾国山・難台山 霰の後??
霰の後??
加波山・吾国山・難台山 な、なんとか陽が落ちる前に女体山山頂に\(^o^)/
な、なんとか陽が落ちる前に女体山山頂に\(^o^)/
加波山・吾国山・難台山 夕陽に照らされた筑波連山は、息を吞む美しさでした°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

家族にも見せてあげたい…
ケーブルカー登山でも🤣
夕陽に照らされた筑波連山は、息を吞む美しさでした°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 家族にも見せてあげたい… ケーブルカー登山でも🤣
加波山・吾国山・難台山 かっちんこっちん
それだけ寒くなるということ…😅💦
かっちんこっちん それだけ寒くなるということ…😅💦
加波山・吾国山・難台山 だ、誰もいません。
あたり前田のクラッカー
だ、誰もいません。 あたり前田のクラッカー
加波山・吾国山・難台山 地獄の階段…😢
段差がばらつき、ひざへの衝撃度合いが測りにくいのでより地獄に…

暗がりより、段差の衝撃が怖い😱
地獄の階段…😢 段差がばらつき、ひざへの衝撃度合いが測りにくいのでより地獄に… 暗がりより、段差の衝撃が怖い😱
加波山・吾国山・難台山 「あり得ないもの」が光の中に飛び込んでこないことを祈りながら…
「あり得ないもの」が光の中に飛び込んでこないことを祈りながら…
加波山・吾国山・難台山 本日も大変お世話になりました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

天壌無窮…天と地と同様に永遠に続くこと
本日も大変お世話になりました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 天壌無窮…天と地と同様に永遠に続くこと
加波山・吾国山・難台山 階段地獄のエクストラステージは続く…😫
階段地獄のエクストラステージは続く…😫
加波山・吾国山・難台山 どうかどうか良い年になりますように❣
どうかどうか良い年になりますように❣
加波山・吾国山・難台山 完璧に陽が落ちでしまったけれど、ひとり達成感を味わいながらゴールを切るオッサンでした
完璧に陽が落ちでしまったけれど、ひとり達成感を味わいながらゴールを切るオッサンでした
加波山・吾国山・難台山 出た分は入れる😤
餃子も含めてにんにく🧄たっぷりのスペシャルセット😅明日への活力⚡
出た分は入れる😤 餃子も含めてにんにく🧄たっぷりのスペシャルセット😅明日への活力⚡
加波山・吾国山・難台山 【追記】
過去の軌跡を踏まえて突入したこのルートでしたが、入り口から少し入ったくらいしか踏み跡は見当たらず…。

背丈を超える笹藪その他で踏み跡?はふさがれており、完璧な藪漕ぎとなりました😫

また、右側が崖地となっており、足元もゆるく危険な個所でした😱

先行者は、そもそもどうやって通ってこのルートを通過したのか??きわめて謎でしたが、谷筋に入らないよう深入りしなかったことが幸いし、元の林道に戻ることが出来ました。ただ、こうしたルートは結果的に時間と体力の無駄となり、危険も伴うため控えるべきだと痛感です。今回のルートの中での大反省ポイントです。

ですので、もし、私の軌跡をりるーとされる方がいらっしゃいましたら。ここだけは絶対に避けてください×

他のルートは、尾根沿いを行くルート、沢沿いを行くルートなどがあり倒木に遮られている箇所もありますが、踏み跡がシッカリしている箇所が多いので、よそ見をして踏み違えたりせず、慎重に足を運べば問題ないと思います。

*********
【追記情報(1/11)】
*********
山行(計画および山行当日)に際して、YamaRekoアプリも活用(併用)させていただいています。

今回の縦走において↑の箇所は、ルート選択における反省点でしたが、ヤマレコ・ユーザーのyamatohamさんが、私の縦走翌日に、当該脇道・林道について詳細に実地踏査され、yamarekoにて情報をアップされています。非常に分かりやすい情報で、勉強になりました。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2854040.html

yamapにおいても、コメント欄や直接メッセージいただく形で様々なご指導やご示唆をくださる先輩方がいらっしゃいます。本当にありがたいことだと感謝の気持ちでいっぱいです。

この場をお借りして、重ねて厚く御礼申し上げます❣
【追記】 過去の軌跡を踏まえて突入したこのルートでしたが、入り口から少し入ったくらいしか踏み跡は見当たらず…。 背丈を超える笹藪その他で踏み跡?はふさがれており、完璧な藪漕ぎとなりました😫 また、右側が崖地となっており、足元もゆるく危険な個所でした😱 先行者は、そもそもどうやって通ってこのルートを通過したのか??きわめて謎でしたが、谷筋に入らないよう深入りしなかったことが幸いし、元の林道に戻ることが出来ました。ただ、こうしたルートは結果的に時間と体力の無駄となり、危険も伴うため控えるべきだと痛感です。今回のルートの中での大反省ポイントです。 ですので、もし、私の軌跡をりるーとされる方がいらっしゃいましたら。ここだけは絶対に避けてください× 他のルートは、尾根沿いを行くルート、沢沿いを行くルートなどがあり倒木に遮られている箇所もありますが、踏み跡がシッカリしている箇所が多いので、よそ見をして踏み違えたりせず、慎重に足を運べば問題ないと思います。 ********* 【追記情報(1/11)】 ********* 山行(計画および山行当日)に際して、YamaRekoアプリも活用(併用)させていただいています。 今回の縦走において↑の箇所は、ルート選択における反省点でしたが、ヤマレコ・ユーザーのyamatohamさんが、私の縦走翌日に、当該脇道・林道について詳細に実地踏査され、yamarekoにて情報をアップされています。非常に分かりやすい情報で、勉強になりました。 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2854040.html yamapにおいても、コメント欄や直接メッセージいただく形で様々なご指導やご示唆をくださる先輩方がいらっしゃいます。本当にありがたいことだと感謝の気持ちでいっぱいです。 この場をお借りして、重ねて厚く御礼申し上げます❣
加波山・吾国山・難台山 この林道作業用ルートもおススメしません。急峻かつ足場が悪いので、無駄に体力を使うことになると思います。前回も飛び込んだルートでしたが、道路を選択したほうが賢明な選択だったと感じています。

以上、ご参考になれば幸いです。
この林道作業用ルートもおススメしません。急峻かつ足場が悪いので、無駄に体力を使うことになると思います。前回も飛び込んだルートでしたが、道路を選択したほうが賢明な選択だったと感じています。 以上、ご参考になれば幸いです。
加波山・吾国山・難台山 【追記です】
リスクを回避する選択と思考

湯袋峠を越えた時点で膝の具合は芳しくありませんでしたが、平行移動は可能でしたので、山頂への登山は選択せず、湯袋峠から一般道を選択するのが最良の判断だったことに今更ながら気がつきました😓

筑波山口バス停まで約10キロあり、3時間程度かかる計算ですが、歩道のない一般道(山道)ながら、山道よりも負荷は少なくリスクを減らす事が出来た最善の選択でした。もしくは、県道41号を目指し、真壁町方面に抜ける選択もありました。

携帯の電波が入る所まで出て、タクシーを呼ぶと言う選択も当然あったと思います。停まってくださるかは別として、ヒッチハイク…という手もあったかも知れません💦

筑波連山縦走の挑戦に際して、私のような失態例は珍しい部類であり、少ないかもしれませんが、冷静な判断のもと広い視野を持ちリスクを減らすよう心がけたいと思います。
【追記です】 リスクを回避する選択と思考 湯袋峠を越えた時点で膝の具合は芳しくありませんでしたが、平行移動は可能でしたので、山頂への登山は選択せず、湯袋峠から一般道を選択するのが最良の判断だったことに今更ながら気がつきました😓 筑波山口バス停まで約10キロあり、3時間程度かかる計算ですが、歩道のない一般道(山道)ながら、山道よりも負荷は少なくリスクを減らす事が出来た最善の選択でした。もしくは、県道41号を目指し、真壁町方面に抜ける選択もありました。 携帯の電波が入る所まで出て、タクシーを呼ぶと言う選択も当然あったと思います。停まってくださるかは別として、ヒッチハイク…という手もあったかも知れません💦 筑波連山縦走の挑戦に際して、私のような失態例は珍しい部類であり、少ないかもしれませんが、冷静な判断のもと広い視野を持ちリスクを減らすよう心がけたいと思います。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。